MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.08.29

ザル? 友達に強い口調で、a memory like a sieveと言われたけど、どういう意味なの?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者のお話、第159回。連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……

a memory like a sieveと言われたけど、どういう意味?

え、“sieve”とは、台所で使うザルのことだと思うんだけど、、、

日本語ペラペラのイギリス人とスカイプで話していたところ。

「私、水泳が得意だって話したよね」と流暢な日本語で言われました。

そんな話をしたかどうか、まったく覚えていなかったので正直に「覚えていない」と返したところ。

You’ve got a memory like a sieve!

と言われました。

メモリーライクアシーブ?

なんのことかわからなかったので、こちらもまた正直に聞いてみると。

a memory like a sieve=物忘れがひどい

ということでした。

そういえば、2週間前のスカイプで、水泳大会で優勝したという話を30分くらいしていたのにすっかり忘れていました。30分も話したのに、内容をまったく覚えていないというのは、話した方からしたらムカつくでしょうし、こう言われても仕方がありません。

“sieve”とは、台所で使うザルのことで、直訳すれば「ザルのような記憶力」。記憶がザルの目を通り抜けて落っこちてしまっている、という意味合いでしょうか。

この表現方法、英語にもあるんだ、とすごく驚きました。なぜなら日本語でも、お酒に強い人のことを「ザル」と言ったり、別の意味だと、確認事項にモレが多くミスを多発する人のことも「ザル」といいます。これらも、アルコールや、チェックすべきことが、ザルの目を通り抜けて落ちてしまっている、というイメージでしょう。

特に出版社やweb、広告系の文字を扱う仕事では、「文字にミスがないかチェックする・校正する」作業が苦手で、誤字脱字が多い人のことを「ザル」と言います。チェックの段階で誤字脱字がザルの目を通り抜けていってしまっている人のことです。

その発想が英語でもあるんだ、ということになんとなく嬉しくなりました。また、イギリスに住んでいた短い期間、ザルを買いに行って“sieve”をうまく発音できなかったため、画像を見せて「これはどこにある」と店員に聞いた日のことを大変懐かしく思い出しました。

他にも使い方の例文はこのようなものがありました。

I was trying to remember Jack’s phone number, but I have a memory like a sieve.
(ジャックの電話番号を覚えようとしたけど、記憶力が悪いから無理だった)

My husband’s got a memory like a sieve – he keeps going out and leaving the iron switched on.
(私の夫は、忘れっぽすぎる。アイロンつけたまま出かけちゃったんだよ)

ちなみに、企画書なんかでも、細かいところはきっちりチェックしたのに、なぜかタイトルなどの大きいところのチェックを忘れてミスをしてしまった、という経験みなさんにもないでしょうか。そんな時、あるいは、ものすごい量の誤字脱字があった時、私は自分のことを反省を込めて「枠」と呼んでいます。

「ザルには編み目があるから、時にはなにかがひっかかることはある。でも、ここまでミスが大きい・多いと、私には網目もないのではないか。つまり私はザルの枠だけを持っている状態ではないか」

という意味の勝手に作った造語です。ちなみに記憶力も前出のように悪いので、イギリス人の方に

I have memory like a flame, not sieve.
(私の記憶力は、ザルじゃないよ、枠だよ)

と言ってみましたが、まったく通じてませんでした。

Illustration=Norio

【関連記事】
「How are you?」の返答で言われた「Same old really.」の意味って?
イケメンにAre you with me? って聞かれたけど、なんて意味?
【自宅で英会話レッスン】“thong”はTバック! では ”thongs”って何だ?
発見!”トゥギャザーしようぜ!”のもうひとつの意味
Datingってデートするって意味じゃないの??

過去連載記事

連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……
35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」

英語力ゼロのまま渡英、行けばなんとかなると思いつつなんともならなかった2年間のイギリス生活。帰国後はせっかく覚えたいくつかの英単語も忘れ去り、それでも時々は英語と格闘してみる現在、40歳。いつかはうまくなりたいから、恥を忍んで今日もブロークンイングリッシュ。下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年6月号

ボルテージが上がる! 魂のハワイ

2024年6月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年6月号

ボルテージが上がる! 魂のハワイ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ6月号』が4月25日に発売となる。今回のテーマは、安息と刺激が共存するハワイ。オアフ島に加え、ハワイ島、ラナイ島と3島にわたるアイランド・ホッピングを総力特集! 知る人ぞ知る、超プライベートリゾートから、新しくオープン&リニューアルしたホテル情報、最旬グルメ、死ぬまでに一度はみたい絶景、最新ゴルフ場事情など、今知りたいハワイを完全網羅する。 表紙は、ソロアーティストとして新たな道を突き進む、三宅健と北山宏光のふたりが登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる