MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.10.24

高級食材のオンパレードはいらない! 酒に合うひねりの効いた和食店3選

各界の第一線で活躍する仕事人が実際に通う、発想を豊かにし、仕事も人生も豊かにする“推しメシ”を紹介するリアル・レストランガイド【連載 新エグゼクティブが通う、本当に行きたい店】。ワンメディア・明石ガクトさん、フリーアナウンサー・宇賀なつみさん、GO・三浦崇宏さん。普段からおいしいもの情報を交換し合い、旨いものがあると聞けば東へ西へと足を運ぶという。一食たりともハズしたくない3人がおすすめする和食店とは。

圧がないこだわりの店

秋風が吹いてきたら日本酒の季節。美味しい日本酒にあうのは、やっぱり和食。

グルメで酒好きな彼らが教えてくれたのは、どぶろくだったり、薪火だったり、ちょっとひねりの効いた和食の名店だった。

明石 僕は日本酒が大好きなんですけど、最近プレミアム日本酒みたいなものもいくつか出てきているじゃないですか。そのなかのひとつ、なかなか手に入らないと言われている日本酒「新政」が日本で一番そろっている店が東京・西麻布の「EUREKA!」。

三浦 割烹? 居酒屋? どんな店ですか?

明石 小料理屋っていうのがいちばん近いかな。ここは日本酒ソムリエの千葉麻里絵さんという方がやっているんですが、どぶろくとブルーチーズのハムカツのペアリングとかを出してくれるんですよ。

宇賀 どぶろくとブルーチーズ? ハムカツ?

明石 想像するのが難しいと思うんですけど、口の中で完成する料理。要はブルーチーズハムカツをどぶろくというソースで食べる感じなんです。そういう感じで、さまざまなペアリングを楽しむことができるので、むしろ日本酒が苦手と思っている人にぜひ行ってほしい店です。他では飲めないような人気の日本酒も揃っています。

三浦 どぶろくとブルーチーズということは流行りの発酵ですね。僕が紹介したい和食の店は、発酵ともうひとつのトレンドである薪火を組み合わせた店、東京・渋谷の「SHIZEN」です。2023年の1月にオープンしたばかりですが、かなり話題になっています。

明石 行ったことある! あそこはすごい。

三浦 ちょっと大げさかもしれないけど、あの店に行くと料理って芸術と科学を組み合わせることで生まれるんだなと思うんです。國居優(くにすえゆう)さんという若い料理長なんだけど、実験的な料理でトレンドを抑えつつ、そして味ももちろん美味しい。

明石 魚のお造りの燻製みたいなのがすごく美味しかった。調味料をほとんど使わず、煙だけでこんなに美味しくなるんだと感銘を受けました。

宇賀 話を聞いているだけでお酒を飲みたくなります(笑)。

三浦 では、酒飲みの宇賀さんのおすすめを。

宇賀 私は「松濤 爛缶(らんぷ)」という店を推します。料理はおまかせなんですが、一品一品気が利いていて、こだわりを感じさせてくれる。

こだわりのあるお店って、けっこう圧が強かったりするじゃないですか(笑)。でもここはそういうのを感じさせない。美味しくて圧がない。こういう店が近所にあるといいなと思える店です。

三浦 宇賀さんはやっぱり和食のときは日本酒?

宇賀 ワインを飲むときもありますけど、「松濤 爛缶」だとやっぱり日本酒ですね。私、日本酒しか飲まないようなイメージがあるみたいですけど、なんでもいけます(笑)。ビールもワインも焼酎も好きです。

明石 最近のおすすめの日本酒とかありますか?

宇賀 そこはあまりこだわらないんです。地方に行って、その土地の日本酒を飲むのが好き。昔ながらのそこでしか飲めないようなお酒をその土地ならではの料理と一緒に飲むのが好きです。

明石 まさにテロワールだね。

三浦 最近は地方に行っても土地も季節も無視したような画一的な和食の店が増えてさみしいですよね。どこに行っても香箱蟹とか鮎とか(笑)。高級店に行けばキャビア、トリュフ、すっぽんにウニ。オールスターですよ。でも季節感もなければ地方らしさもない。どこでも食べられるような高級食材とかいらないんですよ。その土地の、その季節の、その職人だけの料理を楽しみたいなと思います。

宇賀 わかります。せっかく東京からここまで来たんだからって思いますよね。

三浦 サウナもそうなんですよ。その土地の水で入るのが気持ちいいんです。

宇賀 それはちょっと……わからないです。

三浦崇宏/Takahiro Miura(左):The Breakthrough Company GO代表、PR・クリエイティブディレクター。1983年東京都生まれ。「人生の唯一の楽しみが食。年間450食くらい外食しています」。宇賀なつみ/Natsumi Uga(中):フリーアナウンサー。1986年東京都生まれ。「グルメではないけど食い意地は張っています」。明石ガクト/Gakuto Akashi(右):ワンメディア代表取締役CEO。1982年静岡県生まれ。「僕にとって食は一日を幸せに終えるための装置なんです」。

ひねりの効いた和食店3選

1.EUREKA!
明石's Recommend

日本酒業界では知らぬ人のいないほどの存在、千葉麻里絵氏が2022年末に満を持してオープン。日本酒は常時300種類が揃い、ペアリングされる料理も充実している。

EUREKA!のどぶろくとブルーチーズのハムカツのペアリング
EUREKA!/ユリーカ
住所:東京都港区西麻布4-11-28 麻布エンパイアマンション2F
TEL:03-6805-0760
営業時間:火~金曜18:00~L.O.22:30、土・日曜・祝日15:00~L.O.22:00
定休日:月曜
公式インスタグラム:@eureka.sake
写真は「ブルーチーズのハムカツ」と「民宿とおの どぶろく」のペアリング。

2.SHIZEN
三浦's Recommend

和食をベースに薪火を使って絶妙の火入れをし、そこに自家製の発酵食材などをあわせるオリジナリティあふれる料理を展開。締めに提供される炊きたての白米も人気。

SHIZENのお魚のお造り
SHIZEN/シゼン
住所:東京都渋谷区渋谷3-6-18 荻津ビル3F
TEL:非公開
営業時間:土・日曜、祝日16:00~/18:30~、平日17:00〜/19:30~(一斉スタート)
定休日:不定休
座席数:カウンター7席
料金:おまかせコース(ペアリング込み)昼¥22,000、夜¥30,800
公式インスタグラム:@shizen_tokyo
写真は「魚のお造り」。予約はOMAKASEより受付。

3.松濤 爛缶
宇賀's Recommend

季節感あふれるコースは客と対話しながら内容を決める。こだわりの日本酒やナチュラルワインも充実。心地よい時間を過ごせる店として多くの常連客で賑わう。

松濤らんぷの「らんぷの特性肉団子」
松濤 爛缶/Shoto lamp
住所:東京都渋谷区松濤2-14-5 1F
TEL:03-5738-7019
営業時間:火~金曜17:00~23:00、土曜・日曜14:00~22:00
定休日:月曜
公式インスタグラム:@shoto.lamp
写真は「らんぷの特製肉団子」。肉団子の中に半熟卵が仕込まれた、たまテロな一品。

新エグゼクティブが通う、本当に行きたい店
一見さんお断りや予約困難店ではなく、気軽に行けて、実際に通える店を紹介するリアル・レストランガイド。各界の第一線で活躍する仕事人の、発想を豊かにし、仕事も人生も豊かにする“推しメシ”とは?

TOPへ戻る↑

TEXT=川上康介

PHOTOGRAPH=筒井義昭(人物)

HAIR&MAKE-UP=あきやまひとみ(宇賀なつみ)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

2023年1月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2023年11月25日に発売となる。総力特集は、ニッポンのSAKE。日本だから楽しめる、日本人でよかったと心底思えるお酒を探っていく。そのほか、エグゼクティブのための究極のゴールドウォッチを紹介! ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる