MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2024.02.19

日本語ペラペラなアメリカ人女子がポロッと言った英語“I was like”の意味って?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者のお話、第236回。連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは

英語力ゼロレッスン 第236回
Illustration=Norio

日本語でもよく使う「〜みたいな」

ここ数年、日本語ペラペラのアメリカ人女子と月1回、オンラインで話しています。

最初は彼女の日本語上達、私の英語上達のための言語交換会でしたが、すっかり彼女の方が日本語が上手になって、今ではただ日本語でダベっているだけになっています。

そんな日本語が流暢な彼女でも、会話中にポロっと英語がでることがあります。

なかでもよく出るのが、このフレーズです。

I was like〜

「今度、友達が結婚することになったの。彼氏がいることすら知らなかったからI was like wow!!」

ここまで完璧な日本語なのに、I was likeだけ英語が出てしまうのがすごく不思議です。

直訳したら「私は〜のようだった」ということですから、私たちがよく使う「〜みたいな」というところだと思います。

この文章の場合は、「彼氏がいることすら知らなかったから、結婚すると聞いてワオ!みたいな」=「結婚すると聞いて驚いた」ということだと思われます。

こういうふうにも言っていたこともありました。

「妹の作ったケーキがすごく美味しくてI was like how did you make it!?」

おそらく、私のような英語力ゼロの人が同じフレーズを言おうとしたらこうなると思います。

I said that how did you make it!?

ネイティブの人は、I was likeをI saidとか I thoughtの代わりによく使っているのだと思われます。

確かに日本語でもこういう会話を耳にすることがあります。

Aさん「この間あんた、彼とめっちゃ喧嘩してたね」

Bさん「そうそう。あいつ私のこと『かわいくない』とか言うから、もう『マジありえないんですけど!?』みたいな」

この場合のBさんの「みたいな」は「『マジありえないんですけど!?』と言った」あるいは、「『マジありえないんですけど!?』と思った」の両方の意味でとれます。

英語で言ったらI said / I thoughtなので、まさに日本語の「〜みたいな」はI was likeと同じような言葉である気がします。

I was likeを使って英語に慣れている人っぽさを

さらにI was likeは「〜みたいな」と同様に完全にスラングだということで、砕けた会話のみで使うということ。そういう言葉こそ、身体にしみついていて、どんなに外国語がうまくなってもポロっと出てしまうのでしょう。

もちろん、I was like だけではなく、主語を変えてHe was like とかShe was likeでも同じように使えます。

I was like wow then she was like ahaaaa!

「私はワオってなって、彼女もアアア!みたいな」ということですから、あまりちゃんとした文章ではないのですが、「私も超驚いたし、彼女もワー!ってなっててさ」というような言い方は日本語の会話でも結構な頻度で出てくる気がします。

会話の端々に、I was likeを入れるとちょっと英語に慣れている人っぽいかも、そんな気がして早く使ってみたくてウズウズしています。

連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……
35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」

英語力ゼロのまま渡英、行けばなんとかなると思いつつなんともならなかった2年間のイギリス生活。帰国後はせっかく覚えたいくつかの英単語も忘れ去り、それでも時々は英語と格闘してみる現在、40歳。いつかはうまくなりたいから、恥を忍んで今日もブロークンイングリッシュ。下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる