MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.01.31

美食、ホテル、ギア…エグゼクティブが知っておくべき雪トピ7選【まとめ】

いよいよ冬本番! スノーシーズンにおさえておきたい、とっておきの情報をまとめてご紹介! ※2022年12月掲載記事を再編。

スノーシーズンにおさえておきたいトピックスまとめ

1.予約困難店シェフの出張サービスも! 白馬の新・美食リゾート「Kanolly Resorts Hakuba」

雪トピ Kanolly Resorts Hakuba

白馬で唯一無二の極上ステイをかなえるプライベートリゾートとして、2022年12月の開業前から注目を集めていたKanolly Resorts Hakuba。シンガポールに本社を置くカノリーホテルズが手がける宿泊施設は1日1組限定で、1泊60万円からと白馬のなかでも最高ランクだ。

北アルプスの白馬三山に見立てた三角屋根が印象的な3つの棟が連なり、連結するふたつの宿泊棟の床面積は計400m²。雄大な自然を間近に感じられるモダンで贅沢な造りが特徴だ。

【続きはこちら】

2.雪の街・野沢温泉に初の蒸留所が誕生! 自然の恵みが生みだすウイスキー&クラフトジン

雪トピ2 野沢温泉

長野県北信州の広大な山岳風景に臨む野沢温泉。人口約3600人が暮らす長閑(のどか)な村には、良質なパウダースノーを求めて、世界中から多くのスキーヤーが訪れる。

そんな日本有数の温泉と雪の街に、2022年12月15日、クラフトジンやウイスキーを製造する初の蒸留所が誕生する。昨今、世界的に価値が高まっているジャパニーズウイスキーへの新規参入を目指す「野沢温泉蒸留所」は、有志で集まった地元民を中心に発足。山から流れる澄んだ湧き水を使用することで、この土地ならではの味わいを作り上げる。

【続きはこちら】

3.専属ガイドとスキーを満喫! 「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」の期間限定宿泊プラン

雪トピ3 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

苔や木々、清流が四季折々の景観をあやなす星野リゾート奥入瀬(おいらせ)渓流ホテルは、渓流の畔に建つ唯一のリゾートホテル。昼は森林や渓流に心癒やされ、夜は星空の下で優雅な時を過ごせる特別な場所だ。

この冬、そんな雄大な山河に囲まれたホテルから、八甲田のパウダースノーで極上のスキーを満喫できる3泊4日の宿泊プランが期間限定で登場する。

【続きはこちら】

4.不動産の上級者が狙う! 新たな“別荘地の定番”ニセコの厳選3物件

「コロナ禍の影響で一時お取引件数は減りましたが、今、再びニセコ物件のお問い合わせやご成約が増えています。欧米や香港、シンガポール等のアジア圏の方が中心で、今後の渡航制限の状況によっては中国本土のお客様も増えてくると思います」

そう話すのは、世界中の高級不動産を扱うリスト サザビーズ インターナショナル リアルティ東京オフィスの加藤彩乃さん。加藤さんによれば、不動産への目利きがある人ほどニセコを選ぶケースが多いという。

「弊社の日本人のお客様でも、軽井沢やハワイ等で別荘を所有する方が、ここ数年、ニセコの不動産を買い始めています。スケール感があるニセコの美しい街並みや建物、サービスのグレードの高さが、目の肥えたお客様のお眼鏡にかなっているのかもしれません」

【続きはこちら】

5.終日快適! 超ハイテク スキーゴーグル厳選

雪トピ5 ハイテクゴーグル

集中してスキータイムを楽しもうと思うなら、万全のギアを用意する必要がある。ところでゴーグルはどこのメーカーもだいたい同じと思ってはいないだろうか?

実際に探してみると、ハイテク機能を巧みに導入した便利でデザイン性の高いゴーグルが続々リリースされているのだ。

【続きはこちら】

6.ガーミン、アップルウォッチ ウルトラ、スント。エクストリームスポーツ対応の最先端マルチウォッチ

雪トピ6 マルチウォッチ

何が起こるかわからない雪山というゾーン。腕時計も時報機能だけではまったく物足りないと言わざるを得ない。

スキーをはじめとするエクストリームスポーツに対応するタフネスを持ち、雪山で役立つ緯度・経度などの位置情報や天候状況、各種ナビゲーション機能に加え、身体状況などまで表示してくれるマルチウォッチがぜひ欲しいところだ。

【続きはこちら】

7.今、人気は国内ブランド! ハイスペックな日本製スキー板4選

かつてのバブル期は確かに海外ブランドが市場を席巻していた。が、今は国内ブランドのハイスペックなスキー板が実は人気だ。世界で活躍する日本人トップ選手も板は国内製という人が多く、また日本独特のパウダースノーを本気で味わうために、来日時に日本製板を購入する海外スキーフリークも増えているという。

当然のことだが、日本の地でスキーをするなら、日本人が日本の雪山にて試作を繰り返し、職人技術で丁寧につくり上げた板が最も理想的であるのは言うまでもない。

【続きはこちら】

TEXT=小寺慶子、石川博也、長谷川剛

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる