MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.12.29

実は子供たちへの支援をずっと続けている西野亮廣。ただし支援は「持続可能」であってこそ。そのために何をどう考えているか?―2023年ランキング1位『夢と金』の持続力

22万部を突破した『夢と金』の著者であり、今、ビジネスパーソンが追うべき人物の筆頭である西野亮廣さん。本連載の軸でもある『夢と金』は、「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング」「2023年オリコン年間“本”ランキング【自己啓発書】ジャンル」などで第1位となっている。今回は、子供たちへの支援を続け、累積で6万冊もの絵本を寄付してきた西野さんの考える「支援」について。音声メディア「voicy」で配信中の「#西野さんの朝礼」から編集してお届けする。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ■連載『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

今日は【シングルファミリーの子供達に2000冊の絵本を贈る】というテーマでお話ししたいと思います。

第126回 今年のクリスマスも、合計2000冊の絵本をシングルファミリーの子供達に贈りました。

子供支援は、僕らの為にもなっている

今日は、バカみたいな規模とスピードでエンターテイメントを死にかけながらお届けしているCHIMNEY TOWNの活動報告と、「今、目の前にあるものを大切にしなきゃな」という自分自身に向けたメッセージを共有させていただきたいと思います。

フィリピンやラオスといった海外の子供達の支援を続けていると、時々、日本の方から「日本の子供達も支援してあげて!」と謎のお叱りをいただくのですが、わざわざ言っていないだけで、僕らは『えんとつ町のプペルこどもギフト』という取り組みで、日本の子供施設のご支援も毎月やらせていただいておりまして、加えて、CHIMNEY TOWN本体の方からも御支援させていただいていて、それらを合わせると、これまでに約6万冊の絵本を贈らせていただきました。

そんな中、毎年クリスマスは、シングルファミリーのサポートを続けてらっしゃる『ハートフルファミリー』さんと一緒にシングルファミリーの子供達にクリスマスプレゼントを贈らせてもらっているのですが、2023年も、CHIMNEY TOWNから1000冊、そして『えんとつ町のプペルこどもギフト』から1000冊…合計2000冊の絵本をシングルファミリーの子供達に贈らせていただきました。

CHIMNEY TOWNを応援してくださっているファンの皆様、
『えんとつ町のプペルこどもギフト』に参加してくださっている支援者の皆様、
そして、ハートフルファミリーの皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。
いつも本当にありがとうございます。

そんなこんなで、今年もクリスマスにたくさんの絵本を贈らせていただいたのですが、CHIMNEY TOWNも大きな会社じゃないので、ウン千冊という絵本をポンッと寄贈するのはラクじゃありません。
もちろん、その分の「お金」がかかるわけなので。

ですが、「身を削っている」という感じは無くて、それもそのハズで、贈らせてもらっている絵本は『えんとつ町のプペル』…つまり自社製品なんです。

これは何も僕らの方から「クリスマスプレゼントの中にプペルをいれてもらえまへんか?」と関西弁でオラオラ交渉したわけではなくて(=被災地に送る千羽鶴みたいな『誤った善意の押し付け』じゃなくて)、普通にいろんな施設から「プペルを支援してもらえないでしょうか?」という御連絡をいただくんです。
つまり、絵本を贈る側と絵本を受け取る側のニーズのマッチングが確認できたところに、絵本を贈らせていただいています。

自分達の作品が贈り物の定番になってきているというのは、本当に奇跡のような話です。
だって、今回贈らせてもらった絵本『えんとつ町のプペル』をキッカケに、CHIMNEY TOWNの活動に興味を持ってくれる子供達がいるかもしれないわけで。

なので、あんまり感謝されすぎるのも気持ち悪いので、「子供支援は、僕らの為にもなってますんで!」という御報告をさせていただきます。

中には「なんだよ、結局、自分達の為かよ」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、前々から言っているように、持続可能な支援活動には「自分達の取り分」は絶対にデザインしておく必要がある…というのが僕の考えで、それは、シングルファミリーの子供達に対してもそうです。

来年も、再来年も、その次も、シングルファミリーの子供達に支援を続けるには、その支援をすることによって、自分達に何かしらの(少しでいいし、返ってくるのが今すぐじゃなくてもいいので)リターンが無いといけないんだと思います。

「持続可能」なCHIMNEY TOWNの子供支援

というわけで、最後に、「持続可能な支援」となっているCHIMNEY TOWNの子供支援を紹介させて頂こうと思います。

まずは『えんとつ町のプペルこどもギフト』です。

こちらは、その名前で検索していただけるとホームページが出てきますが、月額2000円の「子供支援のサブスク」です。

「毎月1冊×支援者数」分の絵本を国内外の子供達に届けにいっておりまして、その様子を支援者さんに「活動報告」という形で、送らせていただいております。

毎月、担当の「三木」さんから活動報告が届くのですが、直近だと、島根県江津(ごうつ)市にある「江津東小学校」の子供達、そして佐賀県基山町(きやまちょう)の若基(わかき)小学校の子供達に贈らせていただいて、子供達からのお礼メッセージや写真が支援者さんに届きました。

そして、もう一つのプロジェクトは「絵本支援NFT」です。

こちらは、子供達に絵本を支援したことを証明するメダル型のNFTが支援者さんに贈られる形となっておりまして、現在…
・岩手県盛岡市の「一般社団法人ふたば」(貧困家庭の学習支援をされている団体)の子供達【39名】
・福岡県遠賀郡の「水巻吉田保育園」の子供達【67名】
・岡山県岡山市の「かちかち子ども食堂」の子供達【60名】
が支援を待っている状態です。

支援冊数に合わせて、贈られるNFTのメダルの色が違っていて、中には各メダルをコンプリートしようとする方もいらっしゃって、そういう動機であっても、結果的に子供達の支援に繋がるのであれば最高だなぁと思っております。

こちらの支援NFTに興味がある方は CHIMNEY TOWNの公式ホームページのオンラインストアから「絵本支援NFT」をクリックしてください。

「NFTの始め方が分からん」という方には、スタッフがフォローさせていただきます。

この二つのプロジェクトの他に、CHIMNEY TOWNがその年の売上の余力で支援させていただいていて、この3本柱が僕らの仕掛ける子供支援でございます。

「勢い」や「熱い想い」や「性善説」だけで支援はしていなくて、こういう感じで、人を巻き込みながら、自分達の取り分も設計しながら、子供支援を持続可能なものにしています。
素敵なクリスマスになりましたでしょうか。

 

 

お知らせ ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が各ランキングの年間1位に!

■楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング1位
■2023年オリコン年間”本”ランキング「自己啓発書」ジャンル1位
■ビジネス書累計が100万部突破!
※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

  

お知らせ!『キンコン西野マーケティング講座2024』で学ぼう!

経営者&個人事業主&クリエイター必見! 稀代のヒットメーカー・キングコング西野亮廣が、手加減抜きで「最新マーケティング」を語る。現時点の集客&販売の結論。【コチラから】

  

お知らせ! 《大阪平野の夜景を一人占め》HIBARI GOLF(宝塚市)のVIPラウンジ『星の絨毯』(2024年9月オープン)の【年間3日×7年分】の貸し切り利用権が申し込み可能になりました!

【コチラから】

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 子供たちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
2月13日(火)に青森、
2月20日(火)に東京、
2月29日(木)に愛知、
3月06日(水)に愛媛でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

■連載 『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは
猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる