MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.09.29

サッカー日本代表・古橋亨梧、強さの秘密は“二面性”にあり!【まとめ】

2022-23シーズン、所属するセルティックを国内3冠に導き、リーグ得点王&MVPも受賞した、サッカー日本代表・古橋亨梧の独占インタビューをまとめてお届け! ※2023年8月掲載記事を再編

古橋亨梧まとめ

1. 【サッカー日本代表・古橋亨梧①】強さの秘密「謙虚さと頑固さと」

写真:アフロ

話を聞いた60分の間、9回頭を下げた。

「よろしくお願いします」「ありがとうございます」「それは言えません、すみません」「光栄です」……

この言動は古橋の性格をよく表している。

謙虚で礼儀正しい。話を聞いたのは二度目だが、初めてのインタビューは2022年12月30日のことだった。年末の大変な時期にも関わらず、古橋が言った。

「こんなタイミングにしてしまい、すみません」

お願いしたのはこちらの方であるにも関わらず――。

およそFWらしからぬ性格とも言えた。点取り屋は、破天荒、とか、我が強いとか、そんな「エゴイスト」くらいがちょうどいい、とよく言われる。

対象的な姿に「天狗になったり、調子に乗りすぎた」と思うことはあったか、と聞くと古橋らしい言葉が返ってきた。

「(中央)大学に入って1年目に、全日本大学選抜に選んでもらいました。それまでそういう(代表に選ばれるような)経験がなかったんですが、そのころですかね、監督やコーチたちに『ちょっと調子にのっているんじゃないか』と言われて。

自分では気づいていなかったんですけど、そうだったのかな、と。ありがたかったです、そうやって気づけないことを言ってもらえたので」

どういうことか。

【続きはこちら】
 

2. 【サッカー日本代表・古橋亨梧②】――「謙虚」な「頑固者」は逆境をどう乗り越えるのか?

写真:アフロ

どこまでも謙虚で、しかし決して自身を曲げない頑固さを併せ持つ。サッカー日本代表・古橋亨梧の強さの秘密である。

ビッグクラブを含めた移籍の噂が絶えない中で残留を決断した。古橋の持つ判断基準は「嫌なことに目を背けない」である。

「これまで中学校や高校、大学とステップアップをしていくなかで、逃げたくなるようなことはありました。ただ、そこから目を背けないことが大事なのかな、と思っています。

どんな決断をしても、その先で嫌なことはあるんだと思います。だから、失敗してもいいから挑戦する。その挑戦もネガティブに取り組むのではなくポジティブに」

大好きなサッカーを始めたのは小学1年の頃。うまくなりたい、楽しいからとプレーしていた古橋は、中学生に入る前にひとつめの「嫌なこと」を乗り越えた。

「強いチームでもっとうまくなりたい」と思い、京都サンガF.Cのセレクションを受けるも不合格。地元で強豪と言われていたアスペガス生駒へ加入することになる。

「入る前に体験会みたいなものがあったんですが、強いけど厳しくて怖いイメージがあって、行くのが本当に嫌でした。『嫌だ!』って大泣きして……」

小学生の頃にともにプレーしていた仲間たちは別の地元のチームを選んだ。そっちのほうが、楽しくやれるかもしれない。

【続きはこちら】
 

3. 【サッカー日本代表・古橋亨梧③】――「謙虚」な「頑固者」と日本代表

写真:アフロ

「(前シーズンの結果が)軽い、と思われたらいやなんで、シーズンが始まる前から個人タイトルを全部取らせてもらおう、と思っていました」

チームの三冠に大きく貢献し、得点王そしてシーズンMVPを獲得したセルティックの古橋亨梧は、2022-23シーズン前に、その躍進を胸に誓っていたことを明かした。

それは現実のものとなり、大きな注目を浴びることになる。

類を見ない「謙虚」さを持ったFWは、それまでのストライカー像を覆している。日本人初の欧州主要リーグでの得点王は、日本サッカー史に名を刻んだ。

それでもまだ、古橋のすごさは過小評価されているだろう。その実力を証明するためには、日本代表の存在が欠かせない。

ただ、その日本代表においては「思い通り」に行かなかった。

カタールワールドカップでの落選はその象徴だった。果たして古橋はこの時間とどう向き合ったのか。

メンバー発表が行われたのが2022年11月1日。古橋は、自宅で落選を見届け、そのままチャンピオンズリーグの試合へと向かった。

【続きはこちら】
 

4. 【サッカー日本代表・古橋亨梧④】――「謙虚」で「頑固者」はどうやって生まれたのか?

写真:アフロ

遅咲きと言える古橋は、どうやって自分を変えてきたのか。

そしてなぜ、あれだけ得点を量産できるようになったのか。

ひとつのきっかけがFC岐阜時代にある。

「プロ1年目で大木(武)さんに出会えたことは僕の中ですごく大きかったと思います。きっと大木さんには『俺は何もしてない、お前の実力だ』って言われちゃうと思うんですけど……(笑)」

目標にし続けたJリーグ入りがなかなか叶わない。たくさんのクラブに練習参加するも、獲得のオファーはなかった。

そんな中、これが最後――というタイミングでオファーをくれたのが、大木武が新監督に就任することが決まったFC岐阜だった。

シーズンに入ると大木はすぐに古橋を重用する。

「大木さんは芯がブレない人で、目指すサッカーをとにかくチームに浸透させることに力を注いでくれました。その姿があったから、僕たちも迷うことなく、やり続けることができたと思います。

チームとして結果が出ないときもあったんですけど、『結果は俺が責任を取るだけ。お前たちは自分を信じてやり続けてくれ』と言ってくれた。

2シーズン目の途中に僕はヴィッセルに移籍してしまうんですが、上位争いもできていたし……やっぱり、一緒にできてよかったなと思います」

古橋には、今も大切にしている大木の「哲学」がある。

【続きはこちら】

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる