MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.09.22

【西野亮廣】どの業界も、今は「単価を上げる努力」が必須! 「ブランド作り」に大切なこととは?―『夢と金』20万部突破の説得力

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。(こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです)

今日は『“煙突掃除屋の”グッズショップを作る』というテーマでお話ししたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第112回 「売るべきではない商品」を商品棚から外して、世界観を統一していかないと、ブランドにはなりえない。「なんでも屋」はブランドにはならない。

西野亮廣

「おみやげ」を狙え

売れっ子絵本作家への道を模索していた頃、最初にバチコンと決まった打ち手は「おみやげとしての絵本」でした。

絵本を「絵本」として届けようとすると、なかなか届かなかった(売れなかった)のですが、どっこい、『西野亮廣絵本原画展』や『えんとつ町のプペル 光る絵本展』の「おみやげ」として販売した時に、そりゃあもう飛ぶように売れたんです。
この「おみやげ戦略」は、テレビから軸足を抜いてから始めた活動の最初の成功体験でした。

最近だと、元インターン生で、僕の高校の後輩でもある「モリゴン」が『西野亮廣講演会』の公演後にCHIMNEY COFFEEのカフェオレベースを“おみやげ”として販売しており、大きな成果を出しております。
これもコーヒーを「コーヒー」として販売するのではなく、「講演会のおみやげ」として販売する「おみやげ戦略」で、ここはCHIMNEY TOWNのスタッフおよび講演会の主催者さんはキチンと向き合った方が良いと思います。
#僕ならビジネス書を出版社から8掛けで買って講演会ロビーで販売する

僕としては社内の人間が勝とうが、社外の人間が勝とうが、どっちでも構いません。
ヤル気がある人を応援するだけです。

 ブランドを作る

最近は「グッズ開発」に充てる時間が少し増えてきました。
理由はやはり『えんとつ町の踊るハロウィンナイト@幕張メッセ』で、「一つの世界観に9000人が集まるというインパクトを無駄にしてなるものか!」とスタッフ一同、鼻息を荒くしております。
#手持ち提灯とかさ
【えんとつ町の踊るハロウィンナイト公式グッズ】

商魂たくましいバンドザウルスも、ここを商機として捉えていて、現在、『ジャングルカチューシャ』と『ジャングルリーフ』と『ジャングルTシャツ(糞ダセーやつ)』の3つのグッズを開発中で、来週放送の『毎週キングコング』の西野に着させて、宣伝する予定です。
#商機に確実に噛みつくザウルス

→そして今週、こちらは、バンドザウルスの公式グッズ『カチューシャで草』『ピンで草』『デビューTシャツで草』として販売がスタートしました。

 『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』では、CHIMNEY TOWNの公式グッズ売り場が出る予定ですが、バンドザウルスの公式グッズは「Tシャツは、もっとダサくて、恥ずかしいデザインの方がネタになって良いだろ!」というコンセプトで作られたりしているもんですから、CHIMNEY TOWNの他の公式グッズと明らかに毛色が違ってきます。

そう考えると『CHIMNEY TOWNの公式グッズ売り場』でひとまとめにするのではなく、CHIMNEY TOWNの公式グッズを並べた『CHIMNEY TOWN 公式グッズ売り場』と、バンドザウルスの公式グッズを並べた『肉活屋(仮)』は分けた方が良さそう。
一つのおみやげ屋さんに集約するのではなく、おみやげ屋さんがいくつも並んでいるイメージです。

今日の話の“キモ”はココで、こうしてグッズショップを分ける(世界観ごとにグッズ売り場を設ける)というのが、どうやら凄く凄く大事で、
こうして分けて、「売るべきではない商品」を商品棚から外して、世界観を統一していかないと、ブランドにはなりえない。

ありとあらゆるグッズを取り揃えている「なんでも屋」はブランドにはならない(商品単価を上げられない)わけですね。

すっごく細かいところだけれど、だけど、すっごく大切なところです。

そう考えると、ミュージカル『えんとつ町のプペル』のグッズショップもまた、「ミュージカル『えんとつ町のプペル』のグッズブランド」を新たに作るべきで、昨日、プロデューサー陣と、デザイナーの「かんかんサン」と打ち合わせをして、ミュージカル『えんとつ町のプペル』のグッズブランド『Chimney Sweep』を作ることが決まりました。
「煙突掃除屋さんが出しているグッズショップ」という設定です。

そこに並べる全商品をゼロから開発するのではなく、「ゼロから開発する商品」もあれば、「すでにニーズが確認されている(生産ラインが整っている)CHIMNEY TOWNのグッズの“黒ラベル”バージョン」を作ったりして、とにもかくにも「世界観」を統一することを念頭にグッズショップをデザインしていきます。
煙突掃除屋さんが手掛けるグッズショップなので、「汚れにくい」「ダンディー」なイメージで、色や素材もソッチに寄るでしょう。

文字面だけでイメージしていただくのは少し難しいとは思うのですが、『CHIMNEY TOWN 公式グッズ売り場』と『肉活屋』と『Chimney Sweep』が3店舗並んだ時に、「あー、なるほど! 西野が、しつこく言ってたことはこういうことね 」となると思います。

どの業界であろうと、今は「単価を上げる努力」をしていかないといけません。

なので、今日のような「何をすればブランドになるんだっけ?」「何をしたらブランドになれないんだっけ?」という話がメチャクチャ大事になってくると思います。

参考までに。
現場からは以上です。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! 舞台『テイラー・バートン』のオンライン配信、9300枚突破!(2023年8月31日現在)

【オンライン配信チケットはコチラ】

■冒頭20分無料動画はコチラ

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 2023年10月28日に、幕張メッセで『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』!

幕張メッセのド真ん中に巨大な櫓(やぐら)を建てて、“盆踊り大会”を開催することに! 今回仕掛けるのは“えんとつ町の盆踊り大会”、イベントタイトルは『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』です。
現在、クラウドファンディング【幕張メッセで開催する『ハロウィン盆踊り』を大量の提灯で彩りたい】実施中。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
9月25日(月)に青森、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に東京、
10月04日(水)に香川、
10月11日(水)に愛知、
10月12日(木)に静岡、
10月16日(月)に新潟、
10月18日(水)に大阪、
10月22日(日)にオーストラリア、
11月02日(木)に北海道、
11月06日(月)に福井、
11月07日(火)に大阪、
11月11日(土)に愛知、
11月30日(木)に岐阜、
12月11日(月)で群馬、
12月18日(月)に宮城でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる