MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.09.08

【西野亮廣】追い込まれるリーダーほど「一か八か」で博打する。ディズニー映画ですら1年前から告知をスタートする!―『夢と金』20万部突破の説得力

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。(こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです)

今日は「早め早めに手を打って、致死率を着実に下げる」というテーマでお話し(現在地を共有)させていただきたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第110回 僕は、イベントに生じている「1000万単位の赤字」をどうやって潰しているか?

西野亮廣

 巧遅は拙速に如かず

過去に1万回言っていますが(今回が記念すべき1万回目)、「無能なリーダー」の共通点は「博打に走る(一か八かに賭ける)」で、博打はどこまでいっても博打なので、そのスタンスでいる限り、どこかのタイミングで必ず終わります。
#勝ち続ける博打は存在しない

「博打をするな」とどれだけ言っても、僕が知るかぎり「博打に走る無能なリーダー」が9で…ここには「博打が良くないことは分かっちゃいるけど、博打をせざるをえないから、博打をしちゃう」というリーダーも含まれているでしょう。

となると「僕らは何故、博打に走ってしまうのか?」という原因を共有しておくのが建設的で…そりゃまぁ「追い込まれたから博打に走る」わけですが、そこに「何故、追い込まれるのか?」という問いを投げてみると、原因が明らかになります。

原因は「着手するのが遅いから」
です。
#これに尽きる

『巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)』という言葉があります。
「上手で遅い」よりも、「下手で速い」の方がイイよね…という意味です。

孫子の兵法にも、
『兵は拙速を聞くも、未だ巧久なるを賭ざるなり。夫れ兵久しくして国を利する者は、未だ有らざるなり。故に尽く用兵の害を知らざる者は、則ち尽く用兵の利をも知ること能わざるなり』
という似たような言葉があります。
#難しい漢字が読めなくても大丈夫

意味は、
「戦争には『ちょっと拙い点はあったけど、速やかに進めたことで成功したよ!』という事例はあるけど、『完璧を求めて、長引かせたことで成功したよ!』という事例はないよね。そもそも戦争が長期化して国家に利益があるわけなんて無いだから、戦争を長引かせるヤツ、バカすぎない?」
といったところです。
#翻訳が分かりやすいだろ

「始めてみないことには修正箇所が分からないんだから、ガタガタ言ってないで、とっとと始めろよ。走りながら考えろよ」といったビジネス芸人の定番ネタですね。

これをもう少し掘り下げると、「締切がある案件の場合においては、スタートが遅れれば遅れるほど、博打的な打ち手を迫られる確率が上がるんだから、とっとと始めろよ」です。

「後回しにしてしまう夏休みの宿題」と少し違うのは、夏休みの宿題に関しては、泣いても笑っても8月31日に力ずくでやりきらなきゃいけないけれど、ビジネスシーンで「集客」や「資金繰り」を8月31日に片付けなきゃいけなくなった場合、「効果があるかどうかも分からない広告代理店にお金を渡して集客してもらう!」とか、「下りるかどうか分からない補助金に賭ける!」といった博打になってしまうんです。
#ここが夏休みの宿題と違うところ

CHIMNEY TOWNのスタッフが西野から説教される時のお決まりのパターンは(皆さん御存知)「ギリギリに告知を開始する」です。
それというのは単純にお客さんに優しくないし(※スケジュールの調整に負担をかけている)、ここは「ギリギリの告知」が通用する世界じゃないし(ディズニー映画ですら1年前から告知をスタートする)、何より、それをやっちゃうと最後の最後は「博打に頼る集客」になってしまうので、西野はそれを許しません。

早めに早めに動いて、着実に赤字を潰す!

長くなっちゃってすみません。
#暇なんです

2023年10月28日に幕張メッセで開催する『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』の現時点の収支を共有させていただきます。
ファミリーで参加できるようにチケット代を極端に下げたので(中学生以下=550円)、イベントの収支は一般チケットが完売したのにも関わらず、「-4000万円」でした。
#想定内です
#分かった上でチケット代を下げました

「この赤字分を、(チケット代以外で)どう回収するか?」というのが今回のゲームで、クラファンやら何やらを駆使して、今日も着々と赤字を削っております。

どうにかこうにか赤字1000万円潰して、ついに「-3000万円」を切りましたーっ!!
#喜ぶ数字じゃねーだろ
#まだマイナス3000万円だぞ

たしかに喜ぶ数字じゃないのですが、だけど着実に赤字を潰して、着実に前に進んでいます。

ここまでに「何か突拍子もない(独創的な)手を打ったか?」というと、そんなことはなくて、クラウドファンディングを使って事前販売&グッズの受注生産を、かなり前倒しで(速やかに)やっただけです。

早めに早めに手を打ち、ニーズが確認できたグッズを「追加発注&追加販売」
これにより「1000万円」の赤字を潰すことに成功しました。

多くのイベント主催者は、この作業をイベント開催の寸前にやるか、あるいはイベント当日にやるから、お金が集めきれない。

大切なのは、やっぱり「始めるスピード」で、そのことを知っていただきたくて、今日は具体的な数字を共有させていただきました。

ネクストゴールは「-2000万円」です。
もちろん、全力で狙いに行きます!
『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』が黒字化する瞬間を必ずお見せするので、まぁ、見ててください。
現場からは以上です。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! 舞台『テイラー・バートン』のオンライン配信、9300枚突破!(2023年8月31日現在)

【オンライン配信チケットはコチラ】

■冒頭20分無料動画はコチラ

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 2023年10月28日に、幕張メッセで『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』!

幕張メッセのド真ん中に巨大な櫓(やぐら)を建てて、“盆踊り大会”を開催することに! 今回仕掛けるのは“えんとつ町の盆踊り大会”、イベントタイトルは『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』です。
現在、クラウドファンディング【幕張メッセで開催する『ハロウィン盆踊り』を大量の提灯で彩りたい】実施中。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
9月11日(月)に福井、
9月13日(水)に島根、
9月14日(木)に大阪、
9月25日(月)に青森、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に東京、
10月04日(水)に香川、
10月11日(水)に愛知、
10月12日(木)に静岡、
10月16日(月)に新潟、
10月18日(水)に大阪、
10月22日(日)にオーストラリア、
11月06日(月)に福井、
11月07日(火)に大阪、
11月11日(土)に愛知、
11月30日(木)に岐阜でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる