MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2023.09.16

堀江貴文が日本一過酷な36時間の「アドベンチャーレース」にハマる理由

カラダは究極の資本であり、投資先である。そう断言する堀江貴文氏が、最先端の医療と美容情報を惜しげもなく伝授する本連載。第24回は「アドベンチャーレース」。キックボクシングなど複数のスポーツを楽しむ堀江氏がこの競技を始めたのは5〜6年前。2023年7月には北海道・ニセコで36時間のアドベンチャーレースに参加。新たなアウトドアスポーツの魅力を、レースの企画・運営を行う上野智一朗氏と語り合う。連載「金を使うならカラダに使え!」とは……

作戦会議をする堀江氏
レーススタートの2時間前に配布された地図を確認し、メンバーと打ち合わせる堀江氏。

アドベンチャーレース参加のため、日々体力を維持すること自体がアンチエイジングにつながる。

堀江貴文(以下堀江) 2023年7月に参加したのは36時間のアドベンチャーレース「ニセコ エクスペディション」。自然のなかに置かれたチェックポイントを回り、複数の種目をこなしながらチームでゴールを目指します。ルートはGPSを使わず、地図とコンパスで設定するんです。

上野智一朗(以下上野) 堀江さんが参加したのは、夜を2回越える、日本一長時間で過酷なレースです。マウンテンバイク(MTB)、ゴムボート(パックラフト)、沢登り、トレッキングの4種目で構成され、女性1名以上を交えた4名編成のチームで挑みます。

堀江 僕はアドベンチャーレースには年に2〜3回出ていて、2022年の春には同じニセコで開催された7時間レースにも参加しました。予行演習みたいな感じで。アドベンチャーレースは競技種目がレース毎に変わるので、事前に「今回は自転車がある」とか「カヌーがある」とか、種目に関するガイダンスが届きます。それに合わせてMTBとかパックラフトを準備するんです。

上野 今回のレースではスキルチェックを課しました。ロープを伝って崖を登れるか、ボートを漕げるか、落ちたらセルフレスキューできるか、など。運営側も安全管理はしますが、基本的な技術は必要です。

堀江 ルートを決めるのは、当日に配られる地図を見てからなので、体力だけでなく、地図を読み取ってチェックポイントの位置の見当をつけて、最短距離で向かう能力が必要。もちろん、個々の能力は違うから、チームで補い合って。

深夜0時にMTBでスタート。2023年の9月には女性限定のレースを開催予定だという。

上野 地図の配布はスタートの2時間前。早くからコースが提示されるトライアスロンなどとは違って、道なき道を行きますから、地形、天候の変化やメンバーの状況とか、複数のことを考え続けないといけないし、走っていれば絶対ゴールできるという確約もない。それがアドベンチャーレースの特徴です。

堀江さんたちはアマチュアですがトップの次点にいるようなチーム。今回のコースは羊蹄山(ようていざん)のふもとで、高低差はトータル6000m、距離200㎞オーバー。2023年から国際化して海外のトップチームを招待したので、かなりハードな設定をしました。

堀江 僕史上でも一番キツかった。夜0時のスタートでMTB20㎞、パックラフトが5〜6時間、沢登り、トレッキング、再びMTB90㎞で最後はトレッキング。すべてが長いし、反省点もいろいろ。僕の場合はシューズで、沢登りに特化したものを用意したのですが、泥道でグリップが効かないのが弱点。開催前日の雨で足元が滑りやすく、40回くらい転びました。コンパクトで軽い靴も持ってくればよかった!

上野 でも、あれだけボートを漕いだ後に、よく沢登りを突破できましたね。一番キツい想定が沢セクションだったんですよ。ボートを数時間漕いで体力を奪われた後に沢は登れませんって、半分以上のチームがここでリタイアしました。

堀江 沢のほうが得意だから(笑)。ボートで抜かれて、僕たちのチームは中位の最後くらいで沢に入ったんですけど、けっこうサクサク進めました。もちろん難しいポイントは苦労したけど。疲れて冷静な判断力が失われると、余分な苦労をしますね。僕たち、リュックを背負ったまま沢を登っていたんですけど、よく考えたら先にロープでリュックを上げておけたのに、馬鹿だなあと。そうすれば、もっと楽に登れたのに。

ボートの後の沢登りは、海岸沿いの崖。

上野 参加22チームのうち、核心部である沢セクションを突破したのは、堀江さんのグループ含めて7チームだったので、素晴らしい結果です。終わった瞬間は皆さん疲労困憊で「二度とやらない」と言いますが、1週間くらい経つと「あの時、ああすれば……」とか悔しさがふつふつと湧くそうですよ。

堀江 スキルはあったほうがいいけど、ギアにお金をかけたら速くなる。だから中高年というか、資金の潤沢さが冗談抜きで有利になります。特にMTB。僕は体重が重めだから得意じゃなかったけど、新しいバイクに替えたら格段に楽になりました。

上野 ギアの性能でかなり変わりますよね。フルカーボンのMTBだと、マイナス5㎏にもなります。チームの打ち上げに呼ばれると、大人たちが「いい遊びを見つけた」と楽しそうに延々と盛り上がっているんです。新しい遊びの選択肢を提供できていると感じます。

堀江 僕もまた出ますよ。アドベンチャーレースは体力がないと参加できないので、その体力の維持が、アンチエイジングにつながっていますね。

上野智一朗/Tomoichiro Ueno
1981年兵庫県生まれ。米ボストンのBentley Universityで経営を学び、10年間の営業職を経て、2021年に一般社団法人EXPEDITION STYLEを設立。日本最大級のアドベンチャーレース「NISEKO EXPEDITION」などの企画・運営を手がけている。

堀江貴文/Takafumi Horie
1972年福岡県生まれ。実業家。ロケットエンジン開発や、アプリのプロデュース、会員制オンラインサロン運営など、さまざまな分野で活動する。予防医療普及協会理事。『不老不死の研究』『堀江貴文のChatGPT大全』(幻冬舎刊)が発売中。

■連載「金を使うならカラダに使え!」とは……
カラダは究極の資本であり、投資先である。そう断言する堀江貴文氏が、最先端の医療と美容情報を惜しげもなく伝授する連載。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
堀江貴文の金を使うならカラダに使え!

カラダは究極の資本であり、投資先である。そう断言する堀江貴文氏が、最先端の医療と美容情報を惜しげもなく伝授する連載。

COMPOSITION=海野由利子

PHOTOGRAPH=Kenta Onoguchi

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる