MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.02.25

トップやチョロが怖い! 苦手なフェアウェイウッドを安定させる打ち方

今回はフェアウェイウッドについて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……

【薄い当たりのミスが出がちなフェアウェイウッド】

長いパー4でティーショットが思ったほど飛ばず、グリーンまで距離が残ってしまったらどうするだろうか。ボギーでOKと考えを切り替えて、安全にアイアンでレイアップをするのも一つの手だ。だが、長いクラブで距離を挽回する方法もある。距離が残っていても、ボールがフェアウェイにあれば、果敢にグリーンオンにチャレンジしてもいいだろう。花道が広く、ハザードがない平らなホールであれば、ボールを転がしてグリーンに乗せることも十分に可能だ。

このような状況で役に立つのが、3番(スプーン)や5番(クリーク)などのフェアウェイウッドだ。セカンドショットで飛距離がほしいときに、フェアウェイウッドがうまく使えるようになれば、バーディーチャンスを増やすことができるだろう。

だが、フェアウェイウッドは苦手だからあまり使わないという人も少なくない。フェアウェイウッドが苦手な人に多いミスは、トップやチョロといった薄い当たりのミスではないだろうか。距離を稼ぐためにフェアウェイウッドを握ったのに、ボールの頭を叩いて、手前にコロコロと転がるだけではがっかりしてしまう。

フェアウェイウッドで薄い当たりのショットが出てしまう原因は、ボールを高く上げようとしてすくい打ちのスイングになっている場合が多い。ボールを上げようとして、右足に体重が残り、体の軸が目標と反対に倒れることで、過度なアッパー軌道のスイングになり、ボールの上部を打って薄い当たりになってしまう。フェアウェイウッドはロフトが比較的立っているので、ボールが上がるか不安になるかもしれないが、正しくボールをとらえればロフトによってボールは上がる。フェアウェイウッドを打つ際は、クラブのロフトを信じてボールを上げに行こうとしないことが大事になる。

【払い打ちでソールを滑らせる】

今回はコースでフェアウェイウッドのミスを減らすための素振りを紹介したい。フェアウェイウッドは、払うようにして打つレベル(水平)ブローのスイングをすることで、思い通りのボールを打つことができる。このレベルブローを意識するために、腰の高さで素振りをしてみてほしい。クラブを横振りすることで、体の軸が目標と反対側に倒れずに、垂直軸を中心に回転することができる。それによって、クラブ軌道がアッパー軌道にならないように補正することができる。

腰の高さで何回か横振りしたら、徐々に腰の高さから地面に向けてスイング軌道を低くしていく。そして、最終的に芝の上でヘッドを滑らせるように素振りをしてみよう。この素振りでは、積極的にソール面を滑らせてほしい。ダフるのではないかと心配になるかもしれないが、フェアウェイウッドのソール面は広いため、地面の上を滑りやすい形状になっているので心配しなくていい。普段ボールだけをとらえるイメージだった人は、ソールを地面に押し付けるくらいのイメージを持ってもいいだろう。

コースでフェアウェイウッドを使う前に腰の高さで素振りを行い、レベルブローのイメージを持ってボールを打つことができれば、適切にボールをとらえ、ナイスショットの成功確率を高めることができるはずだ。

フェアウェイウッドをマスターすれば、長い距離のセカンドショットも怖くない。パー5や長いパー4でも果敢にバーディーを狙ってみてほしい。

【動画レッスン】

過去連載記事

連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる