MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2024.01.02

飲食業界の“必殺仕掛け人”が愛して止まないB級グルメ3選

最上級のB級グルメとは何か。食にいっさい妥協のない9人が偏愛する逸品を紹介する。今回は、トランジットジェネラルオフィス代表取締役社長・中村貞裕氏の心を和ませるB級グルメ。 【特集 最上級のB級グルメ】

ほっとなごむ味が待つ“地域密着店”が心のカンフル剤

国内外を飛び回り、現地で人気のレストランの東京進出をバックアップしている中村貞裕氏。スクランブルエッグやリコッタパンケーキが有名な『bills』やハワイ好きなら知らないひとはいない『THE PIG & THE LADY』など、日本に新たな食文化を広めてきた中村氏が、東京の滞在時にほっとひと息つく店とは?

「仕事柄、あらゆるエリアのリサーチは欠かせないですが、会社のスタッフやひとりでふらっと行くなら、オフィスがある恵比寿の店に行くことが多いですね」

たとえば、飲んだ締めに欠かせないというのが『香湯ラーメン ちょろり 恵比寿店』。

「もう、どれだけお世話になっているかわからない(笑)。以前は週に1度くらいの頻度で行っていました。ラーメンと半チャーハン、餃子が僕の定番。揚げ葱が香ばしいスープは、酔い覚ましにもぴったりなんです(笑)」

ラーメンと並ぶ名物のチャーハンは、恵比寿駅近くの老舗定食店『こづち』とともに恵比寿2大チャーハンと言われて親しまれている。

「何十回食べても飽きない。気がつくと足が自然に向いちゃうんです」という中村氏が最近、出合って感動したというのが恵比寿と渋谷の中間に店を構える『ターボー80』。3人の“ター坊”が始めた洋食店で人気なのは、昔ながらのナポリタン。売り切れになることもめずらしくなく、中村さんが初めて訪れたときもすでに“完売”だったそう。

「ちょっとしょんぼりしていたら(笑)、翌日のために用意してあった材料で作ってくださったんです。そういうサービス精神も含めて、ホームの飲食店の温かさを感じます。ナポリタンはチーズをたっぷりとかけて食べるのですが、これがもう、素晴らしく理想的な味。この頃は洋食店めぐりがブームなのですが、長く愛されてきた洋食店というのは心がほっとなごむような味と空気感があって大好きです」

そして、中村氏が子供の頃から通っているというのが、武蔵小金井の『カレーの店 プーさん』。

「幼馴染の家が近所だったので、ある意味ホームといえるかもしれません。ここでは野菜あさりカレーを注文するのですが、スパイス使いが妙にクセになるんです。このカレーも人生で何度食べたかわからないです(笑)」

多種の野菜、果物をベースにしたソースと20種以上のスパイスを使用し、油を使わずに仕上げるカレーは体が浄化されるような滋味も感じられる。肩の力がふっと抜けるような店名は、1980年の創業当時に先代が「女性も気軽にひとりで入れるお店に」と考えたという。テーブルに運ばれてくるカレーを見ると、素揚げやボイルした野菜がたっぷり。彩りも美しく、細部にまで店主の真心が感じられる。

「カレーのあとはデザートにアイスクリームが出てくるのですが、これもしゃりしゃりとした食感で美味しいんです」

多忙の合間を縫い“ホーム”の行きつけ店で過ごすひとときが、中村氏の活力源となっているようだ。

中村貞裕の心を和ませる最上級のB級グルメ

1. 20種以上のスパイスを使ったカレーが不思議なほどクセになる!
カレーの店 プーさん「野菜あさりカレー」

野菜あさりカレ
「野菜あさりカレー」¥1,750

トッピングの野菜はボイルや揚げなど、食感や風味が生きるように別々に調理。

スパイシーなだけではない、体の内側から浄化されるような滋味深さが長年愛される理由。

カレーの店 プーさん/Pooh
住所:東京都小金井市前原町3-40-27
TEL:042・384・7055 
営業時間:11:00~L.O.21:00
定休日:火曜(祝日の場合営業)
席数:20席

2. 心のなかで「最高!」と叫んだ逸品
ターボー80「ナポリタン」

ナポリタン
閉店時間を待たずに売り切れてしまうことも。昔ながらの味を堪能したい。「ナポリタン」(¥930)

最近、洋食店めぐりにハマっていることもあり「知人のインスタグラムを見て食べに行った」と言う“ご近所洋食店”『ターボー80』は、即座に行きつけリスト入り。

「昔ながらの気取らない店の雰囲気もいいのですが、何を食べても本当に美味しい。ナポリタンにはチーズをたくさんふりかけて食べると最高! 思いだすだけで胸が高鳴ります(笑)」

ターボー80/Tar-bou 80
住所:東京都渋谷区東2-14-15
TEL:03-5466-9684
営業時間:11:30~L.O.15:30(14:00~セットメニューのみ)
定休日:土・日曜、祝日 
席数:30席

3. 恵比寿が誇る町中華のブレない味に心を掴まれる
香湯拉麺 ちょろり「ラーメン&半チャーハン」

クリアで旨味が深いスープと揚げた葱の相性が抜群。炒飯は半分サイズの注文も可能。ラーメン¥650、餃子¥550、炒飯¥850。

香湯拉麺 ちょろり/Tyorori
住所:東京都渋谷区恵比寿4-22-11
TEL:03-3444-7387
営業時間:11:00~29:00
定休日:日曜

中村貞裕/Sadahiro Nakamura
慶應義塾大学を卒業後、伊勢丹に入社。2001年にカフェやレストランの経営、空間プロデュースなどを手がけるトランジットジェネラルオフィスを設立。日本の食のトレンドを牽引する存在。

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=阿部ケンヤ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる