MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.01.01

ハワイは変わった! 今行くべき、最新レストラン11選【まとめ】

平常時は年に5ヵ月をハワイで過ごす本田直之さん。「ハワイは変わった。これから渡航する方にリアルタイムで最新情報を伝えたい! 」とおすすめしてくれた"最幸"レストランをご紹介! ※GOETHE2022年9月号掲載記事を再編。

Miro Kaimuki

1.ハワイ随一のバーテンダー×シェフの相乗効果! アラモアナ「バー・マゼ」

Bar Ma-ze

情報をアップデート! 今、行くべき最旬レストランとは?

「ハワイの店は想像以上に元気でした。もっとコロナのダメージを受けてしまったかと心配していたけど、まじめにきちんとやっていた人たちは、しっかり前に進んでいました」

そう語るのは、国内外のレストラン事情に精通し、地元シェフとも親交が深い本田直之さん。

「客層が以前と変わったから、店のメニューやサービスもアメリカ人向けにシフトしている。とはいえ、食のレベルは上向きだと思います。注目していた新進気鋭のスターシェフたちは、皆新しい試みにチャレンジしていて、ますますハワイの食文化を引き上げています」

【続きはこちら】

2.連日満席! カカアコのトルコ料理店「イスタンブール・ハワイ」

Istanbul Hawaii

スパイシーでハマる! 2021年7月にオープンしたトルコ料理店

カカアコのホールフーズの目の前で連日賑わうのは、昨年7月にオープンした母娘が営むトルコ料理の店。

「トルコで食べたラムの串焼きが忘れられず、5月にハワイに来る際、すぐに予約しました」

【続きはこちら】

3.昼はブランチ、夜はバー! ハワイの人気シェフの新店「バー・ポドモア」

Bar Podmore

二軒目でもちょっとつまみたい。そんな時に行きたい

ダウンタウンの人気レストラン『セニア』のオーナーシェフ、アンソニー・ラッシュが手がけた新店は、昼はブランチ、夜はバーという店。

「二軒目もちょっとつまみたいね、って時に行くのに最高の店」と、本田さん。

【続きはこちら】

4.ハワイのシンプルで肉肉しい、スマッシュバーガー店「チャビーズ バーガーズ」

Chubbies Burgers

話題のフードトラックがついに店をオープン!

「シンプルで肉肉しい、スマッシュバーガーの店。もともとはフードトラックであまりの人気で店を構えたんです」

バーガー以外に、フライドチキンやオニオンリング、ビールやミルクシェイクなども。

「店内はスタイリッシュだし、ベジーバーガーやシェイクもあるから女性も入りやすいかもね」

【続きはこちら】

5.人数が多い会食にも! ハワイの絶品四川料理店「チャングドゥー・テイスト」

Chengdu Taste 滋味成都

絶品四川料理は辛みと旨みが交互にやってくる

「パリで好きな四川の店があって、そこで食べた牛肉水煮鍋がないかなと来店したところ、他のメニューも旨くて」

店内には大小のテーブルがあり、メニューの数もかなり豊富。

「1品の量が多いので、4人以上が理想。QRコードを読みこみ、スマホからオーダーできるのも便利。ハワイにしばらくいると、時々麻辣(マーラー)の味が恋しくなる。人数が多い会食にも◎」

【続きはこちら】

6.カハラモール隣接! ハワイ産食材を生かしたモダン創作料理店「カパ・ハレ」

Kapa Hale

家族でカジュアルに楽しめるハワイアンキュイジーヌ

ハワイ産の食材を生かしたモダンな創作料理が味わえるレストラン。カハラモールに隣接して、アクセスもよい。オーナーシェフはケアカ・リー。

「『アラン・ウォンズ』や『ザ・ピッグ&ザ・レディ』で腕を磨いたシェフが手がける料理は、できる限り地元の食材を使いながら、ニューヨークやサンフランシスコのエッセンスがプラスされたオリジナル。夫婦でやっているので、雰囲気がいい」

【続きはこちら】

7.タパスが絶品! 今、ワイキキでホットな隠れ家バー「ブラインド オックス」

Blind Ox

カクテルとタパスが絶品の隠れ家的バー

重厚な木の扉の横には公衆電話? まさかそのドアの向こうに、高級感のあるゴージャスなバーがあるとは。

「カパフルを走っていて、なんだろう? と、ずっと気になっていました。それがスピークイージーの面白さ。ここはタパス料理が美味しくて、スタッフのレベルも高い。ちょっとつまめるバーとして重宝しています」

【続きはこちら】

8.ハワイは変わった! 今行くべきランチは、カカアコ「ハマダ ジェネラル ストア」

Hamada General Store

舐めたらいけない、プレートランチの雄

ボリューム満点のプレートランチが人気の店が、テイクアウトオンリーで営業中。「以前はダインインだったんだけど、持ち帰りだけにしたら駐車場が空いて、回転がよくなり儲かっちゃったらしい(笑)」

本田さんいわく「マカロニサラダを食べれば店の本気度がわかる。ここはスペシャル」とか。

【続きはこちら】

9.スマッシュパテが旨い! ハワイの人気ハンバーガー店「ザ・デイリー」

The Daley

がぶりと噛みつけば、誰もが必ず『旨っ!』となる

鉄板の上に大きなミートボールを並べ、スマッシング! 鉄板にぎゅーっと押しつけた”スマッシュパテ”が大人気。

「旨いバーガーを常に探している。スマッシュバーガーは全米でブームとなり、その波がハワイに来た。肉の両面がカリッと焼け、中に肉汁を閉じこめる。秘伝のアイオリソースも旨い!」

【続きはこちら】

10.世界のVIPが訪れる隠れ家レストランの元シェフが開いた、フレンチ店「ミロ・カイムキ」

Miro Kaimuki

ハワイの食のけん引役だけに、常に予想を上回るひと皿

世界のVIPが訪れる隠れ家レストラン『ヴィンテージ・ケイブ』時代、衝撃を受けたシェフだと本田さんが話す、クリス・カジオカの新店。全5品のプリフィクスメニューには、素材の名前だけ。

「素材をクリスがどう料理するか、毎回楽しみ。日本通なので肉の味つけが予想外です」

【続きはこちら】

11.ハワイ随一のバーテンダーがつくった! 音楽好きが飲むには最高の大人のバー「EP BAR」

EP BARカウンター

音楽に酔いしれながらハイボールで乾杯したい

『モーニンググラスコーヒー+カフェ』の床のタイルに矢印を模したBARという文字。沿って進むと、壁一面にレコードと酒のボトルが並ぶ、スタイリッシュなバーが隠れているのだ。

「ハイボールとカクテルが旨い。つまみの極薄で脂身の強いビーフジャーキーがハイボールとすごく合うんです。どうやら『バー・マゼ』のジャスティンがプロデュースした店のよう」

【続きはこちら】

Naoyuki Honda
レバレッジコンサルティング代表取締役。オンラインサロンHonda Lab.主宰。ハワイと東京に拠点を構え、デュアルライフを実施。ハワイに関する著書や、近著に『パーソナル・トランスフォーメーション』。

COMPOSITION=今井恵

TEXT=本田直之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる