MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.12.09

サントリービールカンパニー社長が“アニキ”と慕う経営者

CoEvo 最高経営責任者・ジェフ・ハヤシダと、サントリー 取締役常務執行役員 ビールカンパニー 社長・西田英一郎。お互い子供の頃のように語れる、気の置けない関係だという経営者ふたりのエピソードを紹介。【連載 相師相愛】

CoEvo 最高経営責任者・ジェフ・ハヤシダ(左)と、サントリー 取締役常務執行役員 ビールカンパニー 社長・西田英一郎(右)。

気の置けない男6人のLINEグループ

ハヤシダ サントリーの工場に行くと、必ず水を大事にしているという話から始まるよね。

西田 初めてお会いしたのは、奥大山の「天然水工場」でした。

ハヤシダ 縁起のいい顔をしている人がいるなと思って(笑)。

西田 私がびっくりしたのは、涙ぐんでおられたことです。しかも黒板のシフト表や作業の段取り表をご覧になっていて。

ハヤシダ そういうところにこそ、会社の本質が出るんです。この会社はみんな本気だった。

西田 見られるところと感じられるところが違う。アマゾンのオペレーションが圧倒していた理由が瞬時にわかりました。

ハヤシダ 僕は機械の下も覗いたりする。どれだけ真剣に安全を考えているかわかるから。これがまた見事にきれいだった。

西田 帰りのクルマで、1時間、マシンガントークしました。楽しかった。別れ際に、次にいつ会うか決めて。いつしかお互い夫婦で会うようになって。

ハヤシダ 子供の頃、網を持って友達と虫を取りにいったよね。そんな関係って、大人になったらもうつくれないと思っていた。でも、そうじゃなかった。

西田 私にとっては、いつの間にか、アニキみたいな存在でした。怖そうなんだけど(笑)。

ハヤシダ その言葉はちょっと語弊があるな(笑)。

バーカウンターに入って、アニキをもてなす西田社長。神泡サーバーを使って撮影用のビールも美しく仕上げる。

西田 アニキに紹介したい、と思った経営者仲間を食事会に連れていったら、いつしかいい感じに6人のグループになって。

ハヤシダ 自分の弱さをさらけだせるいい仲間たちだよね。

西田 オッサン6人で朝からLINEグループでピコピコとメッセージのやりとりをしてるなんて、ないんじゃないですか。

ハヤシダ 返信が来ないと心配したりしてね。6人のグループでドヤ顔で出張報告したり(笑)。承認してもらいたいんではなくて、共感してほしくて。

西田 ほんと、なかなかないコミュニティだと思います。

ハヤシダ 本当のリスペクトをみんなわかってるんだと思う。相手の言うことを、ちゃんと自然に受け止めて消化できる。どんな場合でも、どこでも。だから飲食店でも、みんなすぐにお店の人と仲良しになっちゃう。

西田 みんなそれなりに有名人ですから、お店の人はいつもびっくりしてますけどね。

ハヤシダ このまま変わらず、行きたいね。

西田 私はアニキにこのまま面倒見てもらおうと思っています。アニキがヨボヨボになったら、僕が面倒見ます。

ジェフ・ハヤシダ/Jeff Hayashida(左)
1960年生まれ。ポートランド州立大学卒。アメリカで日本の家電メーカーなどに勤務後、2005年アマゾンジャパン事業本部長。2011年より社長。2021年より現職。
西田英一郎/Eiichiro Nishida(右)
1965年生まれ。同志社大学卒業後、’88年にサントリー入社。2015年、サントリービール執行役員。’19年サントリーホールディングス執行役員。2022年より現職。

ハヤシダ 僕が西田さんをすごいと思うのは、新卒からひとつの会社にずっといること。僕には無理。

西田 そういえばグループのメンバーは、当時私以外は全員社長で、当初、社長会と呼ばれていましたよね。オレだけ社長ちゃうわい、と思ってました(笑)。

ハヤシダ だからサントリービールで社長になったときは、みんなで喜んだ。お祝い会をしたね。

西田 ありがとうございました。アニキのすごいところは、持っているものの幅の広さだと思っているんです。ものすごく豪快だけど、ものすごく繊細。ロジカルだけど人情派。ブルドーザーに乗って、カミソリの刃を持っている、みたいな。ビジネスマンとしては、アメリカ人よりアメリカ人っぽいんだけど、人間としては、日本人よりも日本人っぽい。このギャップが心地いいんです。

ハヤシダ アメリカ人の父と日本人の母を持つ日系4世で日本に生まれ、アメリカで育ったから。国籍はアメリカだけど、心のふるさとは日本。僕はどちらも愛してる。

西田 そういえば、以前お送りした「ビアボール」、炭酸で割らずに飲んだでしょ。

ハヤシダ うん。僕の口には合わなかった。

西田 炭酸で割るかロックで飲むことをオススメしてますから。ちゃんと説明書が入ってたでしょ。

ハヤシダ そんなの読まないよ。

西田 いやいやアニキ、ちゃんと説明書は読んでください(笑)。

■連載「相師相愛」とは……
師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
相師相愛

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

TEXT=上阪徹

PHOTOGRAPH=河内彩

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる