MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.08.05

大企業とベンチャー、異なる環境のふたりが描く、豊かな未来のカタチとは

長い歴史を持つ大企業を率いるJR西日本イノベーションズ・奥野誠と、最先端技術を駆使するベンチャーを率いるPsychic VR Lab(サイキックVRラボ)・山口征浩。ともに関西出身のふたりのエピソードを紹介。連載「相師相愛」とは……

JR西日本イノベーションズ 奥野氏、Psychic VR Lab 山口氏

JR西日本イノベーションズ代表取締役社長・奥野誠(左)とPsychic VR Lab代表取締役・山口征浩(右)。

挑戦し続ける人には、魅力的なメンバーが集まってくる

奥野 大変な経歴をお持ちなのに、偉ぶったところがまるでなくて。目指している世界観のレベルの高さに引きこまれました。

山口 最初はオンラインだったので、ざっくばらんに話せなかったんですよね。ただ、その後食事をさせてもらうと、堅い方かと思いきや、まったく違って。ギャップ萌えでした(笑)。

奥野 楽しかったですね。会話についていけるか、と思いましたが、そんなことはなく、情熱的なお話に、一気に近づけた印象でした。関西出身ですから、関西弁も出てきて(笑)。

山口 VR、AR、MRを合わせたXRを、リアルな日常生活で身に纏う時代が来ると思っているんです。これまでは、そのためのハードウェアやデバイスがなかった。この思いに共感をいただけて。

奥野 JR西日本が持つ駅という空間には、多くの人が集まります。その環境をXRで彩っていく。バーチャルな世界とつなげていく。世界中の人とコミュニケーションをする。大きなポテンシャルがあると思いました。

山口 リアルな世界をバーチャルテクノロジーでより豊かにしていくことができるんです。

奥野 しかも、直近で大阪・関西万博がありますからね。世界中の人たちが大阪にやってくる。イベントや体験など、さまざまな仕かけができる。大阪駅もまた、万博の大きな目玉のひとつになると考えています。

VRグラスを体験しながら「最新技術を取り入れ、ともに新たな未来をつくりたい」と話す奥野氏。

山口 大企業の人だと思いきや、けっこう豪快な人だということもわかって。大きな成功の話の一方で、大きな失敗の話も聞かせてもらって、驚きました。

奥野 CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)の立場ですから、尖ったことをやらないと。鉄道会社がいきなりXRは難しいかもしれませんが、その触媒になりたいんです。

山口 大企業とベンチャーという環境は違いますが、イノベーションを通して新しい豊かな未来をつくっていく、という考え方は同じですよね。もちろん、生半可ではできないですが。

奥野 でも、山口さんには人間力がある。本当に魅力的なメンバーが集まってきて、素晴らしいチームがつくれている。

山口 いえいえ、奥野さんの会社も、一緒に働く人たちが素敵だったことが強く印象に残っています。トップゆえ、ですよね。

奥野 山口さんは、鉄道会社で働くなかでは出会うことができなかった経験を持っている人。人生そのものを学ばせてもらっています。

山口 いえいえ、いろいろとしくじっていたりしていまして。

奥野 武勇伝をたくさん聞かせてもらえました。

山口 かつて事業を任されていたとき、寝るところがなくて、会社の床で寝ていた話とか、ですね。アメリカに渡ったときは、お金がありませんでしたから、友達の家に長く居候したり、マサチューセッツ工科大学にこっそり住み着いていたこともありました。

奥野 海外での経験を踏まえて、どんどん自分の世界を広げていかれて。すごいと思います。

Psychic VR Lab創業当時、「この大型のVR機材を抱えて『持ち運び用のVRです』と営業に奔走していた」と話す山口氏。

山口 新しいことをやるときには、うまくいかないことが多いのは事実だと思います。事業にしても、100%賛同されることなんてまずない。6、7割はよくわからなくて、2割は反対。でも、1割は強烈に賛成する。

奥野 そういうものかもしれないですね。

山口 ほとんどの人が信じてくれないなかで、奥野さんのような人がいるから、新しい未来をつくっていけるんです。

奥野 社内でも議論はありましたが、私たちも新しい未来をつくっていかないといけない。ご一緒すべきだと思いました。

山口 この先は世の中が根本から変わっていくと思うんです。大阪万博は、そのなかの大事なタイミング。そしてその先は、長い時間軸を見据えて取り組みたいと考えています。

奥野 鉄道会社にとっても、新しいチャンスだと思っています。長い目線で、末長くお付き合いをいただきながら、私たちも進化していきたいと考えています。

山口征浩/Masahiro Yamaguchi(左)
1977年大阪府生まれ。大学中退後、アルバイト先の上場に伴い社長に就任。2008年にマサチューセッツ工科大学に留学。’14年Psychic VR Lab設立。
奥野誠/Makoto Okuno(右)
1972年大阪府生まれ。大学卒業後、西日本旅客鉄道(JR西日本)入社。輸送部門、新規子会社設立、M&A推進などを経て、CVCの設立を企画。2021年より現職。

■連載「相師相愛」とは……
師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

過去の連載記事はこちら

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
相師相愛

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

TEXT=上阪徹

PHOTOGRAPH=河内彩

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる