MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.06.10

商社、オンライン決済、企業リーダーの意外な共通点とは

陰ながらチームをどっしり支えるタイプのamadana代表取締役社長CEO・熊本浩志と、すべてを受け入れ、本質を見抜くタイプのPaidy副社長執行役員・橋本知周。互いに草野球でキャッチャーを担うふたりのエピソードを紹介。連載「相師相愛」とは……

amadana代表取締役社長CEO・熊本浩志氏(左)とPaidy副社長執行役員・橋本知周氏(右)。

【amadana CEO×Paidy 副社長】ふたりはキャッチャー

熊本 橋本さんとはキャッチャーつながりなんです。キャッチャーミットを持って対談なんて初めてなんじゃないですか(笑)。

橋本 もう10年以上前になりますね。熊本さんの著書、『「たかが草野球」で人生が変わる』は今も覚えています。ガチで草野球をやってる人がいて、それがamadanaの社長と聞いて驚いて。

熊本 初めて会った時は、こっちも驚いたんです。アメリカまで行って野球をやった人なのに、意外にビジネスマンの香りがしてたので。

橋本 熊本さんが率いる野球チームの皆さん、仕事も本気の人たちでしたけど、本当に野球も一生懸命でしたよね。

熊本 遊びも仕事も真剣、という人とウマが合うんです。実は遊びと仕事はつながっていて、遊びが急にビジネスにつながったりするのが、世の中なんです。

橋本 たしかに、草野球日本一を目指していて本当になってしまって、今や東京ヴェルディの一員ですものね。最初に聞いた時は嘘だと思いました。

左:橋本氏が長らく愛用し、ほとんどの試合で使っていたというキャッチャーミット。右:熊本氏が事業展開する野球ブランドのひとつ「Yabane(ヤバネ)」の新作キャッチャーミット。

熊本 3年で日本一を目指すにあたり、実はまずこだわったのはチーム名でした。バンバータって、ヒップホップのアフリカ・バンバータから取ったんですけど。僕は元DJなので。これ、誰も聞いたことがない響きでしょう。やっぱり過去になかったものが好きなので(笑)。

橋本 そういう目標を作っちゃうのは、経営者っぽいですね。

熊本 その意味では、僕はキャチャーらしくないキャッチャーなんです。目立たないキャッチャーほど、いいキャッチャーですからね。女房役ですから。

橋本 そういうところはありますね。僕も自分で発信するというよりは、支えるのが好きです。

熊本 ただ、実は女房役といいながら、受け身というわけではないんです。というのも、キャッチャーがいないとゲームは始まらないから。僕らがサインを出さないと、ピッチャーは投げられない。そして僕らはそのたびにディシジョンしている。

橋本 そうですね。2、3時間で100回以上、意志決定する。

熊本 そして検証している。

橋本 PDCAを回しまくりですよね。

熊本 しかも、ピッチャーに妙な意識をさせないようにしながら、あちこちに目配せしてゲームを動かしていたりする。他のポジションとは明らかに違うんですよ。世の中の人たちは、もっとキャッチャーのことを知るべきです。だから今日、キャッチャー対談できて嬉しい(笑)

キャッチャーミットの撮影時、ミットの角度調整を買って出てくれた熊本氏。「商品は見せ方がとても重要」と、美しいアングルを探しミリ単位で微調整する。

橋本 キャッチャーについて語らせたら、止まりませんね(笑)。

熊本 しかも僕と違って、橋本さんは本当にキャッチャーっぽいキャッチャーだから。だって、否定しないでしょう。誰かがダメとか、何かがダメとか、まず言わない。

橋本 たしかに、そういうところはありますね。

熊本 すべてを一度受け入れて、どこにポイントがあるか、どこにコアがあるか、見抜こうとする。どんな人にも、同じスタンスで付き合う。いろんな話を聞いてくれる。みんなが最も求めるタイプ。実はそれがキャッチャーなんですよ。

橋本 誰かを引き立てたいタイプではありますね。ピッチャーをまずは引き立てたい。他の誰かが活躍するなら、それでいい。

熊本 僕はそういうタイプではないけど、そういう役割を演じ切れるところがあるんです。いやらしいキャッチャーになったり。言葉責めとかしたり(笑)。でも、キャッチャーとして対戦したら、面白かったかも。

橋本 なんか、またランチでたくさんしゃべりたくなってきましたね。

熊本 そういえば、いつもランチだよね。仲のよい人は、ランチに行くことが多い。話したいことが決まっているから、ランチで済んじゃう。

橋本 そして幸運なことに野球界では僕は一年後輩ですから、ずっと甘えさせてくださいね(笑)。

熊本 あのなぁ(笑)。でも、フランクで構えなくて付き合える貴重な存在。これからもよろしく。同じキャッチャーだしね。

熊本浩志/Hiroshi Kumamoto
1975年生まれ。大学卒業後、東芝を経て起業し、amadanaを発表。社会人軟式野球クラブチーム『東京ヴェルディ・バンバータ』のGM兼監督の顔も持つ。

橋本知周/Tomohiro Hashimoto
1977年生まれ。大学在学中にアメリカに渡り、大リーグオークランド・アスレチックス傘下に捕手として入団。楽天、DeNA、ペイパルを経てPaidy入社。2019年から現職。

■連載「相師相愛」とは……
師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

過去の連載記事はこちら

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
相師相愛

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

TEXT=上阪徹

PHOTOGRAPH=河内彩

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる