MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.05.06

【松竹社長×チャコット社長】水泳をやっているからこそ通じ合う絆

どっしりとした親分肌の松竹代表取締役社長・迫本淳一と、初めて会ったときから「いいヤツ」だと思った!と語られるチャコット代表取締役社長・馬場昭典。水泳を通じて固い絆を交わすふたりのエピソードを紹介。連載「相師相愛」とは……

松竹代表取締役社長・迫本淳一(右)、チャコット代表取締役社長・馬場昭典(左)。

だから、通じ合える

迫本 初めてお会いした時は、オンワード樫山の社長時代。若いのに突っ張ったところがなく、物腰が柔らかくて、すぐに「いいヤツ」だとわかりました。

馬場 どっしりとした親分肌の経営者であり、同時に弁護士。たまたま同窓の方に縁の深い方がたくさんおられて、勝手に親近感を持ちました。

迫本 2023年歌舞伎座は新開場10周年を迎えますが、10年前の新開場の際に、ファッションブランド「五大陸」のプロモーションで5人の若手歌舞伎俳優をキャスティングしてもらって。その時に作ってもらったスーツを今日、着てきたんですよ。入るか心配だったんですが(笑)。

馬場 甘いものがお好きだとおっしゃっていましたね。どら焼きに目がないと。しかし、減量もしないといけない、と(笑)。

迫本 減量とリバウンドの繰り返しの人生なんです(笑)。

「仕事とは社会貢献だ」と語る迫本氏(右)。松竹が興行を担う歌舞伎座では、2023年5月2日より「歌舞伎座新開場十周年 團菊祭五月大歌舞伎」が上演される。2012年以来初めて、團十郎・菊五郎が揃うことでも話題に。

馬場 ちょうど6年前、イベントでお席が隣同士になって、水泳にお誘いいただいて。

迫本 私は中学の時、水泳の関東大会で優勝しているんです。60歳を過ぎて、マスターズに挑んでみたくなった。馬場さんが水泳のジュニアオリンピックに出ていたのは知っていたんです。五輪選手を何人も育てたコーチが教えてくださるんですけど、一緒にやりませんか、と伝えて。毎週月曜、朝6時半から。

馬場 中学2年からやっていませんでしたから、初日は本当にヘトヘトになったのを覚えています。その後の仕事では、手がプルプルしていました(笑)。

迫本 でもやっぱり才能はハンパなかった。伸び率が高くて驚いて。私より練習していないのに(笑)。それから20代など、新しい仲間も入ってきて、チームで動くようになって。

馬場 大阪や新潟、愛知など地方で大会があると前泊して、みんなでワイワイやりましたね。

経営者仲間でつくった水泳チーム「ケノビーズ」のメンバーで、2018年の新潟県マスターズ水泳競技大会に参加。左から、チャコット代表取締役社長・馬場昭典氏、俳優・舘野将平氏、松竹代表取締役社長・迫本淳一氏、東洋大学 水泳部コーチ・前川智久氏。迫本氏は男子65歳~69歳区分25m・50m自由形両タイトル1位を、馬場氏は男子50~54歳区分50m平泳ぎ2位を受賞。

迫本 楽しかった。20代の記録の伸び方は許せないけど(笑)。

馬場 でも練習の最後にものすごいパワーで泳ぐ迫本さんを見て、若い人は驚いているんですよ。どこからこの力が出てくるんだろう、って。

迫本 水泳って本当に苦しい。だから水泳をやっている人は通じ合えるものがありますよね。

馬場 今は隔週になりましたけど、練習を終えて、コーヒーを飲みながら、いろんなことを話している時間も好きなんです。

迫本 反省会という名の(笑)。もちろん仕事の話もするけど、こういう仲間はなかなかいない。

馬場 本当に感謝しています。

迫本 今後も続けましょう。

「人として心が通っている仕事」を心がけていると語る馬場氏(右)。バレエ・ダンス・フィットネス用品をはじめ、舞台用メイクから派生したチャコットコスメティクスの映えるカラーアイテム 「フェイスカラーパレット」など、数々のヒット商品を出し続けている。

馬場 水泳以外に、ゴルフでもご一緒するようになって。

迫本 飛距離を狙っている私からすれば、またこれが不愉快なんですけど、馬場さんはとんでもなく飛ばすんですよ(笑)。50ヤードくらい置いていかれたりして。ほんと、面白くない(笑)。

馬場 でも、スコアについては、いつも何も言われません(笑)。私は飛ばすだけなので。

迫本 よく隣のコースからまた打っていたりしますね(笑)。飛ばすけど、どこに行くかわからない。いつも4人で行って、ホールごとにペアを組むんですが、私と組んだときに限って、ボールがあっちの方向に行っちゃう(笑)。

馬場 緊張するんです(笑)。

迫本 でも最近、ちょっと修正したでしょ?

馬場 はい、オーバースイングを少し。

迫本 ほんと、いつも前向きなんですよね。馬力があるし、爽やかだし、ファイティングスピリッツがあって新しいことに挑戦していて、勉強になります。

馬場 大先輩から身に余るお言葉をありがとうございます。こちらこそ、たくさん学ばせていただいています。わからないことがあれば、必ず素直に聞かれる。こうと自分で決めたら、必ずやる。水泳だって、私一人だったら続けられたかどうか。

迫本 今後は食事に、旅行に、もっといろいろ一緒にやりたいですね。なかなかないご縁ですから、楽しみましょう。

迫本淳一/Junichi Sakomoto
1953年東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、松竹映画劇場入社。1990年、司法試験合格。三井安田法律事務所を経て、1998年に松竹顧問に。2004年より現職。2023年5月23日付で、代表取締役会長に就任予定。

馬場昭典/Akinori Baba
1968年東京都生まれ。東海大学卒業後、オンワード樫山入社。2011年に代表取締社長に。2018年よりチャコット会長に就任。2020年より現職。

■連載「相師相愛」とは……
師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相”師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

過去連載記事

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
相師相愛

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

TEXT=上阪徹

PHOTOGRAPH=河内彩

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる