MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.10.07

元楽天の“同志”、ベイシアとニアミーの経営者が描く、未来のビジョン

日本一「ありがとう」を言われるスーパーを目指すベイシア代表取締役社長・相木孝仁と、移動のシェアサービス事業を運営するNearMe(ニアミー)代表取締役社長・髙原幸一郎。お互いを“同志”と表するふたりのエピソードを紹介。【連載 相師相愛】

ベイシア代表取締役社長・相木孝仁(左)と、NearMe(ニアミー)代表取締役社長・髙原幸一郎(右)。

意外にも体育会系

髙原 楽天に入社したのは、海外で活躍したかったからでした。最初は国内事業を担当していたんですが、チャンスをもらえて。

相木 僕は当時、楽天の常務執行役員だったんですが、ちょっと難しいミッションのために人を探していたんです。優秀なだけではなく、人間力が必要でした。髙原さんに会ってみたら、とにかく「いいヤツ」で(笑)。

髙原 その印象、聞いたことなかったです(笑)。相木さんは役員ですから堅い人なのかなと思っていたら、やわらかい物腰で自然に自分の思いの丈を引きだしてもらえた。しかも、1ヵ月後に異動というスピードで。

相木 後に僕がトロントに駐在して、髙原さんはオハイオ州のクリーブランドに駐在。よく一緒に食事もしましたね。

髙原 ご自宅にもうかがって、奥さまの手料理をいただいて。手巻き寿司をよく覚えています。懐かしい日本食に加え、温かく迎えてもらえて、ほっこりしました。トロントで食べた旭川ラーメンもおいしかった。

相木 上司と部下というより、バディというか、同志という感じでしたね。僕はもともとせっかちなので、最初はいろいろ気になるんですが、髙原さんは最後にちゃんと帳尻を合わせてくる。そのバイタリティはすごいな、と思っていました。天才的に誰とでも仲良くなるし、助けたいと思われる。いろいろ僕も勉強させてもらっています。

髙原 照れくさいです(笑)。でも、バディと言ってもらえたのは、嬉しいです。僕が印象に残っているのは、とにかく愚直に真摯に物事に向き合われる姿です。この取材にしても、何を話すか、スマホにメモされていたでしょう。とにかく徹底して準備される。そういうところを、学ばせていただいています。

相木 いや、口下手でアドリブがきかないんですよ。

髙原 そんなことはまったくないですが、やっぱり物事をレベル高く達成することへのこだわりは強いですよね。背景には、スポーツがあるのかもしれないです。私は野球をやっていましたが、相木さんはテニスをされていて。やることをやったうえで次に行く、というマインドは共通項かもしれないですね。

相木 はい、体育会のテニス部出身です。

髙原 そうなんですよね。当たりはやわらかいんですが、実は体育会系だったりする(笑)。そして今もテニスをされていて。

相木 はい、実は取材の前もテニスをしていました(笑)

相木孝仁/Takahito Aiki(左)
1972年北海道生まれ。明治大学卒。NTT、ベイン・アンド・カンパニー、楽天常務執行役員などを経て、2022年ベイシア取締役副社長。同年7月より現職。
髙原幸一郎/Koichiro Takahara(右)
1978年東京都生まれ。シカゴ大学経営大学院卒。SAPジャパンを経て楽天に入社。海外のグループ会社で副社長やCEOを歴任。2017年にNearMe(ニアミー)を創業。

髙原 プロ経営者として、これだけのポジションにいながら、仕事もとことん追求して、テニスまでやっている。本当に尊敬します。

相木 小中高大、さらに実業団でもテニスをしていたんですが、24歳でピタリとやめたんです。ところが2年前に、もう一度、始めることになって。経営者でテニスをする人が意外におられるんですよ。ゴルフよりも、気軽に親睦を深められる。短時間でいいですからね。日本で一番テニスがうまい経営者を目指そうかと(笑)。

髙原 こんなに忙しいのに、メールもすぐに返事が戻ってくる。今も仕事で、さまざまにアドバイスをくださる。

相木 価値観が近い、というのもありますね。仕事を通じて、よりよい社会を作りたい、という思いとか、結果にこだわることとか、ファクトをしっかり見ることとか。話をしていると、やっぱり応援したくなるんです。

髙原 今、当社の社外取締役をお願いしていますが、スタートアップ企業でこんなに大きな会社のプロ経営者が社外取締役になっている会社はないと思います。いやもう、教えていただくことばかりで恐縮で。

相木 いや、価値観は近いけれど、僕とは違うところもあって、そこは大いに刺激になっているんです。アドバイスをしつつ、スタートアップ企業からもらっているものも多くて、僕の引き出しに入っていますよ(笑)。

髙原 ありがとうございます。また、ワインもご一緒させてください。久しぶりにバッファローチキンとかどうですか(笑)。

■連載「相師相愛」とは……
師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
相師相愛

師匠か、恩師か、目をかける若手か、はたまた一生のライバルか。相思相愛ならぬ、相“師”相愛ともいえるふたりの姿を紹介する。

TEXT=上阪徹

PHOTOGRAPH=太田隆生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる