MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.11.15

「日本シリーズは捕手のためにある」野村克也が後悔している“あの1球”

戦後初の三冠王で、プロ野球4球団で指揮を執り、選手・監督として65年以上もプロ野球の世界で勝負してきた名将・野村克也監督。没後3年を経ても、野村語録に関する書籍は人気を誇る。それは彼の言葉に普遍性があるからだ。改めて野村監督の言葉を振り返り、一考のきっかけとしていただきたい。連載「ノムラの言霊」22回目。

野村克也連載第22回/野球は9回二死から。勝負は下駄を履くまでわからない。

捕手・坂本、森、若月の日本シリーズ2023の「この1球」

2023年の日本シリーズは面白かった。

野球評論家は日本シリーズにおいて両チームに忖度したり、自らの予想が外れることを恐れて、以下のように話すことがほとんどだった。

「4勝3敗で〇〇の日本一。でも力は拮抗していて、▲▲の4勝3敗になるかもしれません」

しかし近年、「4勝3敗」シリーズは存在せず、今回は2013年の楽天(監督・星野仙一)vs巨人(監督原辰徳)以来、実に10年ぶりだった(ちなみに日本一は楽天)。

なかでも阪神の坂本誠志郎捕手、オリックスの若月健矢捕手、森友哉捕手の好リードは見ごたえがあった。

両チームとも、先発投手―中継ぎ投手―抑え投手の「勝利の方程式」が確立されていただけに、その持ち味を引き出すのは捕手のリードがあってこそだからだ。

日本シリーズ2023
オリックス 3勝 vs 4勝 阪神

第1戦 ●オリックス 0-8 阪神◯
第2戦 ◯オリックス 8-0 阪神●
第3戦 ◯オリックス 5-4 阪神●
第4戦 ●オリックス 3-4 阪神◯
第5戦 ●オリックス 2-6 阪神◯
第6戦 ◯オリックス 5-1 阪神●
第7戦 ●オリックス 1-7 阪神◯

阪神は第2戦で長坂拳弥捕手が途中出場した以外は、すべて坂本がマスクをかぶった。

正捕手・梅野隆太郎の戦列離脱後、坂本はペナントレースで84試合に出場し、「陰のMVP」との評価も高い。

過去3度ゴールデングラブ賞を受賞している梅野は2023年8月13日のヤクルト戦の死球で左手尺骨を骨折し、今季は72試合出場に終わった。

一方のオリックスは、昨年(2022年)まで捕手3人制を敷いていた。

若月健矢のほか、今季は頓宮裕真が一塁手にコンバートされて首位打者を獲得。伏見寅威は日本ハムにFA移籍。今季は西武から森がFA加入。

日本シリーズは第1・3・5・6戦に若月がスタメン出場、第2・4・7戦は森がスタメン出場と、ほぼ交互にマスクをかぶった。

“勝敗を左右した1球”となると、以下だろう。

第7戦、阪神のノイジーが宮城大弥のチェンジアップを捉え、値千金の先制3ランを放った。第2戦では同じ宮城からのチェンジアップを空振り三振していた。捕手はいずれも森だった。

第5戦、阪神の森下翔太は0-2の8回、宇田川優希の低めのストレートを捉え逆転2点三塁打。打たれた若月は森下をマークし、翌第6戦ではフォークで3打席連続三振に封じ込めた。

坂本のリードで言えば、第4戦3-3の8回、左脇腹痛などから139日ぶりに復帰した湯浅京己が二死一・三塁のピンチで中川圭太を149キロのストレートで抑えた。

自信を取り戻した湯浅は、翌第5戦は勝利投手となっている。

野球は9回二死から。勝負は下駄を履くまでわからない

野村はよく言っていた。

「日本シリーズは捕手のためにあると言っていい。1球の重みが全然違う。経験すると捕手のリードはガラッと変わる」

自身は1959年、1961年、1964年、1965年、1966年、1973年と計6度の日本シリーズを経験している。

なかでも1961年の「1球」を悔やんでいた。

日本シリーズ対巨人戦、南海(現・ソフトバンク)の1勝2敗で迎えた第4戦の9回二死。

あと1球で勝利というところでジョー・スタンカにカウント1ボール2ストライクから、真ん中低めにチェンジアップのサインを出した。

いいコースに決まり、「やった、勝った!」と思った捕手・野村は一瞬、腰を浮かした。

「ボール!」。円城寺満球審の判定は変わらない。エンディ宮本(宮本 敏雄)に逆転サヨナラ打を浴び、この敗戦が響いて南海は2勝4敗で巨人の後塵を拝すのである。

「野球は9回二死から。勝負は下駄を履くまでわからない。身をもって感じたよ」

「この1球」を野村は教え子に伝えてきた。

古田敦也(ヤクルト)は1992年(西武戦)、1993年(西武戦)、1995年(オリックス戦)、1997年(西武戦)、2001年(近鉄戦)と計5度の日本シリーズに出場。

特に1992年と1993年、森祇晶の教え子である伊東勤との「捕手対決」は見ごたえがあった。

野村は「2人も好捕手に間違いないが、古田のほうが内角をうまく使う」と評していた。

矢野燿大(阪神)は2003年(ダイエー、現・ソフトバンク戦)、2005年(ロッテ戦)の日本シリーズに出場。

「野村監督は僕を捕手として大きく成長させてくれた。配球のために、考える。感じる。根拠を持つ。準備する。結果として『根拠のあるサイン』を出すのです」と矢野は感謝の言葉を並べた。

嶋基宏(楽天)は2013年(巨人戦)に出場して、球団を創設以来初の日本一に導いている。

「嶋には『困ったら外角低目』と伝えてきたが、日本シリーズを経て、内角を巧みに使えるようになった」と野村は評価していた。

日本シリーズを経験した好捕手たちの配球論

野村自身の配球論とは「1つを意識させておいて、それ以外の意識を希薄にさせること」にある。それは「1ペア単位」で成り立ち、具体的には内外角、高低、左右、緩急だ。

谷繁元信(横浜→中日)は計6度の日本シリーズに出場している。谷繁の配球論はこうだ。

「1番打率の低いエリア(例えば外角低め)の確率をさらに下げるために、(周囲の)ほかのエリアに投げさせる。ほかの球種を投げさせる」

村田真一(巨人)は計4度の日本シリーズ出場を果たした。

村田の配球論は「1巡目は慎重に、2巡目は大胆に、3巡目はまた慎重に。困ったときは投手の1番いい球」。

2023年、日本シリーズ初出場を果たした坂本誠志郎と森友哉。2024年以降のさらなる飛躍が楽しみである。

まとめ
基本的に最大7戦の短期決戦の日本シリーズ。143試合あるペナントレースとは違い、「1球」で戦局がガラリと変わってしまうこともあり、無責任なサインは出せない。野球に限らず、真剣勝負の檜舞台を経験すると、人間は大いに飛躍する。

著者:中街秀正/Hidemasa Nakamachi
大学院にてスポーツクラブ・マネジメント(スポーツ組織の管理運営、選手のセカンドキャリアなど)を学ぶ。またプロ野球記者として現場取材歴30年。野村克也氏の書籍10冊以上の企画・取材に携わる。

この連載をもっと読む

連載
【野村克也】ノムラの言霊

戦後初の三冠王で、プロ野球4球団で指揮を執り、65年以上もプロ野球の世界で勝負してきた名将・野村克也。今こそ、改めてその言葉を振り返り、一考のきっかけとしてほしい

TEXT=中街秀正

PHOTOGRAPH=毎日新聞社/アフロ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる