MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

PERSON

2023.08.11

【加藤浩次×サカナクション 山口一郎】今、北海道で3日間自由と言われたら、何する?

笑いと音楽。ジャンルも年齢も違うふたりを結びつけたのは、生まれた小樽という土地だった。故郷の思い出話に、花が咲く。【特集 北海道LOVE!】

加藤浩次氏とサカナクション 山口一郎氏
山口さんのアトリエにあるのは写真家・松江泰治さんが撮影した札幌の雪景色『SPK 44134』。この中にかつて山口さんが暮らした家も写っている。インテリアデザイナー片山正通さんからの贈り物。©TAIJI MATSUE Courtesy of TARO NASU

「同郷じゃなかったら、こんなに仲良くなっていなかった」

ともに北海道・小樽市出身のふたりは、現在ラジオ番組で共演中。お互いから故郷を感じるのか、力の入らないリラックスしたやりとりが人気だ。札幌の放送局STVラジオで制作されているこの番組『加藤さんと山口くん』は、スタジオで収録せず、ピンマイクをつけただけのふたりが、街を歩いたり酒を飲んだりしている様子がそのまま流れている異色の番組だ。

時にふたりは「マイクがついていることも忘れる」というほどリラックスして時間を過ごしている。今回ゲーテはその収録に同行、なぜか東京湾で夜釣りに出る、その前のふたりに話を聞いた。

山口 同郷じゃなかったら、僕らこんなに仲良くなっていなかったかもしれないですね(笑)。

加藤 道外の人は“北海道”でくくるけど、北海道ってだいぶ大きいですからね。でも僕ら、小樽まで一緒なんでね。

山口 小樽って、港町だからか、加藤さんみたいな豪快な人が多い気がします。

加藤 豪快っていうかさ、札幌の隣で、どっか小樽の人は感じることがあるわけ。小樽だって昔はすごかったんだぞ! って。その矜持(きょうじ)があるから。

山口 ニシンいっぱい取れたんだぜ、鉄道の開通だって早かったんだぜ、みたいな?

加藤 そう、それは親の代から俺ら聞かされているから。

加藤浩次氏
極楽とんぼ 加藤浩次/Koji Kato
1969年北海道生まれ。1989年山本圭壱とともにお笑いコンビ「極楽とんぼ」結成。『がっちりマンデー!!』(TBS系)『極楽とんぼの週末極楽旅』(BS日テレ)などにレギュラー出演中。

――このあと、おふたりは東京湾で夜釣りに行くそうですが。

加藤 俺、釣りってあんまり好きじゃないんだけど。

山口 それはいつもTV番組とかでやらされているからでしょ。僕は船の上で加藤さんを放っておくので、自主的にやってみてくださいよ、絶対ハマるから!

加藤 そもそも小さい頃から海は危ないからって言われて育ってるじゃん、俺たち。

山口 まぁ、それはそうですよね。海とか海水浴って東京の人たちからしたら、アクティブな、それこそパリピっぽい印象がありますけど道民からしたら、ストイックでしかないですから。

加藤 まぁ小樽だって2週間くらいは海水浴できるけどね。

山口 でも寒中水泳くらいの気持ちでしょ? パリピ感はない!

加藤 そういえば学校にプールもなかったからな。

山口 うちはありましたよ! でも水泳の授業より、スキーの授業のほうが覚えているな。

加藤 僕も天狗山のスキー場はシーズン券持っていましたから。おにぎり2個持って行ってたな。

山口 スキーの時、タオルの真ん中に穴あけて被ってTシャツの中に入れてませんでした?

加藤 何それ?

山口 汗かいて寒くなるからタオルに汗を吸ってもらうように。で、タオルを抜くと、Tシャツは濡れてないっていう。

加藤 そんなことしたか?

山口 え? これ天狗山あるあるじゃないんですか(笑)?

サカナクション 山口一郎氏
サカナクション 山口一郎/Ichiro Yamaguchi
1980年北海道生まれ。2007年5人組バンド「サカナクション」としてデビュー。ほとんどの楽曲で作詞作曲を手がける。著書に『ことば 僕自身の訓練のためのノート』(青土社)がある。

大人の北海道はこれから開拓!

――もし今、3日間北海道で自由に過ごしてくださいと言われたら、何をしますか?

加藤 行ったことのない所へ行きたいです。北海道は大きいから知らない場所のほうが多い。奥尻島(おくしりとう)とか焼尻島(やぎしりとう)とかいいな。

山口 焼尻島、島の3分の1が原生森ですって。

加藤 いいね。確かサフォークっていう種類の羊が有名だよね。

山口 僕は3日あったら…… 層雲峡(そううんきょう)に3日いるかなぁ。北海道って大きいから、移動で1日潰れるでしょう。3日しかないなら、層雲峡でゆっくり風呂入って、だらだらして、帰りに札幌でご飯食べるってコースかな。

加藤 まぁ現実的だな(笑)。

山口 僕ら、北海道に暮らしていた頃って若くてお金がなかったので贅沢したことないんです。だから大人の北海道の楽しみ方はこれから知っていきたいです。

加藤 俺も19歳で東京来たから。でも家族ができて、北海道をドライブしたことはあった。紋別で飛行機降りてクルマ借りて、知床、層雲峡行って、旭川で旭山動物園行って。で最後に小樽まで行った。

山口 時間かかりません?

加藤 数日かけて泊まりながら。それにクルマで走るの気持ちいいよ。直線が多いし、信号も少ない。時間ある人は、ゆっくりクルマで移動したらいいよ。

――改めて道外、海外の人に北海道の魅力を伝えるとしたら?

加藤 海外の人がたくさん来てくれて、北海道のブランドがどんどん上がっていくことはいいと思います。ホテルとか企業も入ってきていますよね。そして北海道をビジネスの場にと考えているのは、ほぼ内地(本州)の企業でしょう? 今僕、敢えて内地と言いましたけど。北海道の魅力を、内地とか海外の人に発見してもらって、僕らに教えてほしい。なぜなら北海道の人って、それを当たり前だと思ってしまっているからね。気がついていない部分がある。

山口 あと、知ってほしいのは、北海道、思ってるより大きい。

加藤 そう。天気予報の日本地図は北海道がデカすぎてバランスが悪いから、縮小してるって噂もあるくらい。まずは内地の人に縮尺から知ってほしい!

釣りをする加藤氏と山口氏
対談後、ふたりは山口さん所有の船で東京湾へ夜釣りへ。小樽でもよく釣りをしていた山口さんに連れられて、加藤さんも真剣な表情。この海の向こうに遠く北海道を感じたとか感じなかったとか……。

KATO's Recommended Restaurant&Place in Hokkaido 2選

小樽|小樽なると屋
「鶏の半身の素揚げがとても美味しくて、帰ると必ず寄っています。僕のなかで、小樽の店ならここ一択ですね!」

※小樽を始め、北海道各地に展開。

小樽|料亭湯宿 銀鱗荘
「小樽湾が一望できる名旅館。数年前に泊まって、すごくよかった。小樽は海沿いの景色が基本的にすべて美しいんです」

住所:北海道小樽市桜1-1
TEL:0134-54-7010

YAMAGUCHI's Recommended Restaurant&Place in Hokkaido 7選

小樽|寿司和食しかま
「同級生の女性が営むお店。学生時代僕は、彼女と付き合っていると思っていましたが、番組で聞いたら『付き合ってないよ』と(笑)」

住所:北海道小樽市花園1-2-5
TEL:0134-25-4040

小樽|おたる政寿司 本店
「銀座や新宿にも店舗を出していますが、やっぱり本店は違う! 小樽に帰ったら絶対に行くお店のひとつです」

住所:北海道小樽市花園1-1-1
TEL:0134-23-0011

札幌|肴や
「5年くらいここでアルバイトをしていました。めちゃくちゃ魚が旨い居酒屋です。素材が最高。先日も行ってきたばかりです」

住所:北海道札幌市中央区南4条西1丁目 M's仲町1F
TEL:011-272-5001

札幌|らーめん 信玄 南6条店
「今は長蛇の列ができる人気店ですが、人気になる前から僕は行ってます! ここでラーメンを食べてクラブに行くのが定番コース」

住所:北海道札幌市中央区南6条西8-8-2
TEL:011-530-5002

札幌|屋台料理CAMCAM
「タイ料理レストランですが、ここでも僕は以前アルバイトをしていました。札幌のカッコいい若い人たちが集まるいい場所です」

住所:北海道札幌市中央区南2条西7-2-1
TEL:011-271-4449

札幌|プレシャスホール
「ハウスやテクノミュージックがかかるとてもいいクラブです。信玄でラーメン食べた後には、必ずここに行きました」

住所:北海道札幌市中央区南2条西3-13-2 パレードビル B2
TEL:011-200-0090

札幌|ディナーベル
「24時間営業のスーパーで札幌に数店舗あります。すすきので働いていた時は、ここが憩いの場所でしたね」

ラジオ『加藤さんと山口くん』

北海道ローカル局STVラジオにて放送中の番組。小樽出身のふたりが北海道愛を語りつつ、東京ではスタジオ以外の場所で遊んでいる際の会話を収録。普段から仲のよいリラックスした雰囲気が人気を集めている。

STVラジオ 日曜9:30~10:00

スキー場の加藤氏と山口氏
STVテレビとも連動した『加藤さんと山口くん』の収録でふたりで小樽に里帰りをしたことも。天狗山スキー場で滑るのは子供の頃以来。
小樽駅に立つ加藤氏と山口氏
小樽駅で集合するふたり。
旭展望台に向かう加藤氏と山口氏
港と市街地を望める旭展望台に向かうもこの日は雨。

【特集 北海道LOVE!】

この記事はGOETHE2023年9月号「総力特集:北海道LOVE!」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=片桐史郎

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる