MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.08.12

札幌人に聞いた、絶対食べるべき偏愛グルメ9選

地元の人が通う札幌の旨い店。カウンターに座れば、北海道への思いが溢れてくる。今回はゲーテ編集部が聞きこみ調査した札幌人の偏愛9品を紹介する。【特集 北海道LOVE!】

札幌人の偏愛9品

1. スープカレーを超える名物サラサラカレー
カリーハウスコロンボ

サラサラのカレールーに、ラード100%の油で揚げたサクサクのカツがのったカツカレーを求めて昼時は札幌人が殺到するこのカレーハウス。1973年開業、札幌初のカレー専門店として母娘2代にわたり営んでいる。水曜日限定の「煮込みハンバーグカレー」も人気で、札幌人の間ではカツ派かハンバーグ派かで分かれるのだという。ルーはお代わり自由というのもニクい。

カリーハウスコロンボのカレー
カツカレー¥1,100、たまごトッピング¥80。
カリーハウスコロンボの店内
カリーハウスコロンボ
住所:北海道札幌市中央区北4条西4丁目 札幌国際ビルB1
TEL:011-221-2028
営業時間:月~金曜11:00~20:30/土・日曜、祝日11:00~19:00
定休日:第4日曜

 

2. ガッツリ系からスイーツ系まで、行列ができるサンドウィッチ
札幌サンドリア本店

サンドウィッチが常時30種類以上、365日24時間営業で、札幌人の心とお腹を満たしてくれるのが、創業45年の老舗のサンドウィッチ店。一番人気は、卵がつまったダブルエッグサンド。ガッツリいきたければカツサンド、甘いものならフルーツサンドと気分に合わせて選べる。

サンドリアのサンドイッチ
左から、フルーツサンド¥250、ダブルエッグサンド¥250、トンカツサンド¥340、ストロベリーアップルサンド¥290。

札幌サンドリア本店
住所:北海道札幌市中央区南8条西9-758-14
TEL:011-512-5993
営業時間:24時間
定休日:無休

 

3. 名店の味を進化させた激旨味噌ラーメン
麺屋 彩未

豚の骨、しいたけ、昆布、にぼし、鶏の足などからとったスープに味噌の風味が濃厚な味噌ラーメン。札幌の人気店「すみれ」の数少ない公認店で、その味を継承しつつ、独自のスープで進化を遂げる。コマ肉のチャーシューがゴロゴロ入っていて、さらに麺にはひき肉がからみつく。ラーメン激戦区の札幌で「彩未派」といえば、札幌人から一目おかれるというほど、道民誰もが支持する味。

彩未の味噌ラーメン
味噌ラーメン¥900。
彩未の店内
麺屋 彩未(さいみ)
住所:北海道札幌市豊平区美園10条5-3-12 1F 
TEL:011-820-6511
営業時間:火~木曜11:00~15:15/金~日曜11:00~15:15、17:00~19:30 
定休日:月曜・不定休

 

4. 三度揚げにこだわった絶品ザンギ
中国料理 布袋 本店

しっかりした濃い味をつけて揚げられる唐揚げ「ザンギ」は道民のソウルフードのひとつ。なかでも創業25年の町中華「布袋」の「ザンギ定食」は、連日長蛇の列ができる人気の一品。それぞれ温度を違えた油で3度も揚げ、カラッと感が追求されたこの巨大なザンギが4つ。ピリ辛の麻婆豆腐とザンギで白飯を交互にかきこむ体験は、食事というよりもはやエンタテインメントだ。

布袋のザンギ
ザンギB定食¥990。
布袋の店内
中国料理 布袋(ほてい)本店
住所:北海道札幌市中央区南1条西9-1-3
TEL:011-272-4050
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00 
定休日:水曜

 

5. 北海道神宮内限定の「判官(はんがん)さま」とは!?
六花亭 神宮茶屋店

北海道土産定番スイーツの六花亭が、北海道神宮内の茶屋のみで販売しているのが、この「判官さま」。外はパリッと焼き上げられた蕎麦粉を含んだモチモチの餅の中に、上品な甘さのあんこが。北海道の開拓使判官「島義勇(しまよしたけ)」にあやかって、「判官さま」と呼ばれている。参拝の折に、焼き立てをその場でほおばるのが、札幌人の神宮での流儀だとか!?

六花亭の判官さま
判官さま¥110。

六花亭 神宮茶屋店
住所:北海道札幌市中央区宮が丘474-48 
TEL:0120-126-666 
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休

 

6. 30余年愛される店の新定番牛タン炒飯
北福仁

創業36年、開業当時札幌では珍しかった牛タン専門店。親子2代で営まれるこの店で今、人気のランチが「牛タン炒飯」。スープとセット¥900で、細切れの牛タンがたっぷり。これが炒めた飯に合わないはずがない。牛タンの歯応えを感じながら、炒飯をほおばり、テールスープで流しこめば、札幌人の昼の充電は完了。もちろん夜は単品でも用意があるので酒のツマミにもオツだ。

北福仁の牛タンチャーハン
牛タン炒飯セット¥900。
北福仁の店内
北福仁(きたふくじん)
住所:北海道札幌市中央区南1条西7-1 ビルヂングフクダ B1
TEL:011-251-1819
営業時間:11:30~14:00、17:30~22:30
定休日:日曜、祝日

 

7. 伝説のバーテンの意志を受け継ぎしカクテル
BARやまざき

札幌初のオーセンティックバーを築き、バーテンダーとして数々のタイトルを獲得、95歳までカウンターに立った伝説のバーテンダー山崎達郎さんの店。シグネチャーカクテルはウォッカベースの「サッポロ」。ジュネーブで山崎さんが大賞を勝ち取った1杯だ。好みを伝えればメニューにない特別オーダーも可能。札幌人たちはこのバーを経て、大人の嗜みを身につけるのだとか。

BARやまざきのカクテル
左:特別オーダー価格未定、右:サッポロ¥1,760。
BARやまざきの店内
BARやまざき
住所:札幌市中央区南3条西3丁目 克美ビル4F
TEL:011-221-7363
営業時間:18:00~翌0:30
定休日:日曜

 

8. 居酒屋でかぶりつく北海道生まれの骨付鶏
骨付肉専門 徳太郎

札幌で長年営まれてきた酒屋、「鈴木徳太郎商店」が8年前に始めたのがこの居酒屋。ここでは道産の雛鳥の半身を鶏油でパリッと焼き上げた「骨付鶏」が人気だ。塩こしょうとガーリックのシンプルな味つけが、鶏そのものの旨みを引きだし、酒が進む。平日でも早い時間からこの鶏と酒を求めて多くの札幌人が訪れ、深夜まで空席を見つけるのが難しい人気店。

徳太郎の骨付鶏
骨付鶏¥990。
徳太郎の店内
骨付肉専門 徳太郎
住所:北海道札幌市中央区南4条西3丁目 キタコーS4ビル1F
TEL:011-261-1129
営業時間:月~木曜17:00~翌1:00、金・土曜17:00~翌3:00、日曜・祝日17:00~24:00
定休日:無休

 

9. 炭火で焼き上げる香り高きジンギスカン
炭火焼倶楽部

アイスランド産の羊「サフォーク」を、炭火で焼いていただくジンギスカン。この店では1頭から、ほんの少ししか取れない羊のヒレ肉も味わうことができる。海辺で育った羊の肉は、海風を浴びて柔らかく、それを炭火で香りをつけながら焼いていく。北海道にいながら、同じ北国アイスランドを思うひと品。ジンギスカンを食べて育ってきた舌の肥えた札幌人たちが、日頃食べているのが、この味だ。

炭火焼倶楽部のジンギスカン
道産のたまねぎと相性抜群! 生ラムジンギスカン¥750。
炭火焼倶楽部の店内
炭火焼倶楽部
住所:北海道札幌市中央区北10条西14丁目 JR桑園駅イーストプラザ内
TEL:011-271-8088
営業時間:月~金曜17:00~24:00、土・日曜・祝日16:00~23:00
定休日:水曜

【特集 北海道LOVE!】

この記事はGOETHE2023年9月号「総力特集:北海道LOVE!」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=池田直俊

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる