MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.04.14

【西野亮廣】娯楽・情報がどんどん細分化する時代、「新規顧客」はどこにいる?→「“目の前のお客さん”の隣にいる!」

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。(こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです)

今日は『いよいよ最新刊の発売が迫ってまいりました』というテーマでお話したいと思います。

【連載「革命のファンファーレ2~現代の労働と報酬」】

第89回 SNSの中にも、看板の前にもいません。皆が親指を使ってスマホでピコピコやっている間に、とことん足を使います。

西野亮廣

スタートは「広さ」よりも「深さ」を取る

2023年4月16日(日)の朝に、紀伊国屋書店 新宿本店さんで、『夢と金』のサイン会が決まりました。発売日が「4月19日」なので、発売日よりも3日も早く『夢と金』をゲットできるチャンスだったりします。(※整理券は完売しています)

幻冬舎さんからは「参加者を500人にして、『手渡し会』にしますか?」という選択肢も用意していただいていたのですが、『手渡し会』だと、たくさんの方に届くかもしれませんが、一方で、コミュニケーションをとれる時間が本当に短くなってしまうので「300人限定のサイン会にさせてください」とお願いしました。

さて。
『毎週キングコング』を観ていただけると分かりますが、YouTubeにドップリ浸かっている人はYouTubeのことしか知らないし、僕は僕でテレビの人気者を知らないし、ほとんどの人は「東京ドームでライブをしているアーティスト」の曲を一曲も知らない。

僕らが知っているのは「友達まわりで流行っているもの」で、これだけメディアや娯楽が増えた今の時代は「応援してくれる仲間(セカンドクリエイター)」が、より大きな意味を持つようになりました。

サイン会に来てくださったお客さんが、友人に『夢と金』を薦めてくれるのが一番で、そう考えた時に、“スタートの人数”が少なくなったとしても「西野亮廣を応援しよう」と思ってもらった方が遥かにイイ。
そんなこともあって、「手渡し会」ではなくて、「サイン会」にさせていただきました。

これは、「本屋さん」に対してもそう。
以前、どこかで、お話しさせていただきましたが、今回は『キンコン西野のサイン本屋さん』で、『夢と金』のサイン本を出してません。
いつもなら、「数ヵ月前からサイン本の予約をとって、発売日に一気に数千冊を送る」ということをやっていたのですが、今回は無し。
#新刊のキャンペーンが落ち着いたら始めると思いますが

理由は「本屋さんに足を運んでもらう為」です。
Voicy等で「サイン会やりまーす! 来てくださーい! サイン会の整理券はコチラのリンクからゲットしてくださーい」とアナウンスしているわけですが、サイン本を300冊届けるだけならば、自分のECサイト(キンコン西野のサイン本屋さん)のリンクを貼って、そちらにお客さんを誘導した方が てっとり早いどころか、もっともっとたくさんのサイン本を届けることができる。

ただ、それだと本屋さんは「西野亮廣を応援しよう」とならない。
本屋さんは世の酸いも甘いも知っているので、「西野は自分のECサイトで販売できるのに、わざわざ本屋を経由してくれている」ということは勿論分かっています。
そこに気づいてないわけ無いんですね。
だから「西野亮廣を応援しよう」となる。

新規顧客はどこにいるか?

仕事柄、いろんな業界を越境していますが、世界は僕らが想像していた以上に分断が進んでいます。

日本の場合だと、幅を利かせている(世代を越えて皆が知っている)のは“インターネット前の覇者”で、具体的に言うと1990年代後半のチャンピオンがファンとファンの子供を巻き込んで今もビッグヒットを飛ばしています。
(映画だと『ドラゴンボール』『るろうに剣心』『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』『SLAM DUNK』…などなど)。

インターネット後は娯楽・情報が細分化し、Web2後には更に細分化。
方々で散々言われていることですが、「皆が知っている○○」は消えて無くなりました。

こんな時代の「新規顧客」は一体どこにいるのでしょうか?

これは全サービス提供者が向き合わなければいけない事柄で、まわりくどいのが嫌いなので結論を言っちゃうと、『新規顧客は“目の前のお客さん”の隣にいる』です。
新規顧客はSNSの中にはいません。
新規顧客は看板の前にもいません。
現代の新規顧客は「目の前のお客さんの隣」にヒッソリといます。

なので大切なのは「目の前のお客さん」のハートを掴みきることで、目の前のお客さんのハートを掴まないかぎり広がっていきません。
そういう目で西野が仕掛ける『夢と金』の販促活動を見ていただけると、いろいろと合点がいくかもしれません。

皆が親指を使ってスマホでピコピコやっている間に、とことん足を使って、会いに行って、マンツーマンで惚れさせてやろうと思っております。
応援宜しくお願いいたします。
やるぞーー!!!
現場からは以上です。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』がAmazonで予約受付中! コチラから

※予約早々、Amazonランキング書籍総合1位になった話題の一冊です。
※2023年4月19日発売予定

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
4月21日(金)に神奈川、
4月23日(日)に沖縄、
4月24日(月)に愛知、
4月30日(日)に静岡、
5月13日(土)に静岡、
5月19日(金)に東京、
5月20日(土)に兵庫、
5月21日(日)に愛知、
5月28日(日)に宮崎、
6月02日(金)に大分、
6月03日(土)に大阪
6月25日(日)に愛知で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事