MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.12.04

英国人に言われた英語“Go to jimjams store.”ってどこ? ジャムの店?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者のお話、第225回。連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは

Illustration=Norio

イギリスのスラングが示す、ある日用品とは

最近、これまで使ってきた寝巻きがしっくりこなくなってきました。

あまり着なくなった普段着を寝巻きに下ろすスタイルを長年とってきたのですが、そもそもその服は寝るために作られているわけではないので、なんだか重く、そして締め付けを感じるようになりました。単に、体力がなくなってきたのと、太ってきたのが理由だと思われます。

そんな話を日本語ペラペラのイギリス人にしたら、こう言われました。

Go to jimjams store.

「Jimjamsストアに行け」、そう言っています。ジムジャムズの店ってなんでしょうか。ジャムのこと?

こっそり英和辞書をひいてみたら、「ひどい神経過敏」と出てきました。ひどい神経過敏の店、とはなんなのでしょうか。もう全然意味がわかりません。

「ああ、ごめん。jimjamsってpajamasのことだよ」

そのイギリス人はそう言いました。けれどpajamasのところがネイティブなのでめちゃくちゃ発音がよく「ピジャーマス」と聞こえて、これもまた意味がわかりませんでした。

Jimjams=パジャマ

「パジャマ」とカタカナ発音に言い換えてもらって、やっと意味がわかりました。

「ジムジャムズ」とは、たしかに「ひどい神経過敏」という意味の言葉ですが、その意味とは別に、イギリスのスラングで「パジャマ」を示すそうです。同じ単語で意味の振れ幅が大き過ぎるような気がします。

調べてみれば語源は定かではないものの、子供達の言葉から来ているのではないかということ。パジャマの「ジャマ」の部分が「ジャム」になったということでしょうか。

スラングですが、ちゃんとケンブリッジの辞書に載っていて、例文はこのようになっていました。

By six p.m. I was already in my jimjams.(18時で、私はすでにパジャマだった)

イギリスには「Jimjams」というチョコレートジャムが!

ちなみに、最初、私はJimjamsをジャムかと思いましたが、これはあながち間違ってもおらず、イギリスのスーパーでは「Jimjams」というチョコレートジャムが売っています。

イギリスでは毎年2月後半から3月前半にかけて「パンケーキの日」があり、その日に近くなるとDon’t forget the Jimjams for pancake day.(パンケーキの日に、ジムジャムを忘れないで)とCMが流れるみたいです。パンケーキにチョコレートジャム、絶対美味しいですが、ますます寝巻きのウエストがきつくなる気がします。

そのイギリス人に言われたとおり、「jimjams store」に行くべく、最寄りのジェラートピケを覗きましたが、可愛らし過ぎて手を出せず、結局スーパーの衣料品売り場で叩き売られていたパジャマを買いました。軽くてふわふわなJimjams、とっても寝やすいです。

連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……
35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる