MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.06.26

彼氏とのノロケで出てきた英語、“Peevish”“Peckish”の意味って?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者のお話、第202回。連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……

Illustration=Norio

「彼がパケッシュで、ピービッシュになるから、彼女が太る」とは

英語がペラペラの韓国人の友人に、最近新しいボーイフレンドができました。
SNSのメッセージで、ノロケ話を聞いているうちに、こんな一文が送られてきました。

Sometimes, he becomes peevish because he is peckish.

Peevish(ピービッシュ)もPeckish(パケッシュ)もわかりませんのでこのメッセージが何を言っているのか、予想することすらできませんでした。

その後、彼女は「だから家にいる時はなるべく料理を作ったり、お菓子を置いておくようにしているから、私も太っちゃった」というようなことを言っていました。

「彼がパケッシュで、ピービッシュになるから、彼女が太る」とは一体何事でしょうか。

調べてみたらこういうことでした。

peevish=不機嫌になりやすい人
peckish=小腹が空いた

小腹が空くと不機嫌になりやすい彼氏……若干不安な気持ちになりましたが、恋は盲目ということなのか、彼女は「料理をしないといけないから忙しいの」と幸せそうでした。

このカップルのことは置いておいてもpeckish(小腹がすいた)という単語、かなり使えそうです。

「お腹が空いた」をI’m hungry.以外で言いたい

よく言うI’m hungry.は、お腹がすいたレベルでいえば80〜100%、I’m peckish.だと、だいたい40~50%くらいの印象なのだそうです。ケンブリッジの英英辞典にはこのような例文がありました

By ten o'clock I was feeling peckish, even though I'd had a large breakfast.

(朝ご飯をたくさん食べたにもかかわらず、10時までには小腹がすいていた)

I’m hungryと言うほどではないけど、「なにかつまみたいくらいには、お腹が空いた」という感じでしょうか。
ちなみにこの「ちょっとお腹すいたかも」という言い方は、英語にはいろいろあり、スラングですが、このようにも言えるそうです。

I am a little snacky.
I am a little munchy.

snackyはスナックと言っているとおり「お菓子でもつまみたい感じ」にお腹が空いていること、munchyはmunchという「噛む」に近い意味の動詞からきていて、「なにか口に入れて噛みたい」くらい、まぁ口寂しいということでしょうか。

逆にめちゃくちゃお腹が空いている時、ネイティブの人がよく言うのがI’m starving.です。
starvingは餓死という意味もあるので、「もうお腹空いて死にそう!」くらいの時に言います。I’m starving.と言えば、I’m very hungry.と言うより、英語にこなれている感を演出できそうです。

ちなみに以前ハワイ出張の際、お腹ぺこぺこではなかったものの、どうしても名物のガーリックシュリンプを食べてみたくて、レストランで一皿頼んだことがあります。
その際、お店の人がサービスして大盛りを持ってきてくれてしまったため、一人でお腹がはち切れそうになりながらガーリックシュリンプを食べたことがあります。

I’m peckish.という言葉を知っていれば、そんなことにはならなかったかもしれないなと思いました。

でもまぁ、peckish(パケッシュ)は発音が難しいので、おそらく言ったとしても通じなかったでしょうから、そういう時はシンプルにI am a little hungry.とか、I’m not so hungry.と状態を伝えて「でも食べたい」と言えばよかったのかもしれません。

過去連載記事

連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……
35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

2023年1月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2023年11月25日に発売となる。総力特集は、ニッポンのSAKE。日本だから楽しめる、日本人でよかったと心底思えるお酒を探っていく。そのほか、エグゼクティブのための究極のゴールドウォッチを紹介! ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる