MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2024.02.02

“四川料理がもっとも四川料理らしかった”黄金期を味わえる、浅草「四川料理 巴蜀」

今、日本の中国料理の躍進を支えているのはその神髄を愚直なまでに深掘りする料理人の存在だ。東京・下町の浅草で、強烈な個性を放つ「四川料理 巴蜀(はしょく)」とは――。【連載 仕事に効くレストラン】

巴蜀の魚の自家製豆板醤煮込み
魚の自家製豆板醤煮込み(料理は¥13,200のコースの一例、2名分)。空豆と唐辛子と塩と麹を使って発酵させた豆板醤を使った魚料理。辛味、酸味、旨味がしなやかに絡み合う。

四川の“黄金時代”に着目した料理が満載

文化とはその時代や地域性を映す鏡のようなものであり、料理の歴史を紐解けば、人間の知恵や創造の根源に触れることができる。そうした考えのもとに中国料理の世界を探求し続けるのが「四川料理 巴蜀」の荻野亮平シェフだ。

中国料理のみならず、学びを深めるために福建料理にルーツを持つ台湾料理店でも修業を積んだ。福岡に店を構えて15年目に上京を決意したのは、単に東京で勝負をしたいという思いだけではなく、中国料理研究の新たな一歩を踏みだすためだ。

これまで取り組んできたテーマのひとつが1980年から2000年の“四川料理の黄金期”にフォーカスすること。「四川料理がもっとも四川料理らしかった時代」を掘り下げると同時に、先人の“知恵の泉”である発酵文化にも着目。専門的な知識を料理に取り入れたいと、春からは大学に通い、発酵を学ぶというからその勤勉さに頭が下がる。

昼夜ともにコースのみの提供で、発酵調理に重点をおいた料理も多数。香辛料を合わせた塩水に漬け、桜チップで燻(いぶ)してから揚げるスモークダックなど、知識と経験に裏打ちされた逸品も。

心技一体で突き進む求道者から目が離せない。

四川料理 巴蜀/Shisenryori Hashoku
住所:東京都台東区浅草6-5-3 
TEL:090-6975-2371
営業時間:11:30~13:30(最終入店)、18:00~20:00(最終入店) 
定休日:日曜、祝日 
座席数:テーブル20席
料金:ランチコース¥6,600~、ディナーコース¥13,200・¥22,000

この連載をもっと読む

連載
仕事に効くレストラン

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=大谷次郎

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる