MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.08.17

なぜ、余市のワインが今、世界で注目されているのか?

日本ワインの飛躍が目覚ましい。なかでも年々、注目度が高まっている産地が、北海道。地形と気候に恵まれた「ワインの神に愛された土地」が最注目エリアだ。今回は、ワインでの町おこしを掲げてきた余市の「ドメーヌ・タカヒコ」を訪れた。【特集 北海道LOVE!】

余市のワイン畑

世界が認めたワイナリー「ドメーヌ・タカヒコ」が牽引する、余市産ワインの未来とは

2023年秋、余市町で開催される「La Fêtedes Vigneronsà YOICHI」。参加者がワイナリーやブドウ農園をめぐる“農園開放祭”の一般チケットは、ネットで発売が開始されるなり、たった2分でソールドアウトとなった。大手エアラインがツアーを組み、海外からそのために訪れる人も。

余市のワインが今、いかに注目を集めているかがわかるが、これほどまでにワインラバーを夢中にさせている理由には、世界に誇れるワインで町おこしをしたいと心から願う人々の存在がある。

2018年に余市町の町長に就任した齊藤啓輔さんは、地元の人たちが住み続けたいと思う町プロジェクトの一環として、ワインでの町おこしを掲げてきた。余市はもともとブドウの栽培が盛んであったが、ドイツ品種のケルナーが主体。これからのワインの可能性を広げるため、ピノ・ノワールやシャルドネを新たに育てる生産者には助成金にインセンティブをつけるなど、その発展を視野に入れて邁進してきた。

時には「なぜ、ワインばっかり」と逆風を受けることもあったが、ブレずに政策を進めてこられたのは、余市町が世界に誇るワイナリー「ドメーヌ・タカヒコ」の曽我貴彦さんがいたからこそと齊藤町長は語る。

「曽我さんがいなければ、ワインで町おこしというプロジェクトの方向性も進め方もまったく変わっていたかもしれない。余市では1970年代からワイン造りが行われてきましたが、その歩みが海を超えて世界の知るところとなったことに大きな喜びと感謝を感じています」

テイスティングする4名
「ドメーヌ・タカヒコ」の醸造所で、新プロジェクトのワインに合うリーデルのグラスについて意見交しつつテイスティング。

「リーデル」も全力エール。“余市産ワインの雄”を訪ねて

2022年3月にはオーストリアの老舗ワイングラスメーカー、リーデルとの包括連携協定を締結。余市がワイン銘醸地として発展していくために、力強いパートナーを得た形となった。

リーデル・ジャパンの白水健さんは「グラスはあくまでワインの黒子。でも複雑な香りとのびやかな余韻が魅力的な余市のワインを味わうには、適切なグラスの存在は不可欠だと思っています」と話す。

締結後は齊藤町長のアイデアで、町内の飲食店に余市町オリジナルグラスを町の補助で1個500円で提供するという試みも。これも「余市のワインが持つ個性をより深く知ってもらいたい」という強い思いがあればこそだ。現在は「ドメーヌ・タカヒコ」で特別なワインを造るプロジェクトを推進中。

ワインをこよなく愛する人々の挑戦の先に、前人未踏の輝かしい未来が見える。

ドメーヌ・タカヒコ/Domaine Takahiko
入手困難なワインだったが、世界一のレストランと称されるデンマーク「noma」のワインリストに採用されたことをきっかけに、まったく手に入らなくなり、“幻のワイン”とも。

左から白水氏、齊藤氏、曽我氏、高松氏
写真左から、
白水健さん
リーデル・ジャパン オンプレミス ディヴィジョン エグゼクティブマネージャー。「リーデル余市ワインプロジェクト」の責任者。
齊藤啓輔さん
早稲田大学卒業後、外務省に入省。2018年より余市町町長に就任。外交官時代には大使公邸での会食時にワインのアレンジも。
曽我貴彦さん
栃木県の「ココ・ファーム・ワイナリー」の農場長を経て2010年に余市町・登地区に創業した「ドメーヌ・タカヒコ」の醸造責任者。
高松亨さん
シドニーから2021年に余市に移住。世界最年少のマスターソムリエであり、「ドメーヌ・タカヒコ」で研修に励む。

【特集 北海道LOVE!】

この記事はGOETHE2023年9月号「総力特集:北海道LOVE!」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる