MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.05.08

パリに開業した酒蔵etc. 知っておきたい日本酒トピック4選【まとめ】

意識改革を行い、日本酒を時代の本流に。伝統的で“新しい”日本酒の発展に関するトピックをまとめて紹介! ※GOETHE2022年10月号掲載記事を再編。

1.お酒好きにはたまらない! 伝統的な酒蔵をリニューアルしたホテルとは

NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち

創業明治元年(1868年)の歴史ある豊澤酒造の酒蔵を、宿へリニューアル。酒蔵時代の面影を残しつつ、レストランのカウンターでは平成14年に現代の名工に選ばれた杜氏・藤沢忠治氏が手がける豊澤酒造の日本酒とフレンチのマリアージュを楽しめる。

【続きはこちら】
 

2.パリに酒蔵とレストランをオープンした日本酒メーカーに注目!

昨今、欧米での評価を獲得している日本酒。WAKAZEはその先駆者といえる。山形県に本社を置き、2018年に東京の三軒茶屋で酒蔵をオープンした(2022年9月より一時休止中)同社。その後パリへ進出し、なんと2019年にパリ近郊で酒蔵を開業。

【続きはこちら】
 

3.味わいも全然違う!? 音楽を微生物に聴かせてつくる日本酒とは

Haccoba 土-D-

微生物とともに蔵人も一緒に音楽を聴くことで、調和の取れた作業を生み、美味しい味わいにつながると考えた福島県のハッコウバ クラフト サケブルワリーは、アーティストたちが特別に製作した音楽を微生物に聴かせたクラフトサケ「土-D-」を2022年5月に発売。

【続きはこちら】
 

4.出せば完売の人気銘柄が続出! アパレルと酒蔵のコラボ日本酒5選

、阿部酒造×ユナイテッドアローズのコラボ日本酒

ファッション業界には酒好きが多くいるが、お洒落と日本酒が好きな人にとって理想のショップがある。ユナイテッドアローズ 原宿本店1階のユーエー バー内で展開しているユナイテッドアローズ ボトルショップだ。日本酒を中心としたセレクトショップで、なんでもお酒好きなスタッフのアイデアから生まれたものだとか。

【続きはこちら】

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる