MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2024.05.08

ヴィンテージロレックス、時計ツウも唸る「Ref.5500」のエクスプローラーバージョンとは

連載「ヴィンテージウォッチ再考」の第29回は、ロレックス「エクスプローラー Ref.5500」を取り上げる。

「エクスプローラー Ref.5500」(1968年製造)と「エクスプローラー Ref.5500」(1967年製造)

小ぶりな34mm径で人気の、ふたつの“エクスプローラーダイヤル”

ヴィンテージロレックスにおいて、最も人気が高いダイヤルデザインのひとつが、3・6・9にアラビアインデックスを用いた、通称“エクスプローラーダイヤル”。

「エクスプローラー」はヴィンテージロレックスの大定番である一方、「サブマリーナー」の“エクスプローラーダイヤル”は、コレクターズアイテムとして知られている。今回紹介する「エクスプローラー Ref.5500」も、なかなかレアなモデルだ。

本来「Ref.5500」とは、「エアキング」用のリファレンスナンバー(識別番号)であるのだが、「エクスプローラー」バージョンも極めて少数存在する。

この「エクスプローラー Ref.5500」はともに34mm径であるため、かなり小ぶり。デザインは2本ともほぼ同じだが、並べて見ると違いがわかるだろう。

ミラーダイヤルの方(1967年製)は真鍮のダイヤルに黒い塗料を塗り重ねて作られており、ロレックスのロゴやモデル名の表記は、塗料を削り出して下地の真鍮を削り出している。

対照的にマットダイヤル(1968年製)は、光沢感がないブラックのダイヤルにホワイトのプリントが入っている。ダイヤルが経年劣化でブラウン化することは稀で、ホワイトプリントもほぼ変色しない。

ちなみに1990年代から2000年代にかけて、「エクスプローラー Ref.5500」マットダイヤルの偽物が大量に出回っていた。

「エクスプローラー Ref.5500」はどちらのモデルも魅力的だが、現在はマットダイヤルの方がレアで見つかりにくい傾向がある。もし運よく見つけた時は、思い切って購入してみるのはいかがだろうか。

問い合わせ
アフタ http://after.llc/

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ヴィンテージウォッチ再考

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=高橋敬大

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる