MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2024.03.13

1000万円超に高騰! ロレックス「コスモグラフ デイトナ」の歴史を変えた記念碑的モデル

連載「ヴィンテージウォッチ再考」」の第23回は、ロレックス「コスモグラフ デイトナ Ref.16520」を取り上げる。

「ロレックス デイトナ」全体カット

ヴィンテージロレックス「コスモグラフ デイトナ Ref.16520」

デザインの刷新を始め、ケース径を40mmまで拡大し、ロレックス初のクロノグラフムーブメントの自動巻化(エボーシュのハイビートムーブメントの仕様を毎時3万6000回から毎時2万8800回に変更)、リューズガートの採用など、手巻き時代のデイトナと全く違うスタイルを提案することで今日の現行モデルの礎を築いた。

「Ref.16520」には手巻きデイトナにはない魅力があり、多くのロレックスファンを虜にしている。

1991年製のN番は通称「逆6」と呼ばれ、6時位置のインダイヤルが6の文字が逆さまになるマーク4ダイヤル、マーク5ベゼル、夜光塗料がオールトリチウム、シングルバックルと初期頃の「Ref.16520」ならではのディテールが満載だ。

一部の個体は価格が1000万円を超えるほど高騰しており、年々入手が困難になっている「Ref.16520」だが、時計好きなら是非とも手に入れたい逸品だ。

問い合わせ
エンツォショップ www.enzo-shop.com/

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ヴィンテージウォッチ再考

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる