MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.02.26

手巻きデイトナ、ブレスレット交換etc.知っておきたい、ヴィンテージロレックス購入ガイド【後編】

エンツォショップ・オーナーの中井一成さんをゲストに招き、ヴィンテージロレックスの購入ガイダンスを展開する本特集。前編に続き、後編では、ヴィンテージロレックスの顔である手巻きデイトナの話題を中心に、3つのトピックスを紹介。

「コスモグラフ デイトナ」の手巻きモデル

3.文字盤にモデル名の表記が入らない手巻きデイトナの希少モデル

前編では「1.『コスモグラフ デイトナ』のRef.16520」「2.ヴィンテージロレックスの3大定番」と2つのトピックスを解説した。

今回、3つ目のトピックスとしてヴィンテージロレックス屈指のコレクターズアイテムである「コスモグラフ デイトナ」の手巻きモデルを紹介したい。高級時計の世界でステータスシンボルとしての確固たる地位を確立しているモデルだ。

「手巻き時代の『コスモグラフ デイトナ』は品番やダイヤルの種類が多いことから、パーツの整合性を見極めるのが非常に難しいのですが、大きな欠陥がある個体の購入はなるべく避けたいところです」

オークション界隈を賑わす“ポール・ニューマン ダイヤル”をはじめ、「コスモグラフ デイトナ」の手巻きモデルには、コレクターから羨望を集めるスタイルが存在する。

「コスモグラフ デイトナ」の手巻きモデル

右から順に、Ref.6240 “2ライン ローレター”(65年製造)、Ref.6240 “ソロ”(65年製造)、Ref.6239 “2ライン ローレター”(64年製造)。

「1963年から1988年にかけて製造された手巻きモデルの一部には、『DAYTONA』の表記が入らない文字盤があり、マニアから珍重されています。該当するモデルのなかでもRef.6240の通称“ソロ”は、文字盤の12時位置に『ROLEX』のロゴのみ入るユニークな1本。希少性という意味でなら“ポール・ニューマン ダイヤル”よりも遥かに上です」

資産価値、ステータス性、さらには希少性と、ヴィンテージロレックスの魅力が凝縮された手巻きデイトナの希少モデルを覚えておきたい。

4.自分好みの1本にアレンジできるブレスレットの組み合わせ

機械式時計はオーバーホール(分解洗浄)などのメンテンスを行うことで、長い時間使い続けることができる。ただし、ヴィンテージウォッチに関して言えば、迂闊にパーツ交換をすると、オリジナリティや資産価値を損ねてしまう危険がある。

「ロレックスは他社に比べるとアウターパーツが充実していますが、今となっては入手困難になっているアイテムがたくさんあります。私たち専門店やコレクターがパーツにこだわる理由はそこにあって、つまり購入後にパーツを揃えるのが難しい場合が多いのです」

特に外装パーツはスタイリングの一部を担う重要な役割を持っているので、たとえ純正のパーツで交換したとしても年代が合わないと違和感を感じるのはそのためである。

またパーツの組み合わせについて、正解がひとつではないこともヴィンテージロレックスならではの醍醐味である。「GMTマスター」のRef.1675を例に取ると、年代の合うベゼルインサートやブレスレットに付け替えることで自分好みの1本にアレンジできる。

「GMTマスター」のRef.1675

「GMTマスター」のゴールドモデルRef.1675/8用のベゼルインサートに付け替えた1963年製のRef.1675(右)。ブレスレットは、プロフェッショナルモデル専用のアメリカ製ジュビリーブレスを装備。1977年製のRef.1675 マーク3ダイヤル(左)は、黒単色のべゼルインサートにアメリカ製のリベットブレスを合わせて、スマートな印象に仕上げている。

「パーツの付け替えは、ブレスレットから始めてみるのがいいと思います。これひとつ変えるだけで時計の雰囲気がだいぶ変わります。スイス、アメリカ、メキシコと、ブレスレットの生産国によってデザインが異なるのも注目すべきポイントです」

5.世界的に評価が高まる人気上昇中のゴールドウォッチ

この数年、高級時計の市場ではゴールドウォッチがじわじわと盛り上がりを見せている。その余波はヴィンテージウォッチの世界にも押し寄せていて、価格が高騰し続けている。

「オークションハウスの落札履歴などを見れば分かりますが、ヴィンテージロレックスでのゴールドウォッチの人気は今に始まったことではありません。しかし、ここに来てさらに盛り上がりを見せています。経年変化で変色したゴールドはこなれた雰囲気があり、着用しやすいモデルが見つかります」

「サブマリーナー」の18Kイエローゴールドモデル Ref.1680/8(右)、「デイデイト」のRef.1803/9(左)

「サブマリーナー」の18Kイエローゴールドモデル Ref.1680/8(右)。こちらの個体は、ブルーからブラウンに変色した“トロピカル”と呼ばれる独特の経年変化が見られる。「デイデイト」のRef.1803/9(左)は、18Kホワイトゴールドを採用。すっきりした印象を持つ夜光なしの文字盤と好相性だ。

なかでも注目すべきは、やはりプロフェッショナルモデルだろう。天井知らずの人気を誇る「コスモグラフ デイトナ」の手巻きモデルのほか、「GMTマスター」や「サブマリーナー」のゴールドモデルも見逃せない。

「それともうひとつ、ロレックスのプレステージモデルである『デイデイト』もこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。日本よりも海外での評価が高く、ステータス性においても申し分ありません。Ref.1803などの定番モデルなら落ち着いた価格で購入することが可能です」

ドレスウォッチにはない汎用性を持つゴールドウォッチは、デイリーユースでこそ本領を発揮する。ファッションや腕元のアクセントとして活用したい。

次回以降は計4回にわたり、ヴィンテージロレックスの中心に立つプロフェッショナルモデルの魅力について、基本となるポイントを踏まえながら紹介する。

Kazunari Nakai
1968年石川県生まれ。2007年、ヴィンテージロレックス&ライカの専門店エンツォショップを石川県にオープン。各界のクリエイターや内外のコレクターから厚い信頼を寄せられている。

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=江藤義典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる