MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2024.03.11

クロムハーツコラボ、ティファニー×ロレックス、激レアノーチラス…カリスマ経営者の弩級コレクション拝見

VANQUISH#FR2など、仕かけるアパレルブランドを次々と大成功に導く男、石川涼氏。そんな気鋭の起業家は趣味である時計蒐集においてもケタ外れ。その秘蔵ウォッチコレクションを、ゲーテだけに見せてくれた。【前編はこちら】

石川氏の私物時計の集合カット

もう手に入らない!? お宝ロレックスの数々

渋谷のギャル男をターゲットにしたVANQUISH(バンキッシュ)、交尾するウサギのブランドロゴが印象的な#FR2(エフアールツー)などを立ち上げ、瞬く間に世界的なブランドへと成長させたアパレル業界の風雲児・石川涼氏。

クルマやスニーカーと並んで好きな物のひとつだという腕時計のコレクションは、まさに圧巻。

ロレックスの「エクスプローラー」から始まった石川氏の時計趣味だが、蒐集のメインはやはりロレックス。ただし所有しているのはレアなタイムピースばかりだ。

石川氏の私物時計11

このクロムハーツとのコラボレーションモデルは、かなり小振りのサイズをセレクト。そこにも石川氏らしい選択眼があった。

「クロムハーツはアクセサリーとしても気に入っているブランドで、今もウォレットチェーンなどを愛用しています。ただし、クロムハーツはブレスレットにしてもそれ自体が重い物が多い。なので、時計はレディースサイズくらいの小さめを狙って探していました。そう言う意味で、非常にバランスのよい一本です」

石川氏の私物時計4

ロレックス×ティファニーのコラボ「デイデイト」は、前編にて紹介したホワイト文字盤以外に、このブラック文字盤モデルも所有している。

「古いロレックスは、僕の好きなヴィンテージスタイルにマッチしやすいルックス。なかでもゴールドがお気に入りです。特に“ダブルネーム”となると希少性も抜群なので、保証書やボックスが揃った良品であれば、今でも買ってしまいそう」

石川氏の私物時計6

石川氏のロレックスコレクションはどれも大変希少であるが、なかでも弩級であるのがこの「デイトナ」。フル金無垢の手巻き式「Ref.6263」は、滅多にお目に掛かれない超レアモデルだ。

「歴代デイトナのなかでも、特に人気が高いと言われているこのモデル。今では信じられない価格で取引されていますが、僕が入手した10数年前はそこまで高騰していませんでした。時計屋さんを何軒か回れば見つかるイメージ。今探すとなると、ほぼ無理でしょうね(笑)」

石川氏の私物時計1

“ダブルネーム”モデルは、カルティエも持っている。

「ベースのモデルは『オイスターパーペチュアル デイト』。カルティエのダブルネームということで購入しました。6時位置の赤文字がいいアクセントになっています」

「他の人と被らないような時計を着けたい」

石川氏の私物時計3

趣味が高じて、時計好きの友人も多くできたという石川氏。彼らと一緒に、時計の高級店巡りをすることもあるのだそう。その付き合いのなかで手に入れたのが、パテック フィリップの「ノーチラス」史上初となるクロノグラフ「ノーチラス・クロノグラフ 5980/1」。しかも、金無垢モデルだ。

「これは僕のコレクションのなかでも特別な時計。世界的に購入が難しいとされるモデルで、手に入れられたのは奇跡だと思っています。かなり高価ではありますがちゃんと普段使いしていて、Tシャツ短パンにこの時計を合わせたり(笑)。個人的な考えですが、そういった使い方が似合う時計だと思っています」

石川氏の私物時計10

こちらもパテック フィリップの「アクアノート・クロノグラフ 5968」。タフな印象のカーキグリーンがポイントだ。

「これも友人の紹介で入手したモデルです。カーキ色のアウターが好きでよく着るのですが、それにも合うかなと思って購入しました。僕がつけているのを見て、何人かが『それ欲しい!』と言ってきましたね」

石川氏の私物時計9

今回の石川コレクションのなかでも異彩を放つのが、フランク ミュラー「ヴァンガード」の#FR2コラボモデルだ。

「ある時ゴルフ場でプレーをしていたら、スタッフから『フランク ミュラーから連絡がありました!』と電話が。『そんなことあるわけねえだろ』と無視していたのですが、どうやら本当にフランクミュラーの海外チームが連絡してきたみたいで。聞けば、僕のブランドを知って一緒に時計が作りたいという用件でした。時計ブランドとのコラボは初めてで、思い出深い一本となっています」

石川氏の手元寄りカット

複数の超絶タイムピースを所有する石川氏。最近はどんなモデルを愛用しているのか聞くと、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」を出してくれた。

「今年の1月頃に買ったばかりの時計で、最近はもっぱらコレを愛用しています。ちょっと大きいかな? と思ったけれど、実際に着けてみるとしっくりきて腕なじみもいいし、シンプルゆえに視認性も抜群。ステンレススチールモデルなので、今日のようなGジャンの装いにも違和感なくマッチするところもいい。持っている時計のなかで、今はこれが一番気に入っています」

「他の人と同じ時計を持っていてもつまらない」と話す通り、仕事も時計蒐集もいっさい妥協せず、我が道を突き進む石川氏。時計がそこまで好きなわけじゃない、と笑うが、その顔からは時計に対する思いがにじみ出ていた。

石川氏の寄りカット
石川涼/Ryo Ishikawa
1975年神奈川県生まれ。せーの代表取締役社長。24歳でアパレルブランドVANQUISHを創設。2010年、ジャパンファッションウィークに「109ブランド」として初めて参加し、大きな話題となる。また、2014年に#FR2を立ち上げ、瞬く間に世界的人気ブランドに成長させた。

TEXT=長谷川剛

PHOTOGRAPH=高橋敬大

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる