MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.06.02

【西野亮廣】20万部の『夢と金』でも書いている「VIP席」だが、間違えるな! 「ただ高くすればいい」は誰も得しない!

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は『キンコン西野の話を都合よく解釈する銭ゲバ』というテーマでお話ししたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第96回 そんなに利益を作ったら最終的に「自分が損をする」ことぐらい、なぜ分からない?

西野亮廣

VIP席は弱い人に優しい世界を作る為にある

今日は朝から手厳しい話をします。
2023年4月に『夢と金』という本を出したんですけども、この本には、こう書いているんです。

「『高価格帯の商品』をなくしてしまうと、待っているのは『お金に余裕がない人からお金をとる世界』だ。キミが、そんな残酷な世界に用があるのであれば、僕からお話しすることは一つもない。ただ、キミが、弱い人間に優しい世界を望むのであれば『料金』に対して正しい知識を仕入れるべきだ」

先日の「阿波踊りのVIP席」しかり、ああいったVIP席(VIP商品)を潰そうとする日本人に対して、「違うよ。VIP席(VIP商品)があることで、お金に余裕がない人のお金の負担を下げることができるんだよ」と説明しているのが『夢と金』です。

繰り返しますが、この本の目的(僕の目的)は、「優しい世界に向かうこと」です。

これまでお金の勉強をまったくしてこなかった日本の大人達が「誤ったお金の知識」「誤った正義」でもって、その未来を潰そうとするから、そして子供達の未来を潰そうとするから、『夢と金』の冒頭では「バカも大概にしとけよ! ちょっとぐらい勉強しろよ!」と日本の大人をビンタしています。

何の為にVIP席(VIP商品)が必要なのか?
それは、弱い人に優しい世界を作る為であって、それ以上でも、それ以下でもありません。

50万円でキンコン西野を呼べる講演会は「全席4000円」で利益がでるのに…

そんな中、僕は今、全国各地で講演会をしているんですけども、この講演会の主催の権利って、クラウドファンディングのリターンとして販売したんですね。
濁しちゃうと話が見えなくなるので、全部、包み隠さずお話ししますが、「50万円」で出しました。
50万円を出せば、キンコン西野を呼べるわけですね。
#完売御礼

で、交通費は主催者さん負担です。
マネージャーが付いてくるので、二人で仮に10万円だったとしましょう。
泊まりの場合はホテル代も主催者さん負担なので、二人で仮に5万円だったとしましょう。
会場費に関しては「設営」とかもないので、ぶっちゃけ夕方の3時間だけ借りればいいわけだから、地方の会場だと、どれだけいっても15万円とかです。
ポスターは素材があるので、ほとんど費用がかからないですが、仮に5万円だったとしましょう。
チケットの販売手数料が多くみて10万円だとしましょう。
スタッフは大体ボランティアでやっていたりするので、西野亮廣講演会を開催するのにかかる経費は多く見積もっても、全部で100万円とかです。

仮に300席の会場であれば、「チケット代は全席4000円」にすると、売上は120万円。これだけでも20万円の利益が出るわけです。
そして特典として地元の繋がりができる(皆のハブになれる)。
もう十分すぎるぐらいモトを取ってるじゃないですか?

ところが西野亮廣講演会の各地方のサイトを見てみると、「S席=1万円」「A席=5000円」とかあるんです。
場合によっちゃ、「VIP席=5万円」とかある。

あまりにも気になったので、ある地方の講演会のスタッフさんに内訳を教えてもらったら、なんと300キャパの公演で利益を80万〜100万円ぐらい出す計算になっていたんです。

何、それ?
「利益を作るな」とは言わないよ。
だけど、そこで、そんなに利益を作ったら最終的に自分が損をすることぐらい分からない?

西野を50万円で呼んでいることを知っているお客さんからすると、「この値段、何?」となるし、西野を50万円で呼んでいることを知らないお客さんからすると、「ああ、西野が150〜200万円ぐらい請求してるんだろうな」と思うわけだから、そう思わせてしまっている主催者さんに対して、僕は不信感を持ちますよね。
どっちに転んだってマイナスなんです。

「高いだけのVIP席」には不信感しかない

それより何よりだ。
「VIP席」という名前を都合良く使うなよ。

『夢と金』に書いてある目的とは違って、お前が作っている「VIP席」は全てお前の懐に入るお金だろ?
そしてそれを「西野の名前」を使ってやることに胸は痛まない?

そんなことを言うと、「すみません。西野さんのイベントでVIP席を5万円とかで売っていたので、それが相場だと思いまして…」という言葉が返ってきたりするんですけど、待て。

素人が70〜80万円かけて作った手作りイベントと、プロが1億6000万円ぐらいかけて作ったイベントの“VIP席の価値”が同じわけないじゃん!
なんで、そこを同じだと思えちゃうの?

お前のVIP席は「ただ高いだけ」で、「西野亮廣のイベントだったら売れるでしょ?」と、お客さんの足元を見てるんだよ。

それが売れたら、お前か西野が損をするぞ?
だって、値段に見合ったサービスを提供できないんだもん。

なんで、そんな目先のお金に走っちゃうのかが僕には全く理解できません。
皆を勝たせた方が、最終的には自分の取り分が大きくなるじゃないですか。

『夢と金』を読んで、「今の時代はVIP席の設計が必要だから」とか言って、自分に都合よく解釈して、ただ「高いだけのVIP席」を作っている銭ゲバに対しては、個人的には不信感しかありません。

「50万円で買ったんだから、どう使おうが勝手だろ?」という方に対しては、「どうぞ、ご勝手に」ですが、ただ、「そのブーメランは確実にお前の首元を狙って返ってくるぞ」とだけお伝えしておきます。

どうか、お金の正しい知識を手に入れてください。
そして、優しい未来を皆で迎えにいきましょう。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【NORA SAURUS】
バンドザウルスの“最初で最後の個展”、スタート!
※会場はコチラ

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 舞台『テイラーバートン』は2日間だけの限定上演です。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
6月02日(金)に大分、
6月03日(土)に大阪、
6月18日(日)に京都、
6月21日(水)に愛知、
6月24日(土)に東京、
6月25日(日)に愛知、
7月02日(日)に東京、
7月05日(水)に福井、
7月06日(木)に大阪、
7月07日(金)に広島、
7月10日(月)に愛知、
7月12日(水)に広島、
8月02日(水)に静岡、
8月03日(木)に大阪、
8月05日(土)に大阪、
8月07日(月)に福岡、
8月10日(木)に愛知、
8月13日(日)に愛知、
8月16日(水)に北海道、
8月23日(水)に秋田、
8月31日(木)に広島でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる