MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.06.19

【建築家・手塚貴晴&由比】社会は凸凹した人間が集まって成立する

日本のビジネス界やエンタメ界を牽引する人物の“子育て論”に迫る連載「イノベーターの子育て論」。UNESCOにより世界で最も優れた学校に選ばれた「ふじようちえん」をはじめ、子供のための空間設計を多く手がけている建築家・手塚貴晴さん、由比さん夫妻。おふたりには、東京藝術大学に現役で合格、今年2年生になった娘と、超難関私立小学校に合格し、現在は付属高校2年生の息子がいる。幼少期から正反対の性格だったというきょうだいは、今、それぞれ違う才能を開花させているが、そこに至る秘訣はどこにあったのか? Vol.1/Vol.2/Vol.3Vol.4 【過去の連載記事】

手塚夫妻

同じ環境・体験を与えても、姉弟で反応は違う

手塚夫妻は、何事に対しても自然体なのだろう。姉弟の違いも、それぞれの個性として受け入れ、決して無理強いすることはない。

「娘と息子は、まったく性格が違います。娘は、マイペースで引っ込み思案、息子は、自立心旺盛で社交的。宿題にしても、息子は、文句を言いながらもやるんですが、娘は、いくら『やりなさい!』と叱っても、まったくやらなかったですね」(由比さん)

「結局、小学校から高校を卒業するまで、一度も宿題をやらずに卒業しちゃった! 高2の時、担任の先生が、『●●ちゃん(娘)は最近、”宿題出せません”と言えるようになったんですよ』と褒めてくださったくらいですからね(笑)」(貴晴さん)

「最初は、私も悩みました。こんなに勉強が嫌いだなんて、(発達障害などの)病気なのかなって。スクールカウンセラーに相談したり、病院に連れ行ったこともあるんですよ。そうしたら先生に、『もっと大変なケースはたくさんあります』と言われて……。あれで、諦めがついたというか、吹っ切れましたね」(由比さん)

手塚きょうだい

性格はほぼ正反対という姉と弟ながら、とても仲がいい。「私が娘を叱っていたら、『ママ、ちょっとこっちに来て』と息子にお風呂場に連れて行かれて、『そんな言い方をしたら、聞くものも聞かないよ。もっとやさしく言わないと』と注意されました。その時、息子は7歳でした(笑)」(由比さん)

聞けば聞くほど、個性が違う姉と弟。ふたりを比較することはなかったのかとたずねると、「同じように育ててきたつもりだけど、勝手にそうなってしまうんだもの。仕方ないですよね」と、由比さんは鷹揚に笑う。

「息子は小さい頃から本が大好きで、小学校6年生の時には、我が家にある司馬遼太郎の本を読破していました。でも、娘の方は、そうでもなかったですね。同じように読み聞かせをしたはずなのに(笑)。その代わり、芸術的なことは、娘の方が得意だし、好きみたいです。息子もそれを認めているからか、お姉ちゃんの前だとピアノは弾かないんですよ。負けるのが悔しいから(笑)」(由比さん)

「きょうだいといっても、別の人間ですからね。同じ環境や体験をさせたからって、同じ反応をするわけないですよ。人間って、ひとりひとり違うもの。社会は、凸凹した人間が集まって成り立っているんです。パズルみたいにね。それなのに日本では、なんでも平均的にできることがよしとされちゃう。だけど、全員が、音楽に勉強、スポーツすべてに長けていたら、それはそれでつまらないでしょ。だから、子供たちが、何でもできなくていいと思っているんです」(貴晴さん)

手塚夫妻の話を聞けば聞くほどお受験とは無縁なイメージを抱くが、娘は名門女子校、息子は難関校に、小学校から入学している。そこには、手塚夫妻ならではの”お受験”に対する考え方があった。

Vol.1「エサをくれる人に懐くのは動物の根本」
Vol.2「社会は凸凹した人間が集まって成立する」
Vol.3「スイッチが入るまで勉強は放っておけばいい」
Vol.4「自分のために生きるヤツは必要なくなる」

Takaharu Tezuka/Yui Tezuka
貴晴:1964年東京都生まれ。武蔵工業大学卒業後、ペンシルバニア大学大学院を修了し、リチャード・ロジャース・パートナーシップ・ロンドン勤務。
由比:1969年神奈川県生まれ。武蔵工業大学卒業後、ロンドン大学バートレット校に留学。
ともに’94年に帰国し、手塚建築企画を共同設立(後に手塚建築研究所に改称)。個人宅から教育施設まで幅広い建築設計を手がけ、UNESCOより世界環境建築賞(Global Award for Sustainable Architecture)を受賞。国内でも、日本建築学会賞、日本建築家協会賞、グッドデザイン金賞、子供環境学会賞など多数受賞している。

【おすすめの関連記事】
■星野佳路──子育てに必要なのは「名門校の中退を認める勇気」
■葉加瀬太郎──グローバルに通用する人間力の育て方
■SAMURAI佐藤悦子──佐藤可士和を焚きつけた息子のひと言
【連載 イノベーターの子育て論】

TEXT=村上早苗

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]8月号が6月23日に発売となる。総力特集は、ビジネス魂に火をつける高級腕時計。そのほか、海を愛するエグゼクティブたちのための海特集も必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる