MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2024.05.11

ゲーテ流知的ゴルフスタイル ヘッドもスイングも変えずに飛距離UP、 話題のシャフトの実力とは

飛距離に悩むゴルファーに朗報。新しく登場したシャフトがいつもどおり振っているだけなのに飛距離が伸びると話題を集めている。そのからくりとは!?

日本シャフト「バルカヌス」
自分が振りやすいと感じるシャフトを、重さを基準に選ぶ。V300、V410、V520の3つの重量帯があり、シャフトの性質は同じだが、しなり方と、しなり戻りが異なる。シャフト全長に最先端カーボン繊維「トレカM40X」を搭載するなど、素材にもこだわった。[1本]¥88,000

重さで選ぶ新感覚クラブシャフト

ヘッドもスイングも何も変えずにいつもどおり振っているだけ。それなのに飛距離が伸びると話題のシャフトが登場。それが日本シャフトの新製品「バルカヌス(VULCANUS)」だ。

通常シャフトには、重さとともに柔らかさの指数となるフレックスが存在するが、「バルカヌス」にはフレックスがない。選ぶ基準は3つの重量帯のみという珍しいタイプのシャフトだ。

ゴルフのスイングタイプは多種多様で、自分にマッチするシャフトの種類もそれぞれだが、「バルカヌス」は1本でさまざまなスイングに対応してくれる夢のようなシャフトだといえる。

それを可能にしたのは、日本シャフトが開発段階で延べ2000人以上のアマチュアデータを収集・分析してきたから。そこに長年蓄積してきたシャフトメーカーとしてのノウハウを融合させた。

ヘッドスピードのわりに飛ばなかったり、新しいクラブに買い替えても飛ばなかったり、飛距離に悩むゴルファーは多い。そんな問題点を「バルカヌス」は、いつものクラブに装着して、いつもどおり振るだけで解消してくれるのだ。

飛距離をロスする原因の多くは、インパクトでフェースが開いてしまう点にある。具体的にはインパクトでフェースがスクエアに戻っていないから。その結果、効率の悪いインパクトになるというわけだ。

今や無数のシャフトが存在し、自分にマッチするシャフトを見つけるのは至難の業。その点で「バルカヌス」はあらゆるスイングに対応してくれる。この夢のようなシャフトは間違いなく武器になるはずだ。

問い合わせ
日本シャフト TEL:045-782-2562

TEXT=出島正登

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる