MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2023.08.28

ビジネスリーダーの座右の書3選。前資生堂社長の人生の指針、部下に読ませたい本とは?

先が見えない今の時代、頼りになるのは蓄積されてきた知識や智恵、心の糧。本を読むということは、正にそれらを学び、得ることなのである。そこで、ゲーテでは各界の最前線で活躍するエクセレントカンパニーのビジネスリーダーたちに座右の書を教えてもらう大アンケートを実施。壁にぶつかったとき、プレッシャーにおしつぶされそうになったとき、大きな決断に迫られたとき……、彼らの仕事に、人生に大きな影響を与えた、とっておきの本を公開する。※GOETHE2009年7月号掲載記事を再編。掲載されている情報等は雑誌発売当時の内容。

資生堂 代表取締役社長 前田新造の座右の書3選

1.人生の指針となった座右の書
『卜部亮吾侍従日記』卜部亮吾

卜部亮吾『卜部亮吾侍従日記』

昭和天皇の最後の側近として仕えた卜部亮吾が、昭和から平成に変わりゆく様子をつづっていった日記。天皇崩御という歴史的事実に立ち会いながら、彼の忠誠、献身、冷静を淡々と描写していく。

2.仕事に大きな影響を与えた本
『転進 瀬島龍三の「遺言」』新井喜美夫

新井喜美夫『転進 瀬島龍三の「遺言」』

軍幹部、政官界に関わっていた大本営参謀の瀬島龍三氏を通して、昭和史をひも解いていく一冊。その中でときに時代のリーダーの質に鋭く切り込みを入れていく、瀬島氏の熟慮に触れることができる。 

3.不況の今だからこそ読んでおきたい、部下に読ませたい本
『幸之助論』ジョン・P. コッター

ジョン・P. コッター『幸之助論』

松下幸之助が打ち立てた普遍的な経営観が書かれている。その人生を通して、多くの逆境を克服していった松下幸之助自身の経営マイ ンドに心を打たれる。まさに今の時代にぴったりの一冊だと感じる。

前田新造
前田新造/Shinzo Maeda
1947年大阪府生まれ。資生堂 代表取締役社長。'70年慶応義塾大学文学部卒業、同年、資生堂に入社。化粧品企画部長、アジアパシフィック地域本部長を務め、2003年より取締役に就任。'05年より現職。「マキアージュ」や「TSUBAKI」などのメガブランド戦略で、アジアを代表とするグローバルプレーヤーを目指す。

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる