MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2023.04.05

覆面バンド・ゴリラズ、3年ぶりの新アルバム『Cracker Island』

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は、ゴリラズの『Cracker Island』。

ゴリラズ

多彩なゲストたちと描きだす、ニヒリスティックな楽園世界

ゴリラズが3年ぶり8作目の新アルバム『Cracker Island』を発表した。ゴリラズとは、ブラーのデーモン・アルバーンとイラストレイターのジェイミー・ヒューレットによる覆面プロジェクト。彼らは常に、最先端の音楽表現を開拓してきた。

メンバー全員がアニメのキャラクターである「バーチャル・バンド」というあり方も、ヒップホップやサイケロックなどのジャンルを融合した音楽性も、2000年代初頭の活動開始当初から時代を先取りしていた。

新作はロンドンからカリフォルニアへと拠点を移して制作された1枚。まず目を引くのは豪華なゲスト陣だ。表題曲に参加したLAの奇才サンダーキャットを筆頭に、フリートウッド・マックのメンバーでもある現在74歳のスティーヴィー・ニックス、ラテン界のスーパースターであるバッド・バニーなど、世代もジャンルも国籍も多彩な面々が並ぶ。カラフルなシンセポップを軸に、ファンキーなグルーヴに乗せて、独特の倦怠感と色気を漂わせる歌声が響く。

歌詞ではカルト集団やネット社会をモチーフにしたニヒリスティックなテーマを描きつつ、夢想の楽園を体感させてくれるような聴き心地を持つ。まさにゴリラズらしい先鋭的な1枚だ。

ゴリラズ『Cracker Island』

『Cracker Island』
ワーナーミュージック・ジャパン ¥3,080
レゲトンからサイケ・フォークまでジャンルを融合しシニカルで幻想的な物語を繰り広げる。

Tomonori Shiba
音楽ジャーナリスト。音楽やカルチャー分野を中心に幅広く記事執筆を手がける。著書に『ヒットの崩壊』『平成のヒット曲』などがある。

TEXT=柴那典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる