MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2024.02.20

ポルシェ911初のオフロードモデルに試乗! 珍味かと思いきや、その乗り味は……

ポルシェ911といえば、いつの時代もクルマ好きの憧れ、スポーツカーのメートル原器だ。そのポルシェ911に、ちょっと変わったモデルが設定されたという。早速、試乗を行った。■連載「クルマの最旬学」とは

ポルシェ911DAKAR

砂漠のスポーツカー

一風変わったポルシェ911とは、ポルシェ911DAKAR(ダカール)。ダカールとはもちろん“パリダカ”のダカールで、1984年のダカールラリーで優勝したポルシェ911カレラ3.3 4×4 パリ・ダカール(953型)のトリビュートモデルという位置づけだ。

ポイントは、これまでになかったオフロードを走るための911 ということで、最低地上高は最大で190mmまで確保される。これはスポーツサスペンション仕様の911より50mm高い値で、一般的なSUVが200mm程度であることを考えると、かなり本気で悪路を想定していることがわかる。

駆動方式はもちろん4輪駆動で、エンジンは最高出力480psを発生する排気量3ℓの水平対向6気筒ツインターボ。

ポルシェ911DAKAR
手前のポルシェ911カレラ3.3 4×4 パリ・ダカール(953型)にオマージュを捧げるという形で、奥のポルシェ911DAKARが開発された。

エンジンと駆動方式だけを見ると、ポルシェ911カレラ4 GTSをベースにしていることがわかるけれど、前述したように最低地上高を高めるだけでなく、前後のトレッドを広げ、ノーマルタイヤではなく専用設計のオールテレインタイヤを装着することなど、ルックスも中身もオフロードを走る気マンマンなのだ。

いざ走り出してみると、最新のポルシェ911よりも走りっぷりが鷹揚というか、動きがおおらかであることがわかる。これは、悪路の凸凹を突破する時にサスペンションが大きく伸び縮みするようなセッティングになっているからだ。

「一糸乱れぬ」と表現したくなる、最新の911のタイトでソリッドなドライブフィールも魅力的ではあるけれど、ゆったりと上下動する911DAKARは、古き良き時代のスポーツカーの匂いがして、これはこれで悪くない。

ポルシェ911DAKAR
基本的には最新のポルシェ911カレラ4 GTSをベースに、オフロードを走るために最低地上高を上げ、トレッドを広げ、専用タイヤを開発するなど、ただの“コスプレ”ではないことがこのクルマのポイントだ。

誤解を恐れずに言えば、最新のスポーツカーは誰が操ってもそこそこ上手に曲がってくれるし、破綻なく走ってくれる。いっぽう911DAKARは、ゆったりと動くサスペンションの挙動をいなしたり、それを利用して上手に曲がる知恵が求められるから、ドライビングが知的な遊びになる。このクルマのステアリングホイールを握っていると、人間とクルマの距離がもっと近かった時代を思い出す。

ちょっと懐かしいドライビングを楽しみながら、ポルシェは40年前のパリダカ優勝という偉業へのオマージュというだけでなく、スポーツカーの原点回帰も目論んでいるのではないか、と妄想した。

ポルシェ911DAKAR
インテリアの眺めは、最新のポルシェ911と共通。軽量化を図るためにシートにはカーボン製のフルバケットを採用。人口スウェードのように見えるテクスチャーは、Race-Texというマイクロファイバー素材。

色モノかと思っていたら……

という感傷的な気持ちはひとまずおいて、テクニカルな話題に戻ると、911DAKARにはほかの911にはないドライブモードがふたつ存在する。ひとつが「ラリー」で、もうひとつが「オフロード」だ。

ポルシェ911DAKAR
ドライブモードセレクターの「Rallye」と「Offroad」というモードがこのクルマ専用。新たなドライブモードを設定するあたりにも、ポルシェの本気度が表れている。

残念ながら今回はオフロード走行を試すことはできなかったけれど、ざっくり言えば「ラリー」はオフロードで豪快にドリフトをキメるモードで、「オフロード」はさらに車高を上げて悪路を安全に走破するためのモード。このふたつは、幸運にもオーナーになった方だけが特別な場所で堪能できるモードなのだ。

ポルシェ911DAKAR
ピレリとともに開発した専用タイヤは、スコーピオン・オールテレイン・プラス。油圧のリフターが備わり、悪路では車高を高めることができる。

洒落っ気を感じるのは、ボディカラーとボディ横の文字。1980年代にさまざまなカテゴリーのモータースポーツのスポンサードを行ったロスマンズのカラーに塗られ、「ROTHMANS PORSCHE」ならぬ「Roughroads PORSCHE」の文字が、懐かしのフォントで書かれているのだ。そうか、90年代以降はタバコの広告が規制されたんだよなぁ……。

もうひとつ、911DAKARのオプションリストも洒落が効いている。ルーフに載せるバスケット、ルーフテント、シャベルなどなど。このクルマで砂漠を走り、スタックしたらシャベルで脱出し、日が暮れたらルーフテントを張って眠る、という使い方をする人がいたら、クルマ道楽の究極の姿かもしれない。

911DAKARを試乗する前は、変わり種というから色モノというか、何台ものポルシェをお持ちの方がコレクションのひとつに加えるようなモデルだと思っていた。けれどもじっくりと付き合ってみると、これ1台でも911の魅力が存分に味わえることがわかった。

珍味だと思っていたらそれだけで酒の肴にも、締めのお茶漬けの友にもなるカツオの酒盗のように、実に味わい深いモデルなのだ。

ポルシェ911DAKAR
ポルシェ911DAKAR
全長×全幅×全高:4530×1864×1338
ホイールベース:2450mm
エンジン:3ℓ水平対向6気筒ツインターボ
最高出力:480ps
最大トルク:570Nm
トランスミッション:8段PDK
駆動方式:4輪駆動
車重:1620kg
¥30,990,000〜(税込)
※世界2500台限定

問い合わせ
ポルシェコンタクト TEL:0120-846-911

サトータケシ/Takeshi Sato
1966年生まれ。自動車文化誌『NAVI』で副編集長を務めた後に独立。現在はフリーランスのライター、編集者として活動している。

■連載「クルマの最旬学」とは……
話題の新車や自動運転、カーシェアリングの隆盛、世界のクルマ市場など、自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載。

↑ページTOPに戻る

この連載をもっと読む

連載
クルマの最旬学

話題の新車や自動運転、カーシェアリングの隆盛、世界のクルマ市場など、自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載。

TEXT=サトータケシ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる