MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.06.13

“ガイシャ疲れ”のあなたに、マツダ入魂の国産SUVはいかが?<試乗>

輸入車には異国の文化にふれるという魅力があるけれど、日本車だってがんばっている。マツダが未来を見据えて開発した、こだわりのSUVを紹介する。連載「クルマの最旬学」とは……

マツダCX-60

マツダが、次の10年を見据えて開発したモデルの1台がCX-60。パワートレインからシャシー、デザインに至るまで、新たな試みが随所に見られる。

効率より味わいを重んじた1台

クルマ好きの友人知人には、ヨーロッパ車に乗っている人が多い。ところが、彼らのなかには、“ガイシャ疲れ”を感じている人も多い。

“ガイシャ疲れ”って、なに?

輸入車のディーラーは必ずしも交通の便のいいところにあるとは限らず、点検や車検のたびにそこまで愛車を持ち込むのはひと苦労だ。しかも苦労して持ち込んでも、パーツ代は国産車より高価だし、「この部品は日本にはないので本国より取り寄せます」と、面倒な事態になったりする。

こうした心労が積み重なって、“ガイシャ疲れ”を感じてしまうのだ。

彼らも、もしクルマ好きのハートを射抜くような日本車があったら、喜んで乗り換えるのではないだろうか。もしそんなクルマがあれば、駅チカのディーラーで、気軽にメンテを頼める。

そんな“ガイシャ疲れ”を感じている方にぜひお薦めしたいのが、マツダが満を持して発表した新型SUV、マツダCX-60だ。

マツダCX-60

「エンジンを縦置きして後輪を駆動する」という、伝統的な高級車の文法に則って設計されているのが特徴。効率を重視する昨今では、なかなか珍しい開発コンセプトだ。

なぜ、FFよりFRのほうが贅沢なのか

このクルマは、そもそもの成り立ちが贅沢だ。新開発した直列6気筒エンジンを縦に置いたFR(フロントエンジン・リアドライブ=後輪駆動)レイアウト、と書くと、クルマに興味のない方には呪文のように響くかもしれない。けれども、このこだわりは、クルマ好きには刺さるはずだ。

そもそも、エンジンのダウンサイジング化が進み、4気筒エンジンが一般的になる現在、あえて新しい6気筒エンジンを開発するというのが贅沢だ。しかも、コンパクトにできるV型6気筒ではなく、フィーリングに優れるけれど長くなってしまう直列6気筒を採用している。

もうひとつ、FRというレイアウトもクルマ好きの琴線にふれる。

実用性に優れたクルマを作るなら、FF(フロントエンジン・フロントドライブ=前輪駆動)のほうが合理的だ。なぜならエンジンの駆動力をそのまま前輪に伝えるFFは、駆動力を後輪に伝える機構が必要になるFRと比べて、シンプルな構造になるからだ。逆に言えば、FRのほうが部品は増えるし重くなる。

いっぽうで、FRのほうがドライブフィールは上質になる。というのも、FFの場合は前輪が、舵を切る役目と駆動する役目の両方をこなさなければいけない。すると、どうしてもハンドルの手応えが悪くなる。

舵は前輪、駆動は後輪と役割を分担するFRは、コーナーでハンドルを切った時のフィーリングがすっきりするのだ。

FFの前輪は、経理と営業の両方をこなす人みたいで、たしかに人件費は抑えられて効率的だけれど、ちょっと慌ただしいのだ。

マツダCX-60

メカニズムだけでなく、ボディカラーもこだわりをもって開発された。写真のロジウムホワイトプレミアムメタリックは、引き算の美学や禅の“無”に着想を得た、新しい白だ。

ドライブフィールも内装もプレミアム

というわけで、マツダCX-60は開発段階から、効率よりも贅沢さ、上質さを狙って企画されたモデルなのだ。

マツダCX-60のパワートレインは豊富で、ガソリン、ディーゼル、ディーゼル+マイルドハイブリッド、ガソリン+PHEV(プラグインハイブリッド)と、4種類が用意されている。今回は、ディーゼルとマイルドハイブリッドを組み合わせた「マツダCX-60 XD ハイブリッド・プレミアムスポーツ 4WD」に試乗した。

ガソリンとディーゼルにはFRが設定されるけれど、マイルドハイブリッドとPHEVは4WDのみとなる。

低い速度ではモーターが主役、速度が上がるにつれてエンジンの存在感が増すパワートレインは、あらゆる速度で力強い加速を提供してくれる。

そして、エンジンの回転が上がるにつれ、「あぁ、やっぱり直6の回転フィールはいいものだなぁ」としみじみする。いまや直6を提供するのは、メルセデス・ベンツやBMWなど、一部のプレミアムブランドに限られている。

速度が上がれば上がるほど路面に吸い付くように感じる乗り心地は、ヨーロッパの高性能車を思わせる。この冬、豪雪の東北をこのクルマで走破した時には、その安定性に驚かされた。

速度が上がるほどに、路面コンディションがタフになるほどに本領を発揮する、頼りがいのあるクルマなのだ。

マツダCX-60

ワインディングロードに入ると、車高の高さを忘れてしまう。マツダ・ロードスターと同様に、“人馬一体”を味わうことができる。

乗り心地がいいだけでなくハンドリングが優れているのは、マツダ車共通の美点。ハンドルを切ると、狙った通りのラインをトレースしてくれるから、気分がいい。広島の、クルマ大好きエンジニアたちが丹精込めてチューニングしたことが伝わってくる。

マツダCX-60

プレミアムスポーツのインテリアは、タンとブラックを組み合わせることで、上質さとスポーティさの両立を表現している。

最後になったけれど、インテリアの設えがいいことも、ヨーロッパ車愛好家にこのクルマを薦めたい理由のひとつだ。

内装にはいくつかのスタイルが用意されていて、どれも派手さはないけれど、機能とデザインを両立している。つまり、見た目をよくするとともに、使いやすい人間中心のインテリアになっている。

そしていくつかの世界観のインテリアから、自身のスタイルに合わせたものを選ぶことができる。「走る・曲がる・止まる」の基本性能だけでなく、このクルマと暮らす生活を想起させるという意味でも、高く評価したい。好んでヨーロッパ車に乗るような方の、選択肢のひとつになるのではないだろうか。

マツダCX-60

マツダCX-60

精悍な印象を与えるブラックのインテリアや、エレガントなホワイトのインテリアなど、自分の好みやライフスタイルに合ったインテリアを選ぶことができる。

マツダCX-60

マツダCX-60 XD ハイブリッド・プレミアムスポーツ 4WD
全長✕全幅✕全高:4740✕1890✕1685mm
ホイールベース:2870mm 
車両重量:1940kg
エンジン最高出力:254ps
エンジン最大トルク:550Nm
乗車定員:5名
価格:¥5,472,500(税込)

問い合わせ
マツダコールセンター TEL:0120-386-919

サトータケシ/Takeshi Sato
1966年生まれ。自動車文化誌『NAVI』で副編集長を務めた後に独立。現在はフリーランスのライター、編集者として活動している。

過去連載記事

■連載「クルマの最旬学」とは……
話題の新車や自動運転、カーシェアリングの隆盛、世界のクルマ市場など、自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
クルマの最旬学

話題の新車や自動運転、カーシェアリングの隆盛、世界のクルマ市場など、自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載。

TEXT=サトータケシ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる