MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2023.03.12

【画像で見る】榎本二郎氏の貴重なアートコレクションを一挙公開!

今回ゲーテでは、Zero-Tenが空間演出を手掛ける福岡の施設やCEO・榎本二郎氏のアート溢れる自邸に潜入取材を行った。その取材の貴重な写真を一挙公開する。榎本二郎氏のインタビューはこちら

榎本二郎氏の自邸に並ぶアート

ビル・マックのジィエイムズ・ディーンのボンド・ブロンズ彫刻作品

自宅に飾っているアメリカの彫刻家ビル・マックによる、ジィエイムズ・ディーンのボンド・ブロンズ彫刻作品。

サルバ ドール・ダリのリトグラフが並ぶ階段

榎本氏の自邸の階段。シュルレアリスムを代表する作家サルバドール・ダリのドローイングを中心としたリトグラフが並ぶ。

タイタス・カファーの作品『The Redaction』(左)と『The Redaction(Freedom Plaintiffs#2)』(右)

リビングに飾られたタイタス・カファーの作品『The Redaction』(左)と『The Redaction(Freedom Plaintiffs#2)』(右)。

アンディ・ウォーホル『マリリン・モンロー』

オーディオのそばで存在感を放つのは、アンディ・ウォーホル『マリリン・モンロー』。

アンディ・ウォーホルの『Steven』(左)と『Portrait of a Man』(右)

ウォーホルのパーソナリティを垣間見る希少なドローイング『Steven』(左)、『Portrait of a Man』(右)。

トニー・マテリ の『Feet(Nectarines)』

トニー・マテリ『Feet(Nectarines)』。福岡市美術館のコレクション展にも出展した。

パブロ・ピカソの『Portrait of Lola』

パブロ・ピカソが10代後半に描いた『Portrait of Lola』。秘められた狂気と妖艶さがにじみ出るよう。

フランク・ステラの『The Candles』

画家であり彫刻家でもあるフランク・ステラの『The Candles』。

榎本二郎氏とお気に入りのアートたち

アートをこよなく愛する気持ちが自ずと伝わる自邸にて。購入したばかりだという磯崎新のシルクスクリーンやお気に入りのアートとともに。榎本氏の後ろ:磯崎新『再び廃墟になったヒロシマ』、榎本氏の前 左から:ジョナス・メカス『Untitled』、アレン・ギンズバーグ『Mother Ghost』、バイロン・キム『Untitled』、イツァール・パトキン『Untitled』。

一流の作品に出会えるパブリックスペース

ダニエル・ビュランの『Light & Color, work in situ』

Zero-Tenが手がけた「天神ビジネスセンター」(福岡市天神)にインストールされたダニエル・ビュランの作品。パリ的な抜け感が。作品名は『Light&Color, work in situ』。

ダニエル・ビュランの『HG6 Alto Re lieve』

ダニエル・ビュラン『HG6 Alto Re lieve』。

ノレッジ・ベネットの『Cojones Prince Gold』

コワーキングスペース「The Company」福岡PARCO店にはノレッジ・ベネットの『Cojones Prince Gold』。

ノレッジ・ベネットの『ShareACoke(Basquiat)』

ノレッジ・ベネット『ShareACoke(Basquiat)』。

ナム・ ジュン・パイクの作品

「TheCompany」キャナルシティ博多前店に飾られる作品はビデオ・アートの開拓者ナム・ジュン・パイクのもの。

キキ・スミスの作品

ドイツ生まれの現代アーティスト、キキ・スミスの作品。

Zero-Tenが手がけるエンタメの新拠点

フランシス・ベーコンの『Se ated Figure』

福岡市・住吉に2022年12月にオープンした食とエンターテインメントを融合した複合施設「010 BUILDING」。バーテンダー世界チャンピオンでもある金子道人氏がプロデュースする2階のバー「BAR 010」の空間を知的に彩るのは、イギリス人画家フランシス・ベーコン『Se ated Figure』の希少なリトグラフ。

アラン・ラスの作品

世界トップクラスのショーを体感できる「THEATER 010」の客席にさり気なく飾られるアートにも注目を。3階にある作品のうちの1点は、米国人彫刻家アラン・ラスの作品。

ロバート・ロンゴのシルクスクリーン

「THEATER 010」のステージ左手に潜むのは、ブルックリン出身のペインティングアーティストであり、映画監督のロバート・ロンゴのシルクスクリーン。

【特集 アート2023】

TEXT=安永真由

PHOTOGRAPH=林田大輔

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる