MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.08.06

匠の技が炸裂する「日本料理の名店」8選――秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹のお墨付き

秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が厳選したとっておきの店を紹介する、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2022」から、伝統に敬意を払いながら常に進化し、四季折々の食材を美しい料理に昇華する和の名店をピックアップ! ※GOETHE2022年7月号掲載記事を再編。

日本料理まとめ

1:京料理の神髄がある、日本で最初の板前割烹「浜作」

昭和2年に祇園で創業した、日本で最初の板前割烹。川端康成をはじめ各界貴紳をもてなし続け、現在は3代目で現代の名工でもある森川裕之氏が暖簾を守る。創業100年を迎えるにあたり、2021年夏、新町通りに移転した。

浜作

Hamasaku
住所:京都市中京区新町通六角下ル六角町360
TEL:075-561-0330
営業時間:17:00~22:00
定休日:不定休
座席数:カウンター12席
料金:季節のおまかせ¥45,000~
※要予約、電話にて確認
【詳細はこちら】

 

2:秋元康の心を震わせた「神宮前 樋口」

一朝一夕ではなし得ない日本料理の仕事。味だけが料理にあらずと、五感に響く美食を紡ぐ職人の技を堪能できる名店。多くの食通を魅了し「訪れるたびに心が感謝の気持ちで満たされる」と言わしめる「樋口」の圧倒的な美味しさの理由とは?

神宮前 樋口

Jinguumae Higuchi
住所:東京都渋谷区神宮前2-19-12
TEL:03-3402-7038
営業時間:18:00~L.O.21:00
定休日:日曜、祝日、不定休
座席数:カウンター6席、個室1室(〜6名)
料金:おまかせコース¥25,000~
【詳細はこちら】

 

3:銀座の人気日本料理店が再始動「銀座 鼓門」

食べ慣れた大人が集う銀座は料理人にとって、挑戦の場所でもある。一流であることはもちろん、個性や独自性が求められる“美食の街”で、名料理人が、第2章として新たなスタートを切ったのが「銀座 鼓門」だ。

銀座 鼓門

Ginza Komon
住所:東京都中央区銀座7-6-4 GINZA7ビル9F
TEL:03-5962-8712
営業時間:18:00~/20:30(2部制)
定休日:日曜、不定休
座席数:カウンター10席、個室1室(〜4名)
料金:コース¥30,800~
【詳細はこちら】

 

4:京都『和久傳』で研鑽を積んだシェフの隠れ家「鎌倉 北じま」

京都『和久傳』各店で16年研鑽を積んだ北嶋靖憲氏が2021年5月、故郷の鎌倉で独立。空間も料理も野趣と洗練のバランスが絶妙で、早くも注目を集めている。

鎌倉 北じま

Kamakura Kitajima
住所:神奈川県鎌倉市大町4-3-18
TEL:0467-73-7320
営業時間:18:00~
定休日:不定休
座席数:カウンター8席
料金:コース¥24,200~
【詳細はこちら】

 

5:3年目でミシュラン一つ星を獲得「旬房 さかい」

店主の酒井浩平氏は、大阪の浪速割烹の名店や金沢の名割烹『浜長』で修業し、2013年に独立。3年目でミシュラン一つ星を獲得する実力店だ。

旬房 さかい

Shunbou Sakai
住所:石川県金沢市木倉町6-8
TEL:076-221-3911
営業時間:18:00~23:00
定休日:日曜
席数:カウンター8席、テーブル6席
料金:コース¥16,500~
【詳細はこちら】

 

6:料理人にも人気の凄腕店主「実伶」

京都の名旅館で活躍した店主が作る料理を、好きな量で楽しめる割烹。約50品のお品書きから単品で注文するスタイルが基本だが、望めばコース(1万6000円)も用意してくれる。遅い時間にお造りや焼き物などとお酒を軽く楽しむことも可能。明治、大正期の骨董や現代作家の器で、季節の味を堪能できる。

実伶

Mirei
住所:京都府京都市中京区竹屋町通室町東入ル亀屋町143-2
TEL:075-251-2007
営業時間:17:00~L.O.22:30
定休日:水曜、月1回木曜
席数:カウンター8席、個室1室(~5名)
【詳細はこちら】

 

7:割烹ツウの小山薫堂イチオシ「璃庵」

『銀座ふじやま』のセカンド店として2021年夏にオープンした割烹。客の好みや我儘に応じて旬の食材を仕立ててくれる。お酒とアテを楽しむのも可。

璃庵

Rian
東京都港区六本木6-2-6 GEMS六本木4F
TEL:03-6271-5563
営業時間:17:00~L.O.23:00
定休日:不定休
席数:21席、個室1室(~6名)
【詳細はこちら】

 

8:銀座に潜む看板のない老舗天ぷら店「てんぷら茂竹」

大正3年創業の老舗天ぷら店。夜はコースが2種。店の味を支える「関根油店」の胡麻油は江戸時代から伝わる玉締め搾り技法の最高級品。

茂竹

Tenpura Mochiku
住所:東京都中央区銀座6-5-16 三楽ビル2F
TEL:03-3571-1578
営業時間:11:30~14:00、17:00~L.O.21:30
定休日:不定休
席数:8席
料金:コース¥22,000~
【詳細はこちら】

 

【ゲーテイスト2022】
「秘密の店」
「和の神髄」
「洋の絢爛」
「名人の店」
「弩級な鮨」
「肉の魔力」

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる