MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.06.16

璃庵|すっぽん料理からカツサンドまで。割烹ツウの小山薫堂イチオシの店

食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元康小山薫堂、中田英寿、見城徹が厳選したとっておきの店を紹介する、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2022」。伝統に敬意を払いながら常に進化。四季折々の食材を美しい料理に昇華する和の匠の技に酔いしれる。【Part2:和の神髄】

璃庵

美しく盛りつけられた毛蟹(一杯)¥15,000。

小山薫堂「アラカルトで自由に京都スタイルを楽しめます」

『銀座ふじやま』のセカンド店として昨夏にオープンした割烹。客の好みや我儘に応じて旬の食材を仕立ててくれる。お酒とアテを楽しむのも可。

 京都に、縄手通り沿いにあるからロープハンドってことで『祇園ろはん』という小さい割烹があって、そこにいた萬谷さんが料理長をしているお店です。彼は僕と同じ天草の出身。『ろはん』を辞めたら実家のちゃんぽん屋を継ぐと言っていたので、すごく楽しみにしていたんですけど、なぜか『璃庵』にいるんですよ。元々『和久傳』出の京都っぽい料理人なんですけど。

璃庵

奥:「生岩牡蠣」¥2,000。手前:「牡蠣バター醤油」¥2,400(すべて参考価格)。

 『和久傳』出身の人って成功している人が多いですよね。料理も京都っぽい?

 料理はそうでもないんですけど、店のスタイルが京都っぽいですね。京都の割烹って、好きなものを好きなだけ食べられるのがいいじゃないですか。そのスタイルが東京にもようやく来たな、という感じです。

璃庵

手前から時計回りに「カツサンド」¥2,000、そば出汁で割った濃いめのテールスープに九条葱をのせた「牛テールそば」¥1,200、ヤーコン麺に鶏ガラで割った豆乳をかけた「冷たい坦々麺」¥1,200。

 いいね。アラカルトなの?

 アラカルトしかないです。すっぽんの料理からおばんざい、カツサンドまで、なんでもつくってくれます。メニューには値段が書いていなくてドキドキするんですけど、それも京都っぽいかなと。

璃庵

料理長の萬谷太一氏。食材は主に京都と九州から、水は京都の酒蔵から取り寄せて使用している。

Rian
東京都港区六本木6-2-6 GEMS六本木4F
TEL:03-6271-5563
営業時間:17:00~L.O.23:00
定休日:不定休
席数:21席、個室1室(~6名)

【ゲーテイスト2022】※6月24日までに全公開!
「秘密の店」
「和の神髄」
「洋の絢爛」
「名人の店」
「弩級な鮨」
「肉の魔力」

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる