MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.05.06

グランドセイコーetc.ハイスペックな新作国産ウォッチ6選

男性にとって数少ないアクセサリーでもある腕時計。だからこそ、時計選びには個性とともに語れる“ストーリー”も腕元に纏いたい! 今回は、普段使いにオススメな国産ブランドの腕時計を紹介する。

国産ブランドのデイリーウォッチ

デイリーユースには国産ブランドが見逃せない!

腕時計は日常生活に寄り添うものだが、操作や防水に気を使う腕時計だと毎日つけるというわけにはいかない。とはいえ、何かに妥協して選ぶのもつまらない。毎日使え、かつ高スペックで所有する喜びを感じられる時計を探すなら、国産ブランドも選択肢に加えたい。

日本はスイスに並ぶ時計大国であり、伝統的な機械式ムーブメントの技術をしっかり継承してきた。さらにエレクトロニクス分野も強いので、クオーツ式やスプリングドライブ式など幅広いバリエーションの駆動方式を適切に使い分けている。

しかも日本は時計市場が成熟しており、目の肥えた時計ファンが非常に多い。デザインや機構にも精通しており、審美性に対しての要求レベルも高い愛好家たちの期待に応えてきたという実績もある。優れたスペックと物語性のある時計は、実は日本が得意とするところなのだ。

2023年もすでに優れたモデルが次々と発表されている。ケースの立体造形が美しいグランドセイコーのクロノグラフは、シャイニーホワイトダイヤルが独自性を際立たせており、G-SHOCK「フロッグマン」の最新作はケースをフルメタル化することで、さらに強靭かつラグジュアリーに進化した。そして、カンパノラの「コスモサイン」は、1193の星や星雲、星団を表示するロマンティックな天文時計。そして、インディペンデントブランドも粒揃いだ。

実用的なスペックに遊び心を加えた腕時計をバリエーション豊富に用意できるのは、日本ブランドだからこそ可能なこと。まさに“灯台下暗し”。ハイスペックなデイリーウォッチは、我が国にあったのだ。

1.グランドセイコー/スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフ GMT

ブランドのシンボルである獅子のたてがみを型押しで表現した、精密なダイヤルが特徴的なモデル。獅子の爪を思わせるラグのカットも大胆。

グランドセイコー/スポーツコレクション スプリングドライブ クロノグラフ GMT

自動巻きスプリングドライブ、ブライトチタンケース、径44.5㎜。¥1,639,000(セイコーウオッチお客様相談室 TEL:0120-061-012)

ブルーに光る文字盤

夜光塗料ルミブライトの表現にもひと工夫。時刻関係はグリーンで、GMT関係はブルーに光るようにしている。

2.G-SHOCK/MRG-BF1000R

ISO規格に準拠した200m防水ダイバーズ「フロッグマン」がタフに進化。メタルケースだけでなく、表示も針式になったことで潜水計器としてのレベルをさらに上げた。

G-SHOCK/MRG-BF1000R

クオーツ、Tiケース、径49.7㎜。¥594,000(カシオ計算機 お客様相談室 TEL:0120-088925)

ケースバックのカエルイラスト

ケースバックには、おなじみの「潜水タンクを背負ったカエル」のイラスト。時計は進化しても、伝統は続く。

3.カンパノラ/コスモサイン AO4010-51L

14版を重ねて作った精密かつ美しい星座板が回転し、北緯35度に見える星空を再現する。月齢や日の出日の入り時間の読み取りが可能な、高度で正確な天文時計だ。

カンパノラ/コスモサイン AO4010-51L

クオーツ、SSケース、径45㎜。¥363,000(シチズンお客様時計相談室 TEL:0120-78-4807)

ドーム型の風防ガラス

ドーム型の風防ガラスにはクラリティ・コーティングを施し、細部まで反射を抑え、星空の様子を鑑賞できる。

4.クロノ トウキョウ/34㎜

独立時計師、浅岡肇が手がける2019年設立の新ブランド。国産汎用ムーブメントを使って価格を抑えつつ、小径&レトロな雰囲気が楽しい。

クロノ トウキョウ/34㎜

完売。自動巻き、SSケース、径34㎜。限定150本。¥165,000(クロノ トウキョウ https://kuronotokyo.com

5.ナオヤ ヒダ/NH TYPE 2C

時計業界で長年キャリアを積んだ飛田直哉が手がける、レトロスタイルのドレスウォッチ。インデックスは彫金でブルー針も手焼きするなど、手仕事にこだわっている。

ナオヤ ヒダ/NH TYPE 2C

手巻き、SSケース、径37㎜。年間生産10本。¥2,640,000(NH WATCH https://naoyahidawatch.com

6.ミナセ/VM14 シリーズ DIVIDO アイスブルー

切削工具メーカーとして始まり、ケースの製造をしていた協和精工が2005年から時計ブランドを始動。精密な加工が生みだす表現が特徴で、本モデルは雪平模様の青いダイヤルが美しい。

ミナセ/VM14 シリーズ DIVIDO アイスブルー

自動巻き、SSケース、径40.6㎜。¥517,000(協和精工 TEL:04-7192-6345)

TEXT=篠田哲生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる