MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.04.03

初代グランドセイコーを黒漆&高蒔絵ダイアルでアップデートした「SBGW295」

クラシック回帰や90’sリバイバルなど、時代が繰り返すなかでさまざまなことがブラッシュアップされてゆく。それらを経た結果、本質的にいいモノを見極めたいという人が増えたように思える。今回紹介するグランドセイコーの腕時計は、そんな人の琴線に触れるのだろう。

グランドセイコー「SBGW295」

日本国内の展開は100本のみリリースされた「SBGW295」。漆に加えブリリアントハードチタンケースが、長く愛でるための1本であることを教えてくれる。径38㎜、9S64手巻きムーブ、日常生活用防水、世界限定500本。¥1,815,000(グランドセイコー)

そこにあるのは、日本らしい奥ゆかしき絢爛

セイコー創業者の服部金太郎が、国産腕時計第一号の「ローレル」を生みだした1913年から110年。2023年、グランドセイコーからアニバーサリーモデルが登場した。

1960年に誕生した際につくられたファーストモデルをベースにしたもので、見どころは、黒漆と漆芸家・田村一舟氏がこの時計のためだけに施した高蒔絵によるダイヤルにある。

漆は美しさだけでなく、実は耐久性にも優れている。つまり、アート性だけでなく機能面も考慮された、単なるジャポニズムの賛美ではないということだ。

今、勢いのあるジャパンブランドから選ぶべきものは、こんな1本なのかもしれない。

問い合わせ
セイコーウオッチお客様相談室 TEL:0120-061-012

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=SHINMEI(SEPT)

STYLING=五十嵐堂寿

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる