MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2024.05.05

ギフトにも! エルメス、ティファニー、グッチ…最高級食器6選【まとめ】

メゾンの最旬テーブルウェアコレクションをまとめてお届け! ※2024年3月掲載記事を再編。

メゾンのテーブルウェア6選【まとめ】

1.エルメス、実用性もあるカラフルなテーブルウェア

エルメスのテーブルウェア

ミラノ・デザインウィークに参加するなど、家具を中心としたホームコレクションの充実にも目を見張るエルメス

ホームコレクションのアーティスティック・ディレクターであるシャルロット・マコー・ペレルマンとアレクシィ・ファブリが監修するその美しいオブジェは、人々のライフスタイルに優しく溶けこむ。

ポーセリンのテーブルウェア・コレクション「ソー・エルメス」は、エルメスが主催する国際的な馬術の障害飛越競技大会からインスピレーションを受けたもの。

【続きはこちら】

2.バカラ×サンローラン、スタイリッシュなグラス

サンローランのテーブルウェア

2021年から本格的にスタートしたサンローランのライフスタイルカテゴリーは、クリエイティブ・ディレクターのアンソニー・ヴァカレロがキュレーションを行い、なかにはトップブランドとコラボレーションしたアイテムも展開する。

例えばジャン・ルイ・コケ社が製作した食器類。1824年創業、フランス伝統のリモージュ焼きの名門と生みだしたのは、メゾンのアイコンともいえるレオパード柄をあしらった4枚のプレートセットだ。

またグラスは、1764年創業のフランスの名門バカラとのコラボレーションで、ブラッククリスタルやカッティングで個性をつくる。

【続きはこちら】

3.“ミラノの帝王”の美学を生活に! アルマーニ/カーザ、最新器コレクション

アルマーニ/カーザのテーブルウェア

ファッションデザイナーでありながら、ホテルやレストラン、そしてインテリアなど、暮らしのすべてをプロデュースしてきた“ミラノの帝王”ジョルジオ・アルマーニ。それらはすべて、彼のライフスタイルから紡ぎだされるものである。

日常のなかでアルマーニ氏の世界に浸ることができるのがアルマーニ/カーザだ。世界各地にブティックを構えて、さまざまな家具アイテムを展開しているが、その優美で上品な世界はホームコレクションでも十分に楽しめる。

プレートの絵柄やナプキンホルダーのデザインには、彼のインスピレーションを掻き立ててやまないアジア文化を取り入れており、アルマーニ/カーザの家具やテキスタイルとも好相性。

【続きはこちら】

4.ティファニー、1960年代オマージュのテーブルウェア

ティファニーのテーブルウェア

アメリカの上流階層のライフスタイルを彩ってきたティファニー。ホームコレクションの歴史も長く、創業者の息子であるルイス・コンフォート・ティファニーは、アールヌーボー期の作家としても有名。

彼はランプや花瓶、そして銀製品のデザインも手がけており、そういった伝統が現在のテーブルウェアへと結びついている。

ヴァルス ブルーのパターンは、アーカイブに残された1960年代のテーブルウェアにオマージュを捧げたもので、有機的な曲線を描いた柄が特徴。さらに縁にはゴールドのハンドペイント仕上げが施されており、華やぎを加える。

【続きはこちら】

5.ディオール、2色使いのクラシカルなテーブルウェア

ディオールのテーブルウェア

18世紀に生まれたフランス伝統のファブリックデザインである「トワル ドゥ ジュイ」は、自然や動物といったモチーフを2色で描くというもの。

そのシンプルな色使いに魅せられたムッシュ ディオールは、パリに開いた自身の初ブティックにもこの「トワル ドゥ ジュイ」を内装に取り入れたという。

現在のディオールでもこの柄をアイコンとして、ホームコレクションにも取り入れられている。ボルドー×ホワイトの印象的な色使いで、フランスの伝統磁器「リモージュ焼き」に、クラシカルな美的表現をつくりだした(カラー展開は、他にグリーンやグレー、ネイビーもある)。

【続きはこちら】

6.グッチ、レトロなイタリア製食器コレクション

グッチのテーブルウェア

生活空間を自分らしく演出できる多彩なアイテムを取り揃えた、グッチのインテリアコレクション「グッチ デコール」。その装飾的なデザインには、フラワーやアニマルなど自然界を称えるモチーフが使われており、毎日の暮らしに彩りを加えてくれる。

今期はヴィンテージ ファブリックにインスピレーションを得た独創的なトワル・ド・ジュイのデザイン、ハーバリウムを取り入れ、プレートなどには生き生きとした草木や蝶の姿が躍る。

プレートなどの製作は、イタリア最大の陶磁器メーカーで、現在はグッチと同グループに属するリチャード・ジノリが担当し、モダンデザインとイタリアの伝統工芸を高次元で融合させた。

【続きはこちら】

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる