MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.09.15

【西野亮廣】“お手伝い”的な仕事を避け、「タイパ」「損得」とか言いがちな人は、「稼ぐ力」が身に着かない!―『夢と金』20万部突破の説得力

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は『タイムパフォーマンスを優先しすぎて失敗した』というテーマでお話ししたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第111回 自分の持ち場以外にも顔を出して、ボランティアでもいいから手伝わせてもらって、本来出合うことがなかった問題と出合い、解決策を探して手足を動かして、思考回数を増やせ!

西野亮廣

自分達が主催のイベントじゃないのに、ボランティアを志願したから手に入れられた宝物

 最近、すっごい勉強になっていることが2つあります。

サロンメンバーさんは御存知だと思うのですが、1つは2023年10月28日(土)に開催する『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』です。

コチラはCHIMNEY TOWNが主催のイベントじゃなくて、僕らがライブやミュージカルや演劇を作る時にいつもお世話になっているSHOW DESIGNさんという会社が主催するイベントです。

「主催」というのは「すべての責任を背負う人」のことを指していて、今回は、中身(コンテンツ)から、集客や制作費の問題まで、すべてSHOW DESIGNさんが責任を背負ってくださっています。

ただ、「コケたところで、自分にはダメージが無いので、頑張りません」みたいな働き方・生き方はしたくないし、僕ら自身、大きなイベントの主催を務める時に四六時中まとわりついてくる面倒や不安や恐怖をよくよく知っているので、ここで「協力しない」という選択肢はありません。

なので、自分達が主催のイベントじゃないのに、本当に毎日、「どうやったらお客さんに来ていただけるのか?」「どうやったら来ていただいたお客さんに喜んでもらえるのか?」「どうやったら、予算を回収できるのか?」を考え、行動しています。

現在、立ち上がっている『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』関連のクラウドファンディングも僕の方から「これ、やらせてもらっていいですか?」と手を挙げてやっていて、おそらく皆さんは「『えんとつ町』って入っているし、西野案件じゃないの?」という受け取り方をされている(あるいは「西野がクラウドファンディングをする」というのが自然すぎて違和感を持っていない)かもしれませんが…よくよく考えてみたら変なことをやっているんです。

喩えるなら、文房具のコクヨさんが『アンパンマン色鉛筆』を発売する時に、やなせたかしサンがクラウドファンディングをして、『アンパンマン色鉛筆』の宣伝費を集める…みたいな感じです。

このように西野亮廣以外の原作者に置き換えて考えていただけると、この度の僕の動きが自分の持ち場の外にある仕事だということが伝わるかと思います。

では、それに対して、西野本人が何かしらのストレスや違和感を持っているかというとそんなことは全然なくて、『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』はやることなすこと全部「初めて」だらけだから(誰も解いたことがない問題だらけだから)、メチャクチャ勉強になっていて、ここで学んだことは確実に次に活かせると思っています。

僕としては、オンラインサロンの記事を読んでいただきたくてたまらないんですけれど…『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』の経営者席&VIP席をデザインする上で向き合った問題と、絞り出した解決策は、どう考えても他のイベントにも転用できて、僕らに限らず、イベントを主催する全員が使える全く新しい一手(VIP戦略)となっています。

またビジネス書を書くことになったら、そこに書いてもいいぐらいの内容です。

それもこれも、自分の持ち場以外の仕事に目を向けて、自分の持ち場以外で困っている人を探して、「それ、手伝わせてもらっていいですか?」とボランティアを志願したから手に入れることができた宝物で、
そう考えると、タイムパフォーマンスや「それをやって、私にどんな得があるの?」といった確認作業を前面に持ってきちゃう人というのは、この部分の成長を手に入れることができないから、生々しい話をすると「稼ぐ力」が低いまま、余生を生きることになる。

ダイエットに似てると思うんですけども、体重を落とすよりも、痩せやすい身体を作った方が、後々、遥かにラクなんですね。

筋肉量を増やせば、食べても太らないんだもん。

それと同じで、「稼ぎやすい身体」を作ってから、仕事を続けた方が遥かにラクで、その為には自分の持ち場以外にも積極的に顔を出して、ボランティアでも何でもいいから手伝わせてもらって、本来、出合うことがなかった問題と出合い、解決策を探して手足を動かして、思考回数を増やすのが結果的には一番ラクです。

『バンドザウルス』の活動を始めたから、得られたアプローチ

「最近、勉強になっていること」の2つ目は駆け足で紹介させていただきますが…『バンドザウルス』です。

昨日、『バンドザウルス』のYouTubeチャンネルで動画が一本上がったんです。

こちらは『スモークフィッシュ』という商品を紹介するゴッリゴリの企業案件なんですけども、今の時代、もう皆、「企業案件」という言葉も、その意味も全部分かってるじゃないですか?
「ああ、これは案件なんだな」というところまで読まれるようになった。

「企業案件ということがバレてしまう時代の宣伝って何があるんだろうなぁ?」と色々と考えてみた結果、バンドザウルスの『スモークフィッシュ』のCMは、画面の右上に『※お金を貰って宣伝しています』というテロップがずっと出てるんです(笑)。

それを受けて、コメント欄では「お前、食べてねーだろ(笑)」というツッコミが飛び交っていて、お客さんがCMに対して、すっごく前のめりになっているんですね。
と同時に、そんなCM(ギャグ)にお金を出している企業さんの好感度が上がっている。

この「お金を貰って宣伝していますCM」は「(ハナから存在自体でボケている)恐竜だから許せちゃう」のが大きいと思っていて、タレントやインフルエンサーだと、チョットやりにくい。
それもこれも、こんな展開が待っているとは思ってもみなかったのに『バンドザウルス』という活動を始めたから、得ることができたアプローチで、やはりここでも「タイパ」や「損得」を後回しにしたのが大きかった。

実は、すでに、この宣伝の発展系を思いついていて、そちらはオンラインサロンの方に投稿させてください。
先に言っておきますが、メチャクチャ面白いです。

長くなりましたが、一言で話をまとめると、「タイパとか言ってんなよ。弱くなるぞ」といったところでございます。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! 舞台『テイラー・バートン』のオンライン配信、9300枚突破!(2023年8月31日現在)

【オンライン配信チケットはコチラ】

■冒頭20分無料動画はコチラ

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 2023年10月28日に、幕張メッセで『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』!

幕張メッセのド真ん中に巨大な櫓(やぐら)を建てて、“盆踊り大会”を開催することに! 今回仕掛けるのは“えんとつ町の盆踊り大会”、イベントタイトルは『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』です。
現在、クラウドファンディング【幕張メッセで開催する『ハロウィン盆踊り』を大量の提灯で彩りたい】実施中。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
9月25日(月)に青森、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に東京、
10月04日(水)に香川、
10月11日(水)に愛知、
10月12日(木)に静岡、
10月16日(月)に新潟、
10月18日(水)に大阪、
10月22日(日)にオーストラリア、
11月02日(木)に北海道、
11月06日(月)に福井、
11月07日(火)に大阪、
11月11日(土)に愛知、
11月30日(木)に岐阜、
12月11日(月)で群馬、
12月18日(月)に宮城でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる