MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.05.12

ナジャ「こう生まれたんだから、しゃーないやん」

アスリート、文化人、経営者ら各界のトップランナーによる新感覚オンラインライブイベント「Climbers(クライマーズ)」。その第6弾が、2023年4月26日から3日間にわたって開催され、ビジネスパーソンを大いに熱狂させた。今回、ドラァグクイーンのナジャ・グランディーバさんによる特別講義を一部抜粋して掲載。すべての講義を聴くことができるアーカイブ配信はこちら。※2023年5月2日〜5月15日18時までの無料限定公開。申し込みは画面内右上もしくは下の「視聴登録はこちら」より

ナジャ・グランディーバ

堂々と振る舞っていたら、自然に人が集まってきた

子どもの頃から、所作や言葉遣いが女の子っぽくて、オカマやオカマラスってあだ名で呼ばれていました。高校に入って思春期になると、男が好きだとはっきりとわかった。私にとっての恋愛対象は男性なんだなあと。

でも、いじめられた記憶はないんです。「あの人、オカマじゃないの」と陰で言われることはあったけど、それで嫌な思いをしたことはない。だって、「その通りです。それが私なんです」としか言いようがないじゃない。そう生まれてきたんだから、しゃーないやんか。受け入れて生きていくしかないんです。

同性愛者であることでいじめられるという人は、過敏に反応しちゃっているのではないでしょうか。感情的に言い返しても、周りはおもしろがって、さらにいじめてくる。「そうだけど、何か悪いの?」くらいの毅然とした態度でいれば、周囲は何も言ってこなくなります。

堂々と振る舞っていたら、自然に人が集まってきました。「しゃべってみたら、意外におもしろいヤツだな」と言われて。学生時代、友達はいっぱいいましたよ。

ただ、少し寂しい気持ちもありました。私は兵庫の田舎町で育ったので、周りに私みたいな人はいなかったんです。私のようなゲイは、テレビで見るおすぎさんとピーコさんだけ。世界にゲイは3人しかいないのではと感じていましたね。

それが大学進学で大阪に出て、世界ががらっと変わった。ゲイバーに行ったら、私と同じ人がたくさんいる。しかもイケメンがいっぱい。自分の居場所を見つけ、どっぷりゲイライフを楽しみ始めました。

マツコ、ミッツとは別の路線で

芸能界で働くようになって意識したのは、自分らしさを重視して、考え過ぎずにやっていこうということ。だって、毒を吐くのはマツコ・デラックスさんに敵わないし、知識で勝負しようとしたらミッツ・マングローブさんに勝てません。2人と勝負するのは無理だなと。でも、私には2人にはない「穏やかでのんびりしている」という個性がある。それでやっていこうって思ったんです。

今は人の目を気にせずに、マイペースで仕事に励んでいます。6割くらいの力の入れ具合。それが私に合っていて、楽しく幸せに仕事を続けられています。でも、家族へのカミングアウトは苦労しましたね。

テレビでレギュラー出演の仕事をいただいた時、家族にカミングアウトしようと決意しました。母親に電話をかけ、「女装してオネエとしてテレビに出ることになりました」と報告したんです。母親は「それだけはやめてくれ」と。実家は兵庫の田舎町で米屋をやっていて、息子がゲイだと知れたら、商売に影響するかもしれないと言うんです。

でも、次の日の朝、母親から電話がかかってきました。たぶん、家族会議でも開いて、1日考えたんでしょう。「好きにしたらいい」と言ってくれた。その言葉がなかったら、私は今もアンダーグラウンドのままだったと思う。家族も息子がゲイであることを今も隠し続けていると思う。勇気をもって決意してくれたことを、ありがたく感じています。

▶︎▶︎ナジャ・グランディーバさんの講義全文を動画でチェック。
2023年5月2日〜5月15日18時までの無料限定公開。申し込みは画面内右上もしくは下の「視聴登録はこちら」より。※アーカイブ視聴申し込みは5月14日18時まで

 

ナジャ・グランディーバ/Nadja Grandiva
兵庫県生まれ。大阪在住のドラァグクイーン。毒舌を言わない「のんびりオネエ」として、関西を中心に活動中。CBC『ゴゴスマ』やMX『バラいろダンディ』等のレギュラーや多数のメディアに出演している。MBSラジオ「ナジャ・グランディーバのレツゴーフライデー」が、2021年の日本民間放送連盟賞【ラジオ・生ワイド番組部門】にて、優秀賞を受賞。近著に初エッセイ『毎日ザレゴト』(大和書房)がある。

TEXT=川岸徹

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

2023年1月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2023年11月25日に発売となる。総力特集は、ニッポンのSAKE。日本だから楽しめる、日本人でよかったと心底思えるお酒を探っていく。そのほか、エグゼクティブのための究極のゴールドウォッチを紹介! ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる