MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.05.05

【西野亮廣】『夢と金』に書いたのは全て「2023年の仕事の現場で起きていること」です。さて、「たくさん売ることで失ってしまうもの」とは?

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は『たくさん売ることで失ってしまうもの』というテーマでお話ししたいと思います。
発売1週間で3刷11万部まで行った話題の一冊からです。

【連載「革命のファンファーレ2~現代の労働と報酬」】

第92回 夢の値(ラグジュアリー度)を出す計算式は「認知度―普及度」

西野亮廣

「プレミアム」と「ラグジュアリー」は全然違う

環境のせいにするのは好きではありませんが、「環境がモノを言う」というのは確実にあって、その中でも「先生ガチャ」のようなものはあると思っています。
良い先生に出会えるかどうかで、その後の人生の開き方が変わってくる。

ちなみに僕の中で「自分の学校にいて欲しい先生ランキング」の1位は、リクルート出身で、杉並区立和田中学校校長、奈良市立一条高等学校校長を務められた教育改革実践家の藤原和博さんです。

藤原先生の「『100万人に1人』の存在になる方法」というのが超面白いので、是非、調べてみてください。
これ、堀江さんとかも影響を受けていたと思います。

その藤原大先生が僕の最新刊『夢と金』を読んでくださったみたいで、先日、こんなツイートをしていたんです。

「西野亮廣『夢と金』。これは『新時代の経済改革ルール』の書だ。高校生は実体経済を知らない先生から公共で教わるより、こっちを読んだ方がいい。私立では遠慮なく教科書として使っていいし、東大の経済学部でも『夢と金』講座あるべし。教育改革実践家・藤原和博」

本当にありがたく、身に余るお言葉ですが、ただ自分で言うのもアレですけども、僕が『夢と金』に書いたのは全て「2023年の仕事の現場で起きていること」なんです。

今日は、先日発売となった『夢と金』の第1章「富裕層の生態系」から、「ラグジュアリー」について書いたページをピックアップして、深掘りしたいと思います。

本に書いたのは「プレミアムとラグジュアリーの違いを言語化して、頭に叩き込んだ方がいいよ」ということ。

おそらくほとんどの人がこの違いを言えない。

結論、「プレミアム」と「ラグジュアリー」というのは全然違って、「プレミアム」というのが「競合がいる中のNo.1商品(上位商品)」で、「ラグジュアリー」というのは「競合がいない商品」のこと。

この違いはそのまま価格にも表れていて、「競合がいる商品」はお客さんが他の商品と比較して選ぶわけだから、結論、商品の値段を決めるのはお客さんになる。

一方で、「競合がいない商品」というのは、お客さんが他と比較しようにもできないから、極端な話、売り手の言い値になるわけですね。

「プレミアム商品」の値段を決めているのはお客さんなんだけど、「ラグジュアリー商品」の値段を決めているのは売り手なんです。

だから、ここに価格の差が大きく出る。
当然、「ラグジュアリー」の方が高くなる。

「価値をつけて売る」ことを考えなくてはならない

ここから「ラグジュアリーの作り方」の話になるわけですが(詳しくは本を読んでください)、『夢と金』では、「ラグジュアリー=夢」としているんですね。

で、夢の値(ラグジュアリー度)を出す計算式というものを紹介しているんですけども、それが「認知度―普及度」です。

この値が大きければ大きいほど、夢(ラグジュアリー)と呼ばれるものになる。
計算式でピンとこない人に向けて、言葉で説明すると、夢(ラグジュアリー)というのは「誰でも知っているけど、(ほぼ)誰も手に入れていないモノ」です。

『夢と金』の深堀りはココからです。
たとえば、3000人のファンを抱えているアイドルがいたとする。
そのアイドルは、CDを出せば毎回確実に1000枚は売れる。
すんごいドンブリ勘定ですが、そのCDの販売価格が1000円で、制作にかかるコストが500円だとする。
つまり、1枚売れたら500円の利益が出る。
そうすると、CDを1000枚売ったら、「1000枚×500円」になるので、このアイドルがCDを出した時の利益は「50万円」。
大体、みんな、コレをやっちゃう。

ここにラグジュアリーの考えを入れるとどうなるかというと、CDは1枚しか作らないんです。
音源はYouTubeで全編流すけども、CDは1枚しか作らない。
3000人がそのCDのことを知っているんだけど、持っているのは一人だけ。

つまり、「誰でも知っているけど、(ほぼ)誰も手に入れていないモノ」です。
このCD、いくらで売れると思います?
60万円で売れるかもしれないし、下手すりゃ、100万円でも売れるかもしれない。

このアイドルに将来性があったら、投資家なら秒で買うでしょう。
「買っといて、価値が上がった時に売る」と考える。

ちなみに、1000枚売ってしまったら、投資家の好物である「転売価値」は生まれない。
アイドルとして活動を続けていくには予算が必要です。

今、自分達が置かれている状況(ファンが3000人)の場合、「1000枚売った方がいいのか?」それとも「1枚だけ売るのがいいのか?」…ここを考えられるようになった方がいい。

多くの日本人は「たくさん売ること」しか頭にないけど、これからは「価値をつけて売る」ということも考えていかなきゃいけない。

『夢と金』の第1章では、「富裕層はどんな生き物で、何を望んでいるのか? それに対して僕たちはどうサービスを提供していくのか?」ということを事細かに書いています。

生きていく上で絶対に必要になってくる知識なので、まだ『夢と金』を読まれていない方は直ちに読んでください。

そして、読まれた方は大切な人(守りたい人)にこの本をプレゼントしてください。
今日は「たくさん売ることで失ってしまうもの」というテーマでお話しさせていただきました。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で、発売当日に増刷&10万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
5月13日(土)に静岡、
5月19日(金)に東京、
5月20日(土)に兵庫、
5月21日(日)に愛知、
5月28日(日)に宮崎、
6月02日(金)に大分、
6月03日(土)に大阪、
6月24日(土)に東京、
6月25日(日)に愛知で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる