MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.04.21

【西野亮廣】「事前の告知」は、「クリエイターの努力を無駄にしない」というリーダーの覚悟の表れであり、日頃応援してくださっているお客様への誠意

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。(こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです)

今日は『キチンと告知をしない、が何故バカなのか?』というテーマでお話ししたいと思います。
僕のサロンは法人会員も受けつけておりまして、「社長が社員になかなか言えないことを西野が代弁する」というのも役目の一つだと思っています。
今日は、そんな回です。
※法人会員はコチラ

【連載「革命のファンファーレ2~現代の労働と報酬」】

第90回 きちんと告知をしないと、結果、「販売コスト」がベラボーにかかってしまう

西野亮廣

チームメンバーの頑張りを殺すリーダー

昨日、CHIMNEY TOWN DAOから『バンドザウルス』の新しいNFT「TAMAGO」がリリースされたそうです。
「え? 知らなかった!」という方が95%だと思いますが、僕もリリース20分前に聞きました。
つまり、世間の認知度はほぼ0%です。
#どこで売ってるの?

これによって「TAMAGO」というプロジェクトは失敗に終わりますが、CHIMNEY COFFEEが渋谷でアパレルショップを出店する時しかり、CHIMNEYの若手の「告知しない(直前になって慌てて告知をする)」は伝統芸のようになっています。

昔から僕らを応援してくれる皆様の気持ちを代弁させていただくと、
「西野さんがプロジェクトを仕掛ける時は何ヵ月も前から何度も何度も『発売日』を丁寧に告知して、そして『早い段階から告知することの重要性』を何度も説明しているのに、なんで西野さんの近くにいるCHIMNEYの若手は毎回毎回告知をサボるの?」
といったところだと思います。
これに関しては、CHIMNEYスタッフの読解力と記憶力が壊滅していること(&CHIMNEYのシステムエラー)が原因だと思います。
ただ、これはCHIMNEY TOWNに限った話ではなくて、いろんなチームでも起きている問題だとも思います。
(※CHIMNEY TOWNは「出せばある程度売れる」というアドバンテージがあるから、他社よりも余計に、若手が『宣伝』をナメてしまう…というのはあるけれど)

これにはやはり【前もってキチンと告知をすることの重要性】を“あらためて”理解する必要がありそうです。

「告知無し」「直前の告知」のリスクについては過去にお話ししたとおり。
「どの宣伝が効くのか?」を知る期間(宣伝方法を改善する期間)が必要…などなどです。
【関連記事『「集客」を骨の髄までナメきっているバカ』】
今日は、過去にもお話しした話以外で、「事前告知の重要性」についてお話ししたいと思います。

広告はオセロのように仕掛ける

(※ここでお話しするのは、15席で満席になるような小規模のイベントの場合は除きます)
「発売日を事前告知しない」が成立するのは、「発売日を事前に告知しないこと」がニュースになる(面白いノリが発生する)場合のみで、基本的には「事前に情報を共有しておいて、コミュニティーの熱を高めて高めて…発売日にドン!と売る」が販売の鉄則です。

では、何故、発売日を合わせた方がいいのか?

その一つに(有名な話ですが)、「『宣伝』は受け手が3回接触して、初めて効果を出る」という【3ヒット理論】があります。
・1回目の接触:知る
・2回目の接触:ちょっと興味が湧く
・3回目の接触:「あ。また、この宣伝だ。流行ってんのかな?」
…みたいな感じで、受け手の感情が動き、受け手は3回目以降にようやく行動(購買)に移ります。

CHIMNEYの若手がやっている宣伝モドキは「1回目の接触:知る」だけで、これだと“コアファン”しか動きません。
#TAMAGOの場合だとせいぜいDAOメンしか買わない

次に、これこそが「販売日を合わせた一番の理由」なのですが…
《商品を買っていただく時というのは、どんな条件が整っている時か?》

これは「自分は、どんな時に商品を買ってるかな?」を考えてみれば見えてくると思うのですが、おそらく「“短期間で”二人以上の友達がその商品を買っていた時」ではないでしょうか?

「A君が『SLAM DUNKの映画が面白かった』と言ってて、B君も『SLAM DUNKの映画が面白かった』と言ってる。なんだ? そんなに面白いのか? ちょっと観に行ってみよう」という感じ。
この時、A君が言ってるだけなら、「それは貴方の感想(主観)ですよね?」で終わっているのですが、A君と同じ感想を持つ人が(信用している身内の人間から)二人以上出た時に『SLAM DUNK 面白い』が「個人の感想」の枠を飛び出る。
同時に『SLAM DUNKを観に行かないと話題に乗り遅れる(A君とB君の会話に入れない)』という動機が生まれる。

大切なのは、「“短い期間で”オセロのようにターゲットの両脇にいる人間を押さえること」で、「発売日(購入していただく日)」を合わせる理由はココにあります。

これをやらないと、販売員がA君に訪問販売をして、B君に訪問販売をして…という状態になり、A君とB君が買うまでに時間が空いてしまい、「オセロ効果(間にいる人がひっくり返る)」が生まれず、販売員がアプローチできていないC君がその商品を買うことはありません。
この状態でC君に買ってもらうには、販売員がC君に訪問販売しなきゃいけない。
つまり、「販売コスト」がベラボーにかかってしまう。

これは全サービス提供者が頭に入れておいた方がいいと思うのですが、「マーケティング」が目指さないといけないゴールは「販売しなくても売れる状態」であり、「販売コストがベラボーにかかる商品」は【負債】です。

あと、「話題作の方が売りやすい」ということも覚えておいた方がいい。

それと、もう一点。
事前告知無しの「発売開始しましたー!」の(実質)事後報告は、それが初耳のお客さんの中に「あ。私はそれぐらいの扱いなんだ(共犯者ではないんだ)」という感情を生んでしまうので、仲間を減らす一方です。

発売日の足並みを揃えなかった「TAMAGO」はすでに負債の仲間入りをしていて、これにより「TAMAGO」に関わったクリエイターの努力は水の泡。
くわえて「コミュニティー(CTD)の雑さ」「俯瞰力の無さ」もアナウンス(ネガキャン)してしまっている。

「事前の告知」は、「クリエイターの努力を無駄にしない」というリーダーの覚悟の表れであり、日頃応援してくださっているお客様への誠意です。

信用(ブランド)を商品にしているカンパニーには、
「いつもありがとうございます。今度◯月◯日に、このような新商品が出ます。もし良かったら一度お試しください」
という誠実さが必要です。

「何回言っても告知をサボる若手が出てくるので、システムをそろそろ変えたら?」という声が飛んできそうなので、今朝、弊社代表と話し合って
「若手スタッフのイベント(小規模のモノは除く)の開催日(新商品の販売日)の“少なくとも”3週間前から告知を始めていないイベントは開催(販売)禁止」
というルールを決めました。
#影響力のある西野は別ルール

皆さんのチームでは「事前の告知をキチンとする」を徹底できていますでしょうか?
今一度、チームで話し合ってみてください。
現場からは以上です。
#そんなことよりもTAMAGOってどこで買うの?

 

発売日に重版決定!
西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』発売中! コチラから

※予約早々Amazonランキング書籍総合1位、発売日当日に重版が決まった話題の一冊です。

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
4月21日(金)に神奈川、
4月23日(日)に沖縄、
4月24日(月)に愛知、
4月30日(日)に静岡、
5月13日(土)に静岡、
5月19日(金)に東京、
5月20日(土)に兵庫、
5月21日(日)に愛知、
5月28日(日)に宮崎、
6月02日(金)に大分、
6月03日(土)に大阪、
6月25日(日)に愛知で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる