MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.09.10

【川村壱馬】LINEのやりとりで一番使う絵文字とは? 担当編集者が明かす素顔

仕事への情熱、プライベートでの一面……。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル川村壱馬にインタビューを終えた統括編集長の舘野晴彦が明かす、LINEのやりとりから見えた川村壱馬の素顔とは──。動画連載「2Face」とは……

川村壱馬氏

炎のスタンプだらけ。LINEからも感じ取れる川村壱馬の一途さ

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルを担当する川村壱馬。デビューから5年、現在は役者としても活動の幅を広げ、’22年9月9日に公開されたHiGH&LOWシリーズ最新作『HiGH&LOW THE WORST X』のメインキャラクターである花岡楓士雄(はなおか・ふじお)役を演じる。川村にインタビューを終えた舘野は、こう振り返る。

「川村壱馬を象徴する言葉って、”一途さ”だと思うんです。とにかく一途で、真面目で、いつも目の前のことに熱中している。LINEや電話でやりとりをするのですが、止まらなくなるんですよ(笑)。その熱い思いを聞くと、こちらも聞きたいことがたくさん出てくる。その一途さが魅力だと思います。

壱馬とのLINEを見返して面白いことに気がついたのですが、炎のスタンプがやけに多いんです。”こうしていきたいです!”のあとに、炎のスタンプが3つ。

”こんなことがありました。でも負けません!”のあとには、炎のスタンプが5つあったりして(笑)。どこまでも一途なんですよ。

その時の仕事によって、さまざまな顔になる。骨格から変えているのではないか? と思うほど幅が広いので、やはりプロフェッショナルなんですよね。圧倒的に大きな存在になると感じています」
 

川村壱馬氏

プライベートは読書家。川村壱馬オススメの本

「プライベートも真面目なんですよね。フォトエッセイ集『SINCERE』の打ち上げをした際、本の話題で盛り上がりまして。編集者として、純粋な本好きと話せることが、素直に嬉しくなりました。『壱馬目線で、お薦めの本を教えて欲しい』と伝えると、すぐにLINEで、タイトルと理由をシチュエーション別に、しっかりと送ってくれたんです。このシチュエーション別の設定が面白い。すごく壱馬らしいので、本人に許可を取って、そのままご紹介します」

(1)めちゃくちゃ号泣したのは……
『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』/七月隆文 著/宝島社文庫

(2)読書に火がついたのは……
『ルビンの壺が割れた』/宿野かほる 著/新潮文庫

(3)最後まで犯人がわからなくて、読んでる間も、読了後も楽しめる構成が面白いなと思ったのが……
『私が彼を殺した』/東野圭吾 著/講談社文庫

(4)活字だからこそ途中のシーンの描写で自分の頭の中のイメージと最後に明かされるそのシーンの情景とがまったく違ったものすぎて、完全に騙されたり、最後で更にまさかの展開があったり、二転三転するとっても面白い構成だなと思ったのが……
『噂』/荻原 浩 著/新潮文庫

「なんとも設定が面白いですよね。編集者目線でも、とても頷けるんですよ。壱馬の人としてのキュートさ、チャーミングさをとても感じました」

インタビュー動画 2Face〜川村壱馬のONの顔

インタビュー動画 2Face〜川村壱馬のOFFの顔

「2Face 仕事編」:【川村壱馬】映画『HiGH&LOW THE WORST X』原作者のひと言で決めた役づくり

「2Face プライベート編」:【川村壱馬】実は彼女? 気になるオカンの正体とは!?

Kazuma Kawamura
1997年大阪府生まれ。2014年「VOCAL BATTLE AUDITION 4」に合格し、同年9月同グループの正式メンバーに。’18年にドラマ『PRINCE OF LEGEND』で“ヤンキー王子・弟”こと京極竜役で俳優デビュー。初フォトエッセイ集『SINCERE』が幻冬舎より絶賛発売中。’22年9月9日公開の映画『HiGH&LOW THE WORST X』でメインキャラクターの花岡楓士雄役を務める。

Haruhiko Tateno
1961年東京都生まれ。’93年、創立メンバーの一人として幻冬舎を立ち上げて以来、各界の著名人たちの多彩な作品を世に出し続ける。2006年に「GOETHE」を創刊し、初代編集長も務めた。

動画連載「2Face」とは……
各界の最高峰で戦う仕事人たち。愛する仕事に熱狂する姿、普段聞けないプライベートな一面。そんなONとOFFふたつの顔を探ると見えてくる、真の豊かな人生に迫る。

過去連載記事

↑ページTOPへ戻る

COMPOSITION=石原正也

TEXT=田中美紗貴(ゲーテ編集部)

PHOTOGRAPH=荒谷優樹(ゲーテ編集部)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる