MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

AND MORE

2024.03.10

ラブレターを通して、SNS時代の恋愛・人生論を知る一冊

ゲーテ読者に薦めたいとっておきの1冊をピックアップ! 今回は布施琳太郎の『ラブレターの書き方』をご紹介。

『ラブレターの書き方』
『ラブレターの書き方』
布施琳太郎 著 晶文社 ¥2,200

「ラブレターの書き方」を通じて世界を再認識する

本書はネットワークにつながれたこのSNS時代に、気鋭の若手アーティストが「二人であることの孤独」を模索する本であり、同時に現代を生きるすべての人に向けた人生論となっている。

「あなたは誰かとふたりになることができるだろうか?」この問いに対して、著者はさまざまな事例を引用しつつ思考を重ねていく。

愛を知るために、手紙の代筆業をする女性が主人公の人気アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。手紙魔として知られた、歌人で劇作家の寺山修司のラブレター。新海誠監督がひとりで作り上げたデビュー作『ほしのこえ』。そして、フランスの思想家、ジョルジュ・バタイユから日本の詩人、最果タヒと水沢なおまで……。

幅広い題材を横断しながら、ラブレターにおける他者の介入や私とあなたの存在、輸入された「ラブ」という概念やその言葉の意味など、テンポよく論じていく。

いい本の条件のひとつは、読者の知的好奇心を刺激し、次の知性の入り口を開いてくれるかどうかだと思う。本書はその深度と幅のバランスが非常にいい。知性は領域を非連続に横断し、新しい世界を獲得していく。そんな読書の楽しさを改めて教えてくれる1冊だ。

Seitaro Yamazaki
1982年神奈川県生まれ。セイタロウデザイン代表。「社会はデザインで変えられる」という信念のもと、デザインブランディングを中心に多様なチャネルのアートディレクションを手がける。

TEXT=山崎晴太郎

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる