MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.04.24

優柔不断な人にはかなり使える英語、I am on the fence.の意味わかる?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者のお話、第193回。連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……

Illustration=Norio

フェンスの上にいるってどういうこと?

日本の政治や文化にとても興味を持っているアメリカ人とたまにスカイプします。その方は、選挙が近づくたびに、どの党に投票するのかすごく聞いてきます。

一応、政治と宗教の話はあまりしないようにしていますので「いやぁ、まだ決めてなくて」といつもお茶を濁しています。

その際に一度、こう言われたことがありました。

You can't sit on the fence any longer.

直訳すると、「これ以上フェンスに座っていることはできない」となります。私は別にフェンスに座ってスカイプしていた訳ではありません。

「は? ちゃんと椅子に座っているけど。しかもこれ、最近自宅仕事が多いから奮発して買ったちょっといい椅子だけど?」とわざわざ椅子をスカイプの画面に写して見せたら、笑われました。

on the fence=決められず迷っている状態

ということでした。例えば“I am on the fence.”と言えば、「私はまだ決めていない」「まだ迷っている」ということになるそうです。ケンブリッジの英英辞典ではこういう例文がありました。

Todd’s still sitting on the fence, trying to decide which school he wants to go to.

「トッドはどっちの学校へ行くか決めようとしているが、まだ迷っている」
ということでしょう。

You can't sit on the fence any longer.

アメリカ人が言ったこのフレーズは「いつまでもフェンスに座っていてはいけない」となり、つまり「いつまでもグスグスしていないで決めなさい」という意味なのでしょう。

そもそもフェンスは家と家の間にあるもので、そのフェンスの上にいて、どっちの家に行くか決めかねている、という状態を表しているのだそうです。

レストランで迷った時に使える!

さらに“Sit on the fence.”だと、そのフェンスの上に腰掛けてしまってずっと動かず、どっちつかずの状態を続けていることになります。なので「いい加減立場を決めろ!」と若干非難している表現だったと思われます。

“Stop sitting on the fence.”というフレーズもあるようで、これもやはり「グスグスしないで立場をはっきりさせろ」というちょっと怒っている際に使うフレーズだそうです。

もちとん立場とか、政治とか、小難しいシチュエーションだけではなく、レストランで「魚にするか肉にするか迷っている」という際にもこのように使えるみたいです。

I am on the fence between these two.
(このふたつの間で迷っている)

レストランやショップで悩んでいる際、いつも私は “I am worried about these two.”と言ってしまっていましたが、これは「このふたつについて思い悩んでいる」という意味合いになり、「どっちがいいかな〜」というよりはもっと深刻に悩んでいると受け取られるようです。

ちなみに以前私は、よく当たると評判の占い師さんの取材に行った際に、「あなた、決められない人でしょ」と言われたことがあります。

確かに、レストランで席に着くなりすぐ注文を取りたがるウエイターさんがいる店は、「まだ決まってないのになあ」とハラハラします。

“I am on the fence.”は、決められない人にはかなり使えるフレーズかなと思います。

過去連載記事

連載【英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」】とは……
35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者による英語力0.5レッスン「人のEnglishを笑うな」。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる